メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座のご案内

仙台自分づくり教育 がんばれ中学生職場体験

  • LECTURE
  • 開催のお知らせ

2017年11月11日

仙台自分づくり教育 がんばれ中学生職場体験

2017年11月11日

仙台自分づくり教育「がんばれ中学生職場体験」が東仙台中学校2年生2名の参加で11月8日(水)、9日(木)、10日(金)の3日間行われました。

 

1日目 11月8日(水)

 <講座体験 館外学習に参加>

講座 まち歩きボランティア育成プロジェクト「ぶらり松原街道の散歩道 地域の歴史をたどるまち歩き 大蓮寺・善應寺コース(Bコース)」に参加しました。

東仙台耀き歴史クラブメンバーがガイド役になり、一般受講生9名に、東部児童館で職場体験中の2名も加わり、東仙台界隈を歩きました。

耀きクラブのメンバーから東仙台や小鶴の歴史の話を聞きながら、講座の際の職員の動きや対応について観察し、市民センターの仕事の一端を体験しました。

 

<オリエンテーション>

社会教育施設における市民センター設置目的と役割、生涯学習事業について学びました。

 

<センター事業を企画しよう①>

中学生が参加できる講座について3回に渡り構想を積み重ねていきます。

 

2日目 119日(水)

<施設管理業務体験>

窓口受付体験 お互いに利用者役と職員役になって疑似体験した後、実際に来館されたお客様の受付を体験しました。

<センター利用サークル 訪問>

織田流煎茶道南知会のサークル活動を訪問し、作法やサークル活動する思いを伺いました。

苦竹老人クラブ 万寿会活動を訪問し、一緒に健康体操や元気な発声について学びました。

  

<センター事業を企画しよう②>

中学生が参加できる講座について、宿題で考えてきたものを披露し、考察を深めました。

背景や動機、誰に対して、何をするのか、内容は、タイトルは?

様々な角度から考察を深めました。

<バリヤフリー体験>

東部市民センターのバリヤフリーのところを探して、発表し合い、車いすの乗車体験や、目隠しして杖を使って歩く体験をしました。障害を持つ方の立場に立つといろんなことが見えてきました。


 

3日目 1110日(木)

<センター事業を企画しよう③>

自分たちの通う学校でやってみたい講座について考え、完成させました。さらに、企画した講座についてプレゼンテーションするための準備をしました。

<企画発表会&修了書授与>

企画した講座についてプレゼンテーションしました。考察を深めてきた内容を上手に発表できるか、伝えられるかがカギです。職員の皆様や、児童館に職場体験している中学生も参加して、企画内容を聞いてもらいました。

藤原館長より3日間の職場体験についての総評があり、修了証が一人一人に渡されました。

 

<中学生の感想から(抜粋)>

「職員の皆さんが、朝、仕事の内容を確認していることがすごいと感じました」「職員の皆さんがやさしく笑顔で接してくれて緊張がほぐれました」「自分のまちの歴史について知ることが出来ました」「説明している耀きクラブに皆さんがキラキラと光って嬉しそうに話していることに気づきました」「バリヤフリー体験では、目に見えない人がこれほど大変なのだと気づきました」「講座を考えるのは大変な事なのだと分かった」「今日の企画のプレゼンに向けてあまり気が載らなかったのですが、企画の考察を深めてゆくうちに楽しくなってきて紙に書くころには少し楽しみになってきました」「市民センターでおもしろい体験ができて、ここを職場体験に選んでよかったと思っています」



仙台自分づくり教育「がんばれ中学生職場体験」が宮城野中学校2年生4名の参加で8月22日(火)、23日(水)、24日(木)の3日間行われました。

1日目 8月22日(火)

 

<オリエンテーション>

社会教育施設における市民センターの役割、生涯学習事業について学びました。

 

<施設管理業務体験>

窓口受付体験 バリヤフリー体験

<センター事業を企画しよう①>

地域のために中学生ができる講座について3回に渡り構想を積み重ねてゆきます。

KJ法を使って、地域に対するそれぞれの思いを紡ぎます。

 

 

2日目 8月23日(水)


<講座体験 館外学習に参加>

講座「まち歩きボランティア育成プロジェクト」に参加しました。

東仙台耀きクラブメンバーの学び会に参加し、この地域の1300年に及ぶ歴史を語り伝える思いについて伺いました。

<センター事業を企画しよう②>

昨日、KJ法を使って、地域に対するそれぞれの思いを紡いだものを、事業企画にまとめてゆきます。

<センター利用サークル 訪問>

コールさわやかのサークル活動に訪問し、メンバー皆さんの合唱の様子を見学させていただきました。

 

 

3日目 8月24日(木)

 

<センター利用サークル 訪問>

織田流煎茶道南知会のサークル活動に訪問し、作法やサークル活動する思いを伺いました。

 

<センター事業を企画しよう③>

センター職員のアドバイスをいただきながら、事業企画を完成させました。完成した企画を市民センター職員の前でプレゼンテーションする体験も行いました。

<修了書授与>

藤原館長より3日間の職場体験について総評を頂き、修了証が一人一人に渡されました。

館長より「この体験を通じて学校と職場は少し違うなということを理解してくれたと思います。立派な社会人となるため『信用』を大事にして、日々過ごしてください。」と、これからの学校生活、社会生活に向けて激励の言葉を送られておりました。

<中学生の感想から(抜粋)>

「午前中の活動を通して、学校で学ぶことの大切さや、仕事をすることに至るまでの大変さが分かった。」「バリヤフリー体験を通して足に障害を持っている方のつらさが分かりました」「窓口体験で丁寧な言葉で相手と話しをするのが難しかった」「緊張して上手く言葉を発せませんでした」「いろんなサークルに参加させていただいて、人と人との関わりがとても大切だとわかりました」「参加している皆さんの熱心さや笑顔がとても印象的でした」「企画演習発表で、自分たちの立てた企画がベストだと思いましたが、いろいろな視点からアドバイスをもらいました。自己満足で終わらないようにします」「まだまだ足りないことが分かりました。とても参考になりました」

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
  • 防災3イベント
  • 伊達政宗公 生誕450年(仙台市)
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:http://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
東部市民センター
〒983-0037
仙台市宮城野区平成1丁目3番27号
TEL: 022-237-0092
FAX: 022-235-7634
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.