メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

平成30年度 太白区中央老壮大学校 せいかつ教養コース

  • REPORT
  • 講座レポート掲載

2018年11月9日

平成30年度 太白区中央老壮大学校 せいかつ教養コース

2018年11月9日

第6回 館外学習『NHK仙台放送局』
11月9日(金)にNHK仙台放送局へ館外学習に行きました。
施設内は撮影禁止となっているため写真を撮ることはできませんでしたが,放送スタジオ・最新の放送機器などの見学をしてきました。当日は朝から雨が降り足元悪い中での見学でしたが,NHK放送局の皆様にご配慮とご協力をいただき,有意義な時間を過ごすことができました。大変,お世話になりました。ありがとうございました。




  • 講座の様子

第5回 『介護予防と認知症予防』
10月12日(金)に長町地域包括支援センター所長の石井あけみ氏を迎え講演していただきました。今回は「介護予防のポイント」・「認知症予防のポイント」について詳しく教えて頂きました。介護が必要となる原因に多いのは脳血管疾患ですが、不活発な生活による生活機能の低下(生活不活発病)によることも増えてきているそうです。日頃から生活機能の低下に早く気づき、改善することが大切だそうです。また、認知症発症の危険因子は生活習慣の中にあり、リスク軽減のために生活管理を心掛けることが大切とのことです。
『体を動かす習慣を身に付ける』・『良質なタンパク質を摂取するなど食生活を見直す』
「新聞を声を出して読む」・「日記を書く」など、生活の中で楽しみながら脳トレに挑戦してみてください!とのことでした。
参加者からは「今までの生活を見直して、認知症を予防していきたいです。」といった感想が聞かれ、健康寿命を延ばす重要性について考える良い機会となりました。

  • 受講生が体操してしています

第4回 『健康体操』
~食事にもバランスがあるように運動にもバランスがあるのです~

 9月14日(金)に健康運動士の薄井啓(うすい あきら)氏を迎え指導していただきました。
今回は,健康づくりのポイントを教えていただきました。
【運動する前後に筋肉をほぐすストレッチを取り入れること】
【関節にかかる負担を軽減するには筋力トレーニングすると良いこと】
参加した受講生からは,「今日教えて頂いた体操を,毎日少しずつ続けたいです。」といった感想が聞かれ,健康について考える良い機会となりました。

  • 講師の話を聞く受講生

第3回 『伊達政宗は“筆武将”』

 7月13日(金)に元仙台市博物館長の佐藤憲一氏を迎え講演していただきました。
 戦国武将のイメージが強い伊達政宗公について、多くの自筆書状を残した「筆武将」としての一面に着目してご講話をいただきました。同時代に活躍した多くの武将が書状作成を家臣にまかせるなか、政宗公は自筆の手紙を送ることで、相手との信頼関係を深めていたと考えられるそうです。
 また、副葬品の中から、愛用の筆や硯等が発見されたこともあり、書状に対する政宗公の気持ちが伝わるというお話でした。
受講生から「筆まめな一面を知り、親近感がわきました。」といった感想が聞かれるなど、政宗公の新たな魅力を知る機会となりました。

  • 笑いの効用について説明する講師

第2回 『歌って手遊びご健笑!』

 6月8日(金)に日本笑い学会の「マヨネーズ」さんを迎え開催しました。
 健康増進のためには、「運動」「栄養」「睡眠」とともに「笑い」を日常生活に取り入れ、明るく前向きに過ごすことが重要であると教えて頂きました。
 また、「脳トレ」になる歌と手遊びを組み合わせた動作も教えて頂き、会場は笑顔でいっぱいになりました。
受講生からは、「笑うことの大切さを再認識しました。」といった感想が聞かれ、「笑い」と「健康」について考える良い機会となりました。
 

  • 講座の様子

第1回 『平家物語』のなぞ~「四部合戦状本」の正体~

 5月18日(金)に平成30年度太白区中央老壮大学校~せいかつ教養コース~が始まりました。講師に、東北文化学園大学・地域連携センター・副センター長の渡邊洋一氏を迎え、『平家物語』のなぞ~「四部合戦状本」の正体~と題した講演をしていただきました。
 鎌倉時代に成立したとされる『平家物語』は、軍記物語の最高峰ということで、詳細な資料を用いながらわかりやすく説明してくださいました。また、「軍記物語」の側面ばかりではなく、視点を変えて「文芸作品」として登場人物の心情や撰者の考え方を想像してみると面白いなどといったお話もありました。
 受講生からは、「平家物語をもう一度読み直し、歴史認識を深めたいです。」といった感想が聞かれるなど、有意義な時間となりました。
 


 

Get Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている Adobe Acrobat Reader DC が必要です。
お持ちでない方は、左のバナーのリンク先からダウンロードしてください。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
  • SENDAI 光のページェント (2018 SENDAI PAGENT OF STARLIGHT)
  • 仙台市観光ボランティアガイドネットワーク(SENDAI TOURISM VOLUNTEER GUIDE NETWORK)
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:http://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
太白区中央市民センター
〒982-0011
仙台市太白区長町5丁目3番2号
TEL: 022-304-2741
FAX: 022-304-2526
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.