メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

平成30年度 中田老壮大学

  • REPORT
  • 講座レポート掲載

2019年3月29日

隊長に気を付けてください。

平成30年度 中田老壮大学講座レポート

2019年3月29日

  • 修了記念講話

10回 修了記念講演・修了式       参加者80

3月7日(木)10:00「人生これから!~仲間とともに楽しく学ぶ」の学習目標のもと、無事に平成30年度修了式を迎えました。

修了式記念講話「春の火災予防 高齢者の火災予防」(講師:太白区消防署中田出張所所長 河村淳氏)と、修了式が行われ、80名の方が参加されました。高齢者が巻き込まれる災害の中で、火災が身近に起こりうる災害の一つです。寝室の電気ストーブの置く位置やてんぷら油の発火について映像を交えての講話でした。

受講生の皆様は、改めて家族・地域内での生活のなかで注意喚起を認識し、火災予防の重要性を考えました。 

  • 修了式 

修了式では、受講生代表の謝辞、記念撮影を行い、1年間を楽しく振り返りました。

終了後は、学生会主催 懇親会がおこなわれました。

  • 平成の本堂大修理にまつわるお話

おう第9回 日本遺産「政宗が育んだ"伊達"な文化のひとつ」国宝松島瑞巌寺「平成の大修理」について

2月21日(木)参加者72名   講師  瑞巌寺管理課長 稲富 慶雲 氏 

 市民センターでの講演は、初めてという瑞巌寺の講師から平成の本堂大修理にまつわるお話と国宝の保存についてお話を伺うことが出来ました。地元の方なら一度は訪れたことのある場所でも、以前の瑞巌寺を知っている受講生だからこそ視点を変えお話を伺うことにより新たな発見となりました。

第8回 学生会主催「新春をたのしく」 1月17日(木)(参加者72人)           講師 杜の都の笑楽隊の皆さん

1月は、学生会が主体となって「新春を楽しく迎えたい!」とのコンセプトで企画しました。講師の「杜の都の笑楽隊」さまは 東日本大震災後 宮城県をはじめ各地の仮設住宅や地域に出向き「被災者に笑いを届ける」支援を行っている団体です。様々な種類の芸能と笑いをとどけ今回の公演で366回になります。 

本日は、バルーンアート・青春歌謡・スコップ三味線・マジックショー・水戸黄門替え歌・歌・フルート漫談・日本舞踊等数々の演目で中田老壮大学の皆さんに初笑いをお届けに来ていただきました。学生会の方々も参加するコーナーもあり、楽しいひと時を過ごしました。

7講話「戊辰戦争150年 白石会議~白石市と戊辰戦争」12月20日(参加者77名)

 講師  白石市図書館 櫻井 和人氏

 今年は戊辰戦争(明治維新)から150年。仙台市博物館はじめ各地で特別展が開催されました。白石会議・奥州列藩同盟などの拠点であった白石市から見た戊辰戦争をお話していただきました。

「慶応4年(明治元年(1868)に白石で何が起きたのか?片倉家は?)講師の櫻井氏が中田出身ということもあり、受講生は興味深く講話を聴いていました。

当日は学生会主催「年忘れ会」も行われ70名の参加がありました。

第6回講話「いつまでも健康でいきいきと暮らせる生活」とは 11月15日(木)(参加者60名) 
講師  西中田地域包括支援センター主任介護支援専門員 菅原 一彰氏
                                                          社会福祉士 我妻 優導氏

第1部は、介護予防「健康クイズ・早口言葉」を皮切りに機能低下・運動の仕方・食事のとり方等「体の健康」と「心の健康」について社会福祉士 我妻優導氏よりお話を伺いました。

第2部は「軽体操」、これから寒くなる季節に家の中でも出来る運動を実技を交えて教えていただきました。

ポイントは、無理をせず、身体をひねる運動を取り入れること。また、脳トレをしながら楽しんで手足を動かすこと等でした。皆さん終始笑顔で楽しく、また真剣に取り組んでいました。

第5回館外学習 NHK仙台放送会館見学 10月18日(木)(参加者54名)

秋晴れの中、午前・午後の2部に分かれて平成30年2月開館した青葉区にあるNHK仙台放送会館を見学しました。まずは、ロビーに設置してある大画面テレビに映し出された4K・8K画像を説明され、4階に移動し、日頃TVで見ているスタジオやバックグランドを見学しました。2階のVR【バーチャルリアリティー】体験コーナーでは、ビックリするほどの映像を体験した方もいました。 

4回講話「命を守る水」920日(木)中田市民センター研修室(参加者63名)

講師 株式会社 明治 食育担当 矢菅 亜弥子氏

家にいる時、スポーツをする時こまめな水分と一緒に塩分を取る等、高齢者にとって大切な水分補給の重要性を学びました。その後、水に塩と砂糖、そしてレモンのエキスを少量いれ、実際にスポーツドリンクを手作りして、自宅でも脱水に備える体験をしました。

「家にいても水分補強を心がけます。」「水分だけ取ればよいと思っていました。」の感想が寄せられました。猛暑だった本年は特に実感した内容だったのではないでしょうか。

  • 老壮大学 班作業 七夕制作
  • 中田市民センターのロビーに8月8日まで飾っています。

3回「七夕製作と交流会」

7月19日(木)中田市民センター研修室(参加者52名)

職員の全体への簡単な質問からはじまり、班ごとに各自自己紹介を行って、その後は、七夕製作を行いました。吹き流しに折り紙を貼り、「班の人達の協力で素晴らしい七夕さんが出来ました。」との声もあり和気あいあいと作業に取りくみました。地域の七夕に参加する機会として、吹き流し飾りはセンターのロビーに8月まで日飾っています。

  • 講話「頭をかきかきブログを書こう『ヒロオさん☆歩』」

2回 講話「頭をかきかきブログを書こう『ヒロオさん☆歩』」 

6月21日(木)中田市民センター研修室(参加72)

講師 NHK放送局 相馬 宏男アナウンサー

まずは「ことばの体操・あたまの体操」で滑舌を訓練。次にNHKで放送された『ヒロオさん☆歩』のDVDを視聴し、エピソードを交え講師の情報発信への想いをお話されました。相馬さんの資料を読み上げる声もいつものラジオから聞こえるあの声そのものに受講生の方々は聴き入っていました。 

平成30年度中田老壮大学入学式・記念コンサート・学生会総会開催

5月17日(木曜日)午前10時から 中田市民センター2階研修室において「平成30年度中田老壮大学入学式」が行われました。 第46期は101名の入学があり、当日は90名の出席でした。

入学式の後「アンサンブルJYR様」による「青春の輝きコンサート」と題し昭和39年東京オリンピック・昭和47年札幌冬季オリンピックその時代を彩った懐かしい曲を中心にしたサックスとピアノのコンサートが行われました。受講生は懐かしい曲目に 歌を口ずさんだり、手拍子を打つなど楽しいひと時を過ごされました。

ひきつづき、平成30年度中田老壮大学学生会総会を学生会主催で開催し、学生会の事業計画や予算が承認され、無事スタートしました。

お問い合わせ

中田市民センター

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
  • 仙台市協働ナビ「できるよ!仙台」
  • SENDAI 魅力ナビ(仙台市)
  • 仙台市観光ボランティアガイドネットワーク(SENDAI TOURISM VOLUNTEER GUIDE NETWORK)
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:http://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
中田市民センター
〒981-1104
仙台市太白区中田4丁目1番5号
TEL: 022-241-1459
FAX: 022-242-2535
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.