メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

防災は当たり前?!どこでもサバイバル!

2019年3月13日

幼児向け・小学生向け「防災は当たり前?どこでもサバイバル!」開催しました

2019年3月13日

  • 地震の時は頭を守って「ダック!」

子供向け2講座を開催しました!

保育所出前講座 
2月28日(木)開催
名取で活動されている「防災教育の市民団体『ゆりあげかもめ』」会長 佐竹悦子先生を招き、中江保育園とカール英会話プリスクールの年長児を対象に楽しい防災講座を行いました。子どもたちは、防災絵本「リオン」の話を聞き、災害時のファーストムーブを学ぶ防災ダックで自分のできることをしっかり学びました。
「もし避難所に行くことになったら、自分の大好きなもの、ゲーム機でも絵本でも何か1つ自分で持って避難するのよ」との佐竹先生の話にしっかり耳を傾けていました。
地震の時は「ダック!」と言って頭を守ってアヒルのポーズ、火事の時は「うっ!」と言って口を押えてタヌキのポーズなど、楽しく繰り返して練習しました。
練習をした年長のみんなは年下のお友だちに教えてあげるそうですよ!

メイン講師の八木山地域再・創生ボランティアグループYARVOGの谷口和也先生と一緒に、楽しいゲームをしたり、実際に使える非常用トイレを作る体験をしました。トイレの水を流すのにどれほどの水が必要なのかを考えるととても便利なものです。
また、炊飯器を使わず、鍋と固形燃料を使ってご飯を炊きました。水で戻したアルファ米とお湯で戻したアルファ米と鍋で炊いたご飯を食べ比べてみました。「アルファ米よりずっとおいしい!」との声が上がりました。水とお米があれば、そして炊き方がわかれば、おいしく温かいご飯が食べられる!
非常時においても、「普段やっていることしかできない」ので、日ごろからお家でご飯を炊いたり、保存食を用意したり、いろいろやってみることが大切だということがわかりました。
今回の講座に参加した小学生の皆さんの「おうちサバイバル力」はアップしたこと間違いなしです!

  • タイトル:

「目黒巻」 10月4日(木)開催
「目黒巻」は災害時の状況を自分自身の問題としてイメージするトレーニングツールです。仙台市防災・減災アドバイザーの及川由佳里氏を講師に迎えて、受講生14名が「冬の午後3時、震度7の地震が起こった」という想定で自分自身に起こりえる状況とその時の気持ちなどについて考えました。
ある人は自宅で、またある人は買い物中にスーパーマーケットでと、一人ひとりが自分の身に何が起こるか、どんな対応をするかを、地震発生直後から5分後、10分後、20分後・・・、1時間後、2時間後・・・、1日後、2日後・・・1週間後・・・と用紙に記入し、巻物風に仕上げました。参加者が同じ災害を想定して考えましたが、自分の考えとは違う考えに触れ、新たな気づきもたくさんありました。
東日本大震災の経験があっても、その時と今とでは家族や職場のことなど置かれている状況が変わっている場合もあり、日々確認しなおす必要があると感じました。また、無事に助かったという状況で考えましたが、ケガなどしてしまうことも想定して考え備えることも大切だという感想も聞かれました。

「救急救命講習」 10月17日(水)開催
今回は、災害に限らず、家族や友人など命を救うための救命措置について学びました。上杉山中学校の職場体験で市民センターに来ていた中学生も加わり、青葉消防署の永澤氏から、胸骨圧迫やAEDなどの実習しながら、救命処置の流れを教えていただきました。119番通報をしたら…、具合の悪い人がいたら…、実際にはどんな状況となるのか…など、質問にも丁寧に答えていただき、抱えていた不安も軽減されました。
しっかりと知識を身につけるには、繰り返し学ぶ必要がありますが、資料やアプリを活用して覚えたことを忘れないように心がけていきたいと思います。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
  • 仙台市協働ナビ「できるよ!仙台」
  • SENDAI 魅力ナビ(仙台市)
  • 仙台市図書館
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:http://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
福沢市民センター
〒980-0002
仙台市青葉区福沢町9番9号
TEL: 022-223-9095
FAX: 022-213-1647
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.