メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

平成30年度盛り上げよう地域のイベント「もち米蒸かしボランティア」

  • REPORT
  • 講座レポート掲載

2018年12月5日

もち米蒸かしのコツを学びました

2019年1月26日

  • タイトル:

「もち米蒸かしボランティア養成講座」 12月21日(金)開催 
 盛り上げよう地域のイベントの講座で、もち米蒸かしのボランティア養成講座を開催しました。この講座は片平まちづくり会の四季イベント冬の部“かたひら餅つき大会”でもち米を蒸かす人を養成する講座です。片平地区には、伝統行事を子どもに伝えるという目的で、四季折々にイベントを行っています。
 この日は10人の受講生に、地域講師から実技を交えてわかりやすく教えていただきました。蒸し布の包み方、米の真ん中をくぼませると蒸気が通りやすいなど蒸し方のコツを学びました。蒸し缶のふたを開けた瞬間、受講生から「わぁ~」という歓声が上がり全員で蒸しあがりのにおい、試食をして米の硬さを確認し合いました。本番は1月19日の片平丁小学校での餅つき大会、約400人分56升のもち米を蒸かします。受講生から講座の感想や失敗談も飛び出し楽しい学びの場となりました。最後に「みんなでかぜをひかないようにしてまた会いましょう」と言って講座を終了しました。

片平まちづくり会四季イベント冬の部 第5回「かたひら餅つき大会」が開催されました
    1月19日(土)開催
 午前10時から午後1時30分まで、片平丁小学校を会場に行なわれました。世代を超えた交流と伝統行事の伝承を目的に今年も約500人の方が餅つき大会を楽しみました。当日は、講座で養成したもち米蒸かしボランティアの皆さんに60升のもち米を蒸かしてもらいました。終了後、“子どもの時以来の餅つきで楽しかった”“時間があっという間でした。来年も参加したい”など感想が寄せられました。

かたひら父サポーターのお父さん達に教えてもらいながら子ども達も杵を持って餅つきに挑戦しました。さらに今年は地域の方や大学生も加わり賑やかな餅つきとなりました。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
  • 仙台市協働ナビ「できるよ!仙台」
  • SENDAI 魅力ナビ(仙台市)
  • 仙台市観光ボランティアガイドネットワーク(SENDAI TOURISM VOLUNTEER GUIDE NETWORK)
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:http://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
片平市民センター
〒980-0813
仙台市青葉区米ケ袋1丁目1番35号
TEL: 022-227-5333
FAX: 022-268-0234
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.