メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

平成30年度 茂庭台短期大学

  • REPORT
  • 講座レポート掲載

2018年5月23日

平成30年度 茂庭台短期大学

2018年5月23日

第1回 茂庭台短期大学「開講式・記念講話」
 
4月20日(金)に茂庭台短期大学の開講式と記念講話を開催しました。
 茂庭台短期大学の1回目は、講師に仙台文学館の庄司先生をお招きし、「仙台・文学の源流」というテーマでご講話をいただきました。源氏物語や古今和歌集、奥の細道などで詠まれた歌枕の地を紹介、解説をしていただきました。また、落合直文や島崎藤村、土井晩翠、原阿佐緒といった近代文学の詩人や歌人にまつわるエピソードや、現代にかけて活躍している久板栄次郎、井上ひさし、恩田陸といった劇作家、小説家について紹介していただきました。仙台の文学に触れる大変貴重な時間となりました。

第2回 茂庭台短期大学
 5月18日(金)に、茂庭台短期大学の第2回目を開催しました。今回は、「健康体操と音楽療法」というテーマで、講師に元気配達人タクトの青沼先生をお迎えし、ご講話と実技の指導をいただきました。
 まず始めに、元気に生きるために大切なこととして、「脳トレーニングと筋力トレーニングが大切」というお話をしてくださいました。運動経験のある人は、ない人に比べ、2~3倍も認知症にかかりにくく、運動をすることで、心臓病やうつ病の改善効果、また傷の治りも早くなるそうです。筋肉が一番最初に衰える部位は太ももで、最後に衰える部位が指先だそうです。日々、足の筋肉を鍛えることが重要だということを学びました。次に、受講生が2人1組になり、簡単な筋力トレーニングや音楽に合わせて脳トレーニングを行いました。最後は、グループにわかれ、受講生同士が交流しながら、レクリエーションゲームを行い、大いに盛り上がりました。講座終了後には、受講生から「とても楽しかった」「参加して良かった」という感想が聞かれました。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • みんなの訓練サイト【仙台市】
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:http://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
茂庭台市民センター
〒982-0252
仙台市太白区茂庭台4丁目1番10号
TEL: 022-281-3293
FAX: 022-281-4349
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.