メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

平成29年度 もにわだいを楽しく歩こう2017

  • REPORT
  • 講座レポート掲載

2018年2月2日

もにわだいを楽しく歩こう2017

2017年5月20日

第1回 春の歴史探訪と水道山自然観察会
                  開催日:5月7日(日)

 「もにわだいを楽しく歩こう2017」は、一般の参加者の方が茂庭台案内人の皆さん、講師の皆さんとともに茂庭台を歩き、その魅力を探ろうという「街歩き」の講座です。GWの最終日、風の強い日でしたが、7名の一般参加者と案内人達で出発しました。茂庭公園入口を回って、小学校へ向かう遊歩道を通り三丁目北方向へ向かいました。たくさんの街路樹について、講師の方々に、樹名や特徴など教えていただきました。参加者の方々も普段のお散歩でよく訪れる通りだそうですが、植物の名前や名前の由来の説明を受け、あらためて知る機会となったようでした。さらに北方向へ進み、梨野立石方面からかつての峠道へ向かいます。「水洞門」について、案内人から説明を受けました。峠に向かって登って行き「立石神社」を参拝。茂庭台の人々や近隣の住民が産神様として立石神社を参拝していたなどのお話をしていただきました。
 峠を下り、「立石古碑群」を通り、「水道山」へ入りました。新緑の水道山でも、樹木の案内を受け自然を満喫することができました。水道山整備ボランティアさんの手作りの手すりを頼りに、梨野の北側へ向かう斜面を降りていきますと、梨野ののどかな風景が広がります。さらに西に向かい、茂庭台の守り神「神明社」へ向かいました。最近、茂庭台に転居されてこられた一般参加者のAさんは、「私が越して来た時、ここの神社にご挨拶に来ました。これから、茂庭台の住人になります。よろしくお願いしますってね。」と、素敵なエピソードを教えてくださいました。
 古くからの地域の守り神「神明社」を後にして梨野から五丁目へ向かい市民センターへ戻りました。参加者の方々からは、とても楽しかったというお言葉を頂いて散会しました。

第2回 茂庭台健康おすすめ散歩コースを歩こう
             開催日:6月11日(日)
今回は、「茂庭台健康おすすめ散歩コース」のマップを片手に昨年とは違うコースを歩きました。まず、茂庭中央公園へ。2丁目にある大きな公園で、テニスコートや野球場があります。公園内の樹木を鑑賞しながら歩きました。普段も皆さんの散歩コースだということですが、足元に咲く草花の名前や、樹木の特徴などがわかると、楽しく歩くことができました。テニスコートでは、テニスを楽しむ方々でにぎわっていました。地域のみなさんの憩いの場ですね。
 公園を出て2丁目集会所を過ぎ、生出方面を見下ろせる箇所へ。この日も快晴。太白山が美しいです。この場所から、けんとう城、嶺館などの方角を見下ろすことができます。そのお話も案内人からして頂いて、再び2丁目の通りに出ました。この通り沿いは、街路樹がシラカシです。通りの東側にもクワノミをはじめ、様々な樹木が見ることができました。3丁目の遊歩道から太白山を間近に眺め、3丁目北公園で休憩です。そこから、西に出て「トウカエデ通り」と名付けた通りを歩きました。丁度、市営住宅の東側の通りです。まっすぐ南に歩き、小学校脇の遊歩道を通りました。ここは、たくさんの植栽に触れることができる通りです。一度、名前を教えていただいてもなかなか覚えられないくらい、たくさんの植物に囲まれてしまいました。帰路では、街路樹の名前当てをして、皆さん疲れも見せず盛り上がっていました。

第3回 秋の歴史トレッキング
            開催日:10月15日(日)
 今回は、山城跡をめざして歩きました。茂庭の西北方、標高300mの大館山一帯に築かれた山城「大館」「小館」「曲輪(くるわ)」のあったであろう地に向かいました。お天気も良く、トレッキング日和でした。道すがら秋の草花を鑑賞し、山々の紅葉を楽しみながら歩きました。地形を利用した天然の要塞とも言える山城跡は、参加者の想像力を掻き立て、防御の要となった地で先人の雄姿を思い浮かべました。団地を見下ろす絶景にも感嘆の声があがりました。秋晴れのさわやかな茂庭台の歴史トレッキングを堪能することができました。

第4回 歴史探訪コース
         開催日:11月5日(日)

 紅葉も深まり少し肌寒いくらいの気候の中、歴史探訪ということで、まず1丁目の嶺山B遺跡・嶺山A遺跡のあった辺りを歩きました。案内人の「もにわだいを歩き隊」の方から、遺跡についての説明がありました。ここでは、縄文時代の狩猟用の落とし穴などが見つかっていたそうです。嶺山C遺跡では、平安時代の製鉄遺構も発掘されているなど詳しい説明がありました。さらに、道を下って行き「嶺館」という山城跡を訪れました。さらに山間をすすみ、嶺岸観音堂へ向かいました。嶺岸観音堂でも「もにわだいを歩き隊」の方から、伝承を聞きました。スタート時パラついていた小雨も上がりすっかり快晴に。その足で茂庭の一の宮方面へ向かいました。進行方向右手では、生出地区に近々できるショッピングモールの工事の音が響きます。県道仙台村田線の下をくぐるように東方向に進んでいくと「一の宮」、前方には「けんとう城」跡地を望むような道に出ます。そこで、初代領主河村氏などのお話を聞くことができ、前回と今回確認した山城の跡地を下から見上げる形で、「茂庭の舘郡」を思い描きました。帰りは、本郷から茂庭台団地への坂道を落ち葉の絨毯を踏みしめ帰路へとつきました。
 

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
  • 伊達な歴史の新体験(せんだい旅日和)
  • 仙台市観光ボランティアガイドネットワーク(Sendai Tourism Volunteer Guide Network)
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:http://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
茂庭台市民センター
〒982-0252
仙台市太白区茂庭台4丁目17番1号 茂庭台小学校内1階
TEL: 022-281-3293
FAX: 022-281-4349
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.