メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

平成28年度子育て支援講座「みんなの部屋やまだ」

2017年3月26日

子育て支援講座「みんなの部屋やまだ」

2017年3月26日

  3月15日(水)
 情報交換会
   三月も半ばを迎えたのに、雪がチラチラと舞い降りてきました。そんな中、初めて参加のママさんがお子さんと元気にやってきました。
   太白区家庭健康課の佐々木保健師さんをお迎えして、今年度最後の「みんなの部屋やまだ」の始まりです。
日頃思っていること、悩んでいること、知りたい事、嬉しかったこと等お茶を飲みながら話しました。食べ物の好き嫌いについて悩んでいたママには、『定期検診で、栄養士さんに相談すると良い。』とか、どんな絵本を読んであげたらよいか知りたかったママへは、『市民センターで開催している「おはなし会」に足を運んでみては。』とか、お互いに情報の交換ができました。
   参加のママからは、「楽しい時間でした。子供もお兄ちゃん、お姉ちゃんから刺激をもらって元気に一緒に遊べたようです。春からサークル『やまだっ子』で一緒に活動したいと思います。」 「友達が増えたのも『みんなの部屋やまだ』に参加したお陰です。ありがとうございました。」嬉しい声を寄せて頂きました。「みんなの部屋やまだ」は来年度も続きます。皆さまのご参加をお待ちしております。

  • 四つの気質について、カラー用紙を使い分かり易く説明して頂きました。
  • ママの勉強中は、僕たち、私たちも頑張っています。

  2月22日(水)
 子育て講話
 仙台幼児教育専門学校の猪岡久子先生をお招きし、「個性とは何か~長所の見つけ方・伸ばし方」をテーマにご講話いただきました。ガレノス(古代ギリシャ・ローマの学者)の四つの気質について、アニメドラえもんの登場人物を例に分かり易くお話ししていただきました。
   講話の中で「気質は、その子の所有物なので頭皮から髪を抜くようなことはできないのです。気質は、体と心の結び付きを示すその子らしさの”種”です。」とお話しされました。受講のママ達は、「欠点を直そうとせず、長所が出た時にいっぱい褒めてあげたいです。子どもをしっかり観察し、どのタイプの色合いが多いのか、見つめて接していきたい。」「とても気持ちが楽になりました。涙をこらえながら聞いていました。子供の個性を理解して、伸ばしてあげられるように努力していきたいです。」「パパにも聞いてほしいです。」と感想を述べられました。
   先生は、子育て中のママ達の心を受け止め、次のようにアドバイスしてくださいました。「バラの種を授かった子は、美しいバラの花が咲くように手伝い、すみれの種を授かった子どもに対しては、すみれとして美しく咲くように援助するのが親の役割と考えたら良いでしょう。」と。参加のママ達は、先生のお話に共感し、満たされ、自分を変えていけそうだ、と話してくれました。子供を抱きしめるママ達の姿が目に浮かびます。
 

 2月18日(土)
~子育てが楽しくなるマップ
   「やまだのいっぽ」
完成しました~
  9月3日(土)に「マップを作ろう!」と数人のママ達が集まり、マップ作りがスタートしました。試行錯誤し多くの方からアドバイスを頂き、回を重ねて集まり、何度も校正し、そしてついに念願のマップ「やまだのいっぽ」が完成しました。マップ編集委員の皆さんの喜びも一入です。マップは、山田市民センター窓口にあります。どうぞご覧ください。
   そして、「やまだのにほ」作成に意欲的に歩武を進めています。完成間近です。おたのしみに!(^^♪

 1月18日(火)
スイーツデコ体験会
~カードスタンドでママからメッセージ~
 
 6月に「みんなの部屋やまだ」受講のママ達から立ち上がった育児サークル「やまだっ子」代表の石田絵美さんを講師に、スイーツデコ体験会を開催しました。「やまだっ子」のメンバーと一緒にカードスタンドを作ったところ、子どもたちも楽しみながら参加したとのお話を伺い、他の方にも是非親子で体験してほしいと思い開催となりました。
  パーツを選ぶところから始まりました。葉っぱ、イチゴ、ブルーベリー、思わず口に運びたくなるような可愛らしいパーツの数々。樹脂粘土で作られたワッフルにカードを挟むワイヤーを入れ、その上から生クリームに見立てた白い樹脂粘土を縛りだします。そこへ選んだイチゴ、ブルーベリーをトッピング!仕上げにカラフルシュガーをふりかけ、可愛らしいカードスタンドの完成です。「初のスイーツデコ作り、パーツの可愛さにとても癒されました。」「託児も付いていて、作ることに没頭でき、とても嬉しかったです。」等の感想をいただきました。参加のママ達に交流の場と癒しの時間を提供することが出来ました。
  
  
  
  

 12月21日(水)
プリザーブドフラワー体験会
~シンデレラのクツを作ります~

  本日の講座は、「上野山子育て支援クラブ」と共催で開催しました。クリスマスにちょっとオシャレな飾りを作りませんか?の呼び掛けに子育て中のママや、地域の方が参加してくださいました。子供が小さいと、集中して何かを作ることは難しいママ達に、ほんの数時間でしたが、喜んでいただきました。
 指導してくださるのは、Jafa認定会員の阿部真由美先生です。始めに、プリザーブドのバラの花を選び、ガラスでできた靴(シンデレラのクツと呼んでます。)にバラの花とアジサイ、パールガーランド、アイビーリーフをアレンジしてグルーガンで接着します。セロハン紙でラッピングしリボンで飾り出来上がりです。 参加の皆様は、バラの花を選ぶところから楽しんでいました。「とっても楽しみにしていた講座でした。センスの無い私でも、何とか形になり心の中は、大満足です。」受講のママ達が育児の忙しさ、大変さから少しの間でも解放され、自分の時間を楽しめたことに喜びを感じました。
  
プリザーブドフラワーは、鮮やかな色を保ったまま3年間は形状をとどめているそうです。世界に一つだけのシンデレラのクツがクリスマスを賑やかに彩ることでしょう。

 11月16日(水)
ヨガ体験会
  育児に家事にあわただしい毎日を送っているママ達に、ゆったりした時間を過ごしてほしい、との思いから本日は、ヨガ体験会を開催しました。
  優しく心地よい音楽をBGMに、ゆっくり体を動かしていきます。始めに講師の内宮昇子先生から「無理せず、痛気持ち良いところまでにしましょう。ヨガは弛めが大切です。そして自己凝視です。」のお話しを伺いました。
  受講のママ達は目を閉じたりしながら、ヨガのポーズをとっていました。受講生からは、「初めてヨガを体験しました。心身のリフレッシュになりとても気持ち良かったです。」「託児があり、同年代のお子さんが集まるので、参加しやすかったです。」等の感想を頂きました。

  9月21日(水)
 アルバムカフェ
~フォトガーランドを作ろう~

「思い出の写真をいつでも眺めたくなるようなお気に入りとして”形”に残しましょう。」講師の成田由香里さんの呼びかけで講座が始まりました。
5枚の色画用紙に写真を貼り、マスキングテープ、シール、折り紙などで可愛らしく、また美しくレイアウトしていきます。その後パンチで穴を開け麻ひもを通し、ガーランドの出来上がりです。
ママたちは、思い出の一枚一枚を可愛らしく世界に一つだけのガーランドにするため、試行錯誤でした。「同系色でまとめるのもいいね。」と講師から時々アドバイスを頂きながら、時間の経過も忘れ熱中していました。出来上がったガーランドはお披露目をしました。
「楽しかった。子どもを見ていただけるので集中できました。ありがとうございます。」「何かを作ることは、楽しく、また日々の育児から解放されるので、とても良い時間でした。」参加者の感想でした。

 9月17日(土)
マップを作ろう②

元気にワイワイ、ニコニコ集まりました。(^^♪
「子供の歯医者さんは、あそこがお勧め!」「あのお店の洗面所は、広くて便利!」「お勧めの公園は~」さっすがぁ~ママたち!情報が盛りだくさん。どの情報を掲載するか、取捨選択し執筆担当者を決めました。宿題が出ましたが、ママたちの目は輝きを増していました。山田地域のマップ作りは、まだまだ続きます。興味、関心のある方のご参加をお待ちしております。

 9月3日(土)
マップを作ろう①

山田地域に住むママさんが「山田にもこんなマップがあったらいいなぁ。山田地域で子育て中のママたちに役立つようなマップ。作りたいなぁ。」と中田市民センターで作成した「おさんぽマップ」を手に事務室を訪れました。市民センターは地域の声を聴き共に歩み、人と人との絆を深め地域作りをするところ。開催予定には無い内容でしたが、参加希望者を募り今日にいたりました。
お子さん連れで集まりワイワイ、ガヤガヤ。そのような中でも、大まかな構成が決まりました。次回までに掲載したい情報の収集をする宿題が出ましたが、パワフルなママ達です。出来上がりを楽しみに、行動開始!

 7月13日(水)
おはなし会


おはなしサークル「あめんぼの会」の皆さんによるおはなし会を開催しました。わらべ歌で始まり、絵本の読み聞かせ、紙芝居、パネルシアターと続き子どもたちをおはなしの世界へ連れて行きました。絵本では、知っている動物が出てくると、指をさしたり、パネルシアターでは、興味津々といった様子で次に飛び出すお話を待っていました。お土産に、折り紙のくまモンを頂き、心を少し熊本に向けおはなし会は終わりました。参加者から、「子どもが、毎回集中して見たり、聞いたりしているようで、帰宅してから手遊びや歌などを歌っていて、驚かされます。」と感想を述べていただきました。子どもと一緒に絵本や、紙芝居を楽しむことで、おはなしの世界を共有し世界観や様々な感情をテーマにコミュニケーションがとれ絆が深まります。一冊でも多く本に触れてほしいと思います。

  • 参加の皆さんから、非常持ち出し袋に入れたいものを挙げて頂きました。
  • 乳幼児子育て中のママの非常持ち出し袋の重さは約10㎏、


 6月15日(水)
防災講座開催
~非常持ち出し袋を準備しよう~

 ”災害は忘れたころにやってくる”や“備えあれば憂いなし”という諺を私たちはどれほど重く受け止めているでしょう?東日本大震災から5年が過ぎ、お子さんが誕生するなど環境も変わってきています。年に一度は、防災について考える機会を、との思いから本日の開催となりました。太白区役所家庭健康課と連携し、太白消防署の北舘真希子さんを講師に、〜非常持ち出し袋を準備しよう〜をテーマに話し合いました。子どもと一緒に避難する時をイメージしながら、袋の中身を考えましょう、との提案に参加者は、真剣に取組みました。「ホイッスルも必要だね。家族の写真があるといいね。」等講師のアドバイスに、参加者はなるほど・・・と納得の様子でした。「子供がいての防災グッズはまだ用意をしていなかったので帰宅したらすぐに準備したいと思います。」とポジティブな感想をいただきました。講師の北舘さんは「町内会の防災訓練に参加し、ネットワークを築くことも大切です。」とお話されました。

  • 第1回 子育て支援講座「みんなの部屋やまだ」を開催しました。

 5月18日(水)
リズムにノリノリ!体を動かそう!
ジャズストレッチ体操に挑戦!


今年度も「みんなの部屋やまだ」で楽しくあそびましょう。第1回目の本日は、ジャズストレッチ体操講師の伊藤直子先生にご指導を頂き、ジャッズの軽快なリズムに合わせて、”ノリノリ”身体を動かしました。
まず初めに、ストレッチで体をほぐし、次は音楽に合わせて手を上げ足を上げ前へ後ろへ、心地よい汗をかきました。
参加のママ達からは、『疲れると首・肩・下半身が凝って主人にマッサージをねだっていました。今日のメニューでびっくりする程楽になりました。終始笑顔の私でした。』と喜びの声が上がりました。講師の先生からは『子育ては大変かもしれないけれど、頑張ってね。応援しているから。』と力強いエールを頂きました。先生、ありがとうございました。

お問い合わせ

山田市民センター 022-244-0213

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:http://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
山田市民センター
〒982-0813
仙台市太白区山田北前町13番1号
TEL: 022-244-0213
FAX: 022-244-1843
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.