メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

花と緑のエコタウンづくり事業

2018年12月23日

落葉が沢山集まりました

来年度に向けて堆肥を作りました

2018年12月22日

  • 混ぜた落葉に水かけ

11月28日(金)第7回堆肥作りと交流会
 
晩秋を迎え、大量の落葉に埋め尽くされる季節となりました。中山市民センターでは、この落葉を資源として堆肥作りに役立てています。中山小、中山中、町内会、PTAの皆さんが文字通り地域ぐるみで清掃し、その一部が市民センターに集められます。集まった落葉には、最初に水をかけます。堆肥は落葉が腐らないとできないため、水分が必要です。そこに米ぬかと今回は馬糞も入れ、受講生の皆さんとかき混ぜました。どの動物でもいいのではなく、肥料にするには馬糞がいいそうです。外での作業のあとは、豚汁をいただきながら交流と情報交換をしました。受講生からは「堆肥作りはなかなか大変だと実感しました」「水をかけるんだな、混ぜるんだなと実感でき、とても参考になった」などの感想が寄せられました。

10月27日(土)第6回里芋収獲を楽しもう
 5月に植えた里芋の葉が大きく育ち、その下には里芋が収穫される日を待っていました。暑い時期での草取りや鶏糞などの肥料やりなど手間と愛情をかけて育てた里芋は、掘り返すと丸々として、とてもおいしそうでした。あいにくの雨でしたが、地域の方たちと里芋堀りを楽しみました。出席者からは「久しぶりの里芋堀りでした。大きいのやら小さいのやら、成長も様々で面白いですね。土いじりが懐かしかったです」「取り入れの喜びを感じる久しぶりの場でした」などの声が寄せられました。収穫した里芋は、児童館でおいしい豚汁となりました。

 8月18日(土)第5回夏野菜の収穫と調理実習
 昨年地域の落葉を集めて堆肥化し、肥料として5月に植えた野菜の苗にもたっぷり使いました。そのおかげで立派に成長した野菜は、食べごろとなりました。今回はAyano's Kitchen主宰の花澤文乃先生をお招きし、夏野菜を使った調理を学びました。今回は、館内で育った野菜を活用したメニューなので、始めに皆で収穫し、あっという間にデザートを含めて5品できあがりました。取り立ての野菜はどれも新鮮で、美味しく味わいました。受講生からは、「今まで食べたことのない献立もあり、おいしくいただきました」「調理は家で実践できるので嬉しいです」などの感想が寄せられました。実際に土に植えられている姿を見てからの調理に、野菜への愛着も増したのではないでしょうか。メニュー:夏野菜のスープ、バンバンジー、刻み野菜山形のだし風、カプレーゼ、夏のフルーツムース、ごはん

7月1日(日)第4回「バラ&写真についてワンポイントアドバイス」
 前回写した写真を前に、講師からアドバイスをいただきました。天気に応じた写真の撮り方、トリミングの効果などで、写真の印象が変わってくるお話しに、受講生も感心した様子で聞き入っていました。

6月3日(日)第3回「バラのオープンガーデン&花を写そう」
 
中山市民センターの館内には、26種類ものバラが植えられており、季節になると見事なバラを咲かせます。中山地域の落葉が堆肥として使われています。今回は、地域講師をお招きして、これらのバラを題材に写真の撮り方を学びました。またバラボランティアの方に、それぞれのバラについて説明を受けながら、鑑賞しました。今回、新たに「KIZUNA絆」というバラが仲間入りしました。このバラの売り上げの一部は、震災で親を遺児たちの義援金に使われています。

5月12日(土)第2回「里芋と夏野菜の苗を植えよう」
 始めに、里芋の芽が等間隔に並ぶように、植える予定の場所に割りばしを差していきました。この方法だと、里芋の芽がきれいに並びます。里芋を植えたあとは、水のかけ方を学びました。多すぎても少なくてもダメで、水をかける位置などコツがありました。大人から子どもまで16人が参加し、シャベルを貸しあったりと和やかに作業は進みました。その後、ナスやピーマンなどの夏野菜の苗を植えました。受講生からは「子どもたちと一緒に里芋を植えて楽しい時間でした」「たっぷり自然の肥料を入れて植えてみたくなりました」「里芋の水やりに注意が必要なことがわかりました」などの感想が聞かれました。苗の成長が楽しみです。

  • タイトル:

4月21日(土)第1回「クリンソウを植えよう」
  地元の山野草に詳しい講師をお招きして、クリンソウの植え方を学びました。カップに入れてあるクリンソウの土は全部落として、新しい土の中に植えていきます。土作りから始めて、土は多すぎても少なすぎてもいけないこと、水やりのタイミングなど教えていただきました。後半は、うどう沼に咲くショウジョウバカマ、水芭蕉などの写真を見ながらお話しを伺いました。中山には手付かずの自然が、まだまだ残っていることがわかりました。クリンソウは赤と白の花があって、どちらが咲くか楽しみです。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
  • 仙台市協働ナビ「できるよ!仙台」
  • SENDAI 魅力ナビ(仙台市)
  • 仙台市観光ボランティアガイドネットワーク(SENDAI TOURISM VOLUNTEER GUIDE NETWORK)
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:http://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
中山市民センター
〒981-0952
仙台市青葉区中山3丁目13番1号
TEL: 022-279-9216
FAX: 022-719-2150
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.