メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座のご案内

平成30年度 旭ヶ丘の魅力

  • LECTURE
  • 開催のお知らせ

2018年6月28日

旭ヶ丘の魅力~台原森林公園にある「彫刻」について

2018年7月15日

「台原森林公園を知る・楽しむ~彫刻 ②」 7月11日(水)
 2回目は宮城県美術館から土生先生にお出でいただき、彫刻作品の見方・制作の仕方、「彫刻のあるまちづくり事業」で設置された作品の作家についてなど美術的観点からお話を伺いました。
 ≪2回連続講座を終えて参加者の声≫ 内容が大変面白く、これから作品を見る上で役立つ。ブロンズ彫刻の制作方法、作家のエピソードなど興味深い話題が盛りだくさんで楽しい時間だった。忠良さんの作品を正面で見るとアンバランス(階段の下から見上げてちょうどいい感じに見える)なお話になるほど。講師二人のお話それぞれの視点から大変面白かった。どのようにして作られたか今まで知らないで見ていたので今度は違った見方ができる。続編を聞きたい。色々と勉強になった。台原森林公園の4作品を改めて見つめ直す機会になった。仙台市以外の作品の紹介もあって良かった。  (一部抜粋)

 「台原森林公園を知る・楽しむ~彫刻 ①」 7月4日(水)
 台原森林公園には市制施行88周年記念事業「仙台市彫刻のあるまちづくり事業」の第1作品「緑の風」ほか3作品が設置されています。
 1回目は「彫刻のあるまちづくり応援隊」の村上さんから設置当時のエピソードや、後に「仙台方式」と呼ばれ、全国の手本となった作品の選定方法についてなどのお話を伺い、実際に公園へ行き作品の説明を受けました。

「昭和の仙台をなつかしむ」 6月27日(水)
 平成30年度「旭ヶ丘の魅力」講座の初回は「昭和の仙台をなつかしむ」と題して映像とお話で昭和の時代を辿りました。38人の参加者は、タイムスリップして各々その時の自分に重ね合わせて懐かしんでいました。
 「旭ヶ丘の魅力」講座は地域の過去を掘り起こし、その記憶を後の世代に伝えたり、魅力を再発見できるような講座を目指しています。
 次回は台原森林公園に設置された「彫刻のあるまちづくり事業」第1作品ほか、彫刻をテーマとして公園の魅力を探ります。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
  • 定禅寺ストリートジャズフェスティバル
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:http://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
旭ケ丘市民センター
〒981-0904
仙台市青葉区旭ケ丘3丁目25番15号
TEL: 022-271-4729
FAX: 022-271-7984
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.