メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座のご案内

生出地区「食文化の伝承」

  • LECTURE
  • 開催のお知らせ

2018年9月23日

生出地区「食文化の伝承」

2018年9月23日

「大根掘り&大根料理試食」のご案内
大根掘りと種類別に調理した大根を試食します。
日時:11月17日(土)
    10:00~12:00
会場:坪沼農園・坪沼コミュニティセンター
対象:4歳以上 20人(先着)大根掘りができる方
    ※自家用車で移動可能なこと
費用:500円(持ち帰り用大根・試食)
申込:10月17日(水)10:30~
    市民センター窓口へ、または電話で

6月28日開催
第3回目 味噌作り体験
 18割こうじぜいたく味噌を作りました。
 講師・新関さとみさんから味噌についてのお話を伺い、作り方の説明を受けながら作業しました。大豆と麹を混ぜて、一生懸命につぶしました。室内は冷房が入っていたものの、汗びっしょりです。
 今日作った味噌は、夏の間に熟成が進み9月以降に食べられます。
 受講生の皆さんは、「楽しみ~♪」と大きな桶を持ち帰っていきました。

5月10・11日開催
第1回・第2回目「筍掘りと瓶詰加工」
 坪沼地区で孟宗竹の筍掘りをしました。講師・徳田眞秀氏。
筍は、顎が向いている側を掘っていくとうまく掘り上げられるそうです。
掘り上げた筍を持って、市民センターの調理実習室へ移動。今度は、ぬかを入れた大なべで筍を茹であげます。
ここまでが1日目。
 さて翌日。一晩たってアクが抜けた筍たちを、適当な大きさに切って、瓶詰加工していきます。途中、やけどに気をつけながら瓶のふたをしっかり閉めますが、男性の力が頼りです。
 瓶を逆さにして自然冷却させたら完成。1年間は常温で保存可とのこと☆
 「もったいなくて、開けられない…」 の声も聞こえてきました。

お問い合わせ

生出市民センター

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
  • 伊達な歴史の新体験(せんだい旅日和)
  • 仙台市観光ボランティアガイドネットワーク(Sendai Tourism Volunteer Guide Network)
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:http://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
生出市民センター
〒982-0251
仙台市太白区茂庭字新熊野64番地
TEL: 022-281-2040
FAX: 022-281-4319
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.