メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

すぐに役立つ防災知恵袋

  • REPORT
  • 講座レポート掲載

2018年2月14日

第2回 実技「救命救急・AED講習」

2018年2月6日

■日時:2月6日(火) 13:00~16:00

 太白消防署の救急救命士の方を講師にお迎えして、救命処置の流れ(心肺蘇生とAEDの使い方)について講話と実技で学びました。

 講習では「自分が倒れている人を発見した」という設定で、心肺蘇生までの流れについての説明を受けた後、参加者一人ひとりが、人形を使っての胸部圧迫や人工呼吸、AEDを使った心肺蘇生までの流れを実際に体験しました。
 参加した方からは、「AEDの使用法を学ぶことが出来た」「実際に胸部圧迫をやってみて、力の加減が難しかった」「為になりました」等の感想をいただきました。
 本講習の最後には、参加者全員に太白消防署から「普通救命講習修了証」をいただきました。

■日時:12月8日(金) 10:00~13:00

 管理栄養士の金寿子先生を講師にお迎えして、家庭で役立つ災害時の食の備えについて、講話と調理実習で学びました。

 調理メニューは、缶詰等を使ったドライカレー、乾物(切り干し大根)を使ったナムル、長期保存可能な豆乳を使ったりんごのパンケーキでした。
 調理実習の後には、講師から家庭での食の備えについてのお話を聞きました。

 「普段からお料理で使っていないと、いざという時にどう料理して良いか分からないですよね。乾物はとても便利な食材です。災害時には、ビニール袋の中に水を入れてもどすと、洗い物も出ず簡単です。」「持病などで、塩分量など普段から食事に気をつけなくてはならない方は、自分用の備蓄を心掛ける必要があります」など、調理の仕方から食の備えのポイントまでを学びました。

 参加した方からは、「本当に参加して良かった。今日のはすぐに使えるというので、Verry Good。」「簡単で旨くて、とっても心の栄養になりました」「切り干し大根のサラダは早速今日作りたいと思います。最後のお話も興味深くて参考になりました。」と、大変好評をいただきました。
【参加人数:8人】

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:http://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
富沢市民センター
〒982-0036
仙台市太白区富沢南1丁目18番地の10
TEL: 022-244-3977
FAX: 022-307-5101
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.