メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

平成30年度 住民参画型事業 楽元の森プロジェクト

  • REPORT
  • 講座レポート掲載

2018年7月19日

平成30年度 住民参画型事業 楽元の森プロジェクト

平成30年度 住民参画型事業 楽元の森プロジェクト

2018年7月21日

~土づくり~  【6月16日(土)】
 昨年、楽元の森で沢山のイベントを開催しました。その際、森の土が粘土であることがわかりました。
 今年度は、その粘土で陶器を作ってみようと、3回の連続講座を開催します。
 1回目の今日は、森の土をバケツに採取し水を入れ土の中に含まれているゴミを取り除きます。これを何度か繰り返します。そうすることできめ細やかな粘土に仕上がります。自宅に持ち帰り、耳たぶくらいの硬さになるまで水分を蒸発させたら、ビニールの袋に入れて寝かせます。
 本当に粘土ができるのかどうか、少し心配しながらも土づくりに挑戦しました。
 土づくりの後は、お楽しみの開催です。本日のお楽しみは、ピザ作りです。思い思いにトッピングをして、窯で焼きます。待つこと15分。チーズがとろけた、アツアツのピザが出来上がりました。
  粘土を作る場では参加者同士「良い粘土ができるかな。」「粘土で何を作ろうか。」など会話も弾みました。
町内会長をはじめ地域の方々や、学区を超えた所からも多く参加され、交流が図られました。

~器づくり~ 【7月14日(土)】
 いよいよ本日は、器づくりです。外気温が高く開催会場を上野山小学校体育館に変更しました。
 前回作った粘土を持って集まりました。丁度良い硬さに出来上がった人、柔らかすぎた人、色々でしたが、講師の指導の下、お皿、カップなどを作りました。本日の講師は、アトリエ陶の泉の須田聡宏先生です。粘土は、良く練って空気を抜くことが大切である、と教えていただきました。出来上がった器は、2~3ヶ月程乾燥させ、素焼きをします。その後釉薬を塗って本焼きをし、完成となります。
 「難しかったけど、面白かった。」「完成が楽しみです。」参加者の感想です。
 器作りが終わり、楽元の森にてお楽しみの開催です。マシュマロとウインナーを七輪で焼き、ふわふわとパリッパリッを頬張りました。
 

お問い合わせ

山田市民センター  ☎022-244-0213

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
  • 伊達な歴史の新体験(せんだい旅日和)
  • 仙台市観光ボランティアガイドネットワーク(Sendai Tourism Volunteer Guide Network)
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:http://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
山田市民センター
〒982-0813
仙台市太白区山田北前町13番1号
TEL: 022-244-0213
FAX: 022-244-1843
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.