メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

市民企画会議 柳生おとなの学校

  • REPORT
  • 講座レポート掲載

2017年4月28日

市民企画会議「柳生おとなの学校」10名で開校

2017年6月3日

6月3日(土)1回目 会議開催
8名が参加し、自己紹介の後これから開催したい講座などについて話し合いました。参加者は様々な活動をされている方が多く、地域の貴重な情報が得られました。

6月24日(土)第2回目 会議開催
6名が参加。初回は異世代が一堂に会することのできるものが良いという意見が多く出されました。それには音楽が適しており、特に聴くだけのコンサート形式ではなく、自分から歌う参加・体験型の歌声喫茶のようなものが相応しいということになりました。今後は2週間に1回程度の企画会議を持ち、講座開催に向けて進んでいく事になりました。

7月7日(金)第3回目 会議開催
7名が参加。前回の話し合いを受けて「歌って参加できる企画」ということで初回は歌声喫茶を検討することになりました。また、今後の予定として企画会議を7月22日、8月5日、8月26日、9月9日に開催する予定にしました。

7月22日(土) 第4回目 会議開催
9名が参加し、うたごえ喫茶を10月28日(土)午後に開催することに決定しました。うたごえ喫茶のうたごえリーダーは、仙台ロシア合唱団の三橋氏に依頼することになりました。また、2回目以降に開催したい講座を次回までに考えてくることになりました。

8月5日(土)第5回 会議開催
6名が参加し、各自今後の開催講座の案を提出し企画員に説明しました。今年度は「うたごえ喫茶」と「柳生和紙作品制作」の2回で終了とするので、企画員が出した講座案については、来年度実施を目指し今後も話し合いを続けていくことになりました。

8月26日(土)第6回 会議開催
5名が参加し、1回目の開催講座「一日限りの”うたごえ喫茶”開店」のポスターについて検討しました。また、ポスターの掲示場所としてJR南仙台駅の西口と東口を結ぶ誇線橋の壁を検討してはとの意見が出され、市民センターで管轄部署に確認することになりました。
2回目の開催講座「柳生和紙」についても検討し、柳生和紙プロジェクトに講師依頼し、柳生和紙を使ったカレンダーを作ることになりました。

9月9日(土)第7回 会議開催
7名が参加し、1回目の開催講座「一日限りの”うたごえ喫茶”」について、会場レイアウト、準備物、役割分担など具体的に話し合いました。右の写真のように会場レイアウト図はホワイトボードに描いて検討しました。また、講師が会場下見に来る時に、市民企画員も集まり講師と直接当日の運営について話し合いを持つことになりました。

9月29日(金)第8回 会議開催
うたごえ喫茶当日うたごえリーダーを努める仙台ロシア合唱団の三橋さんが会場の下見にいらしたので、急遽企画員8名も集まり顔合わせをしました。三橋さんの明るい人柄に企画員はうたごえ喫茶の成功を確信したようです。企画員がデザインした素敵なポスターも完成し、これから1ヶ月かけて地域にPRしていくことを改めて確認しました。

10月14日(土)第9回 会議開催
8名参加。先日完成したポスターを区役所に持参し掲示許可をいただきJR南仙台跨線橋の壁に3箇所掲示したことを報告。前回検討した会場レイアウト図を当日の参加人数の予測に合わせ修正しました。又、当日のプログラムやスケジュールを検討し、役割分担も決定しました。うたごえ喫茶当日は、会場設営を担当する男性企画員3人が、30分早く集合することを提案するなど企画員のチームワークもしっかり確立してきました。

10月28日(土) 第1回講座
「一日限りの歌声喫茶開店」
 第10回会議開催
11時30分市民企画員の男性3名が集合し、ピアノを器具庫から運び出し、卓球台で喫茶のテーブルをセットしているうちに、女性陣6名も集まり各テーブルに柳生和紙のライトや企画員手作りの花を飾り付け、うたごえ喫茶の雰囲気が出てきました。企画員はスタッフの名札を下げて、各々受付や司会、お茶コーナー等、前回の会議で決定した役割を楽しそうに分担していました。終了後簡単な反省会と次回会議の確認をして解散。

11月11日(土) 第11回会議開催
8名が参加して、初めての企画講座「一日かぎりの歌声喫茶」の反省と第2回目の講座「柳生和紙の暦づくり」の打合せを行いました。2回目の講師は市民企画員が所属している団体の為、講座の内容を詳しく説明してもらえたので各企画員も全体像が掴み易かったようです。この話し合いで12月7日からの講座受付が決定し、各自広報に努めることになりました。又、今年度は2回の講座を実施する事にしていたが、年度内にもう1回実施し、来年度につなげたいということになり、次回までに各自企画案を出す事になりました。

12月2日(土) 第12回会議開催
9名が参加して、第2回講座「柳生和紙の暦づくり」の役割分担を決定しました。企画員が作成したポスターが紹介されPRにつとめる事にを確認しました。そして、第3回目の講座は今回各自が持ち寄った企画案の中から「ひなまつりに童謡唱歌を歌ったり、昔ばなしをする」ことに決まりました。企画員が持ち寄った様々な企画は平成30年度実現を目指すことになりました。又、2回目の講座実施にあたって、スタッフとして受講生の製作のサポートをするには自分達が事前に暦づくりを体験する必要があるという事になり、急遽1月6日にシュミレーションをする事になりました。

1月6日(土) 第13回会議開催
柳生和紙の暦づくりを市民企画員全員が体験。製作時間やチェックポイント等を全員で確認しました。その後、第3回目の講座「ひなまつり 童謡唱歌をうたおう」について各参加団体との打合せ状況を確認しました。

1月20日(土) 第2回目講座
「柳生和紙に親しむ
 ~柳生和紙の暦づくり~」開催
市民企画員は受講生の中に入り、暦づくりのサポートをしました。講座終了後、第14回会議を開催。第3回講座に向けての各自の担当の確認を行ないました。

2月3日(土) 第15回会議開催
8名が参加し、完成した第3回講座のポスターを各自持ち帰りPRに努めることになりました。それとは別に子ども用のポスター、チラシも作り柳生小学校全クラスに配布しようとの提案があり、できるだけ早い時期に実行することになりました。

2月24日(土) 第16回会議開催
6名が参加した話し合いの中で、当日のプログラムに「柳生おとなの学校」の設立の趣旨を明記し企画員の募集を図るようにすることになりました。

3月4日(日) 第3回講座
「ひなまつり 童謡唱歌をうたおう」 開催
会場設営から受付、司会等市民企画員が担当し大盛況のうちに終了しました。

3月9日(金) 第17回会議開催
7名が参加し、第3回講座「ひなまつり 童謡唱歌をうたおう」の反省と1年間の活動を振り返っての感想を話し合いました。
 

お問い合わせ

柳生市民センター窓口または電話にてお申込みください。5月10日~5月20日受付

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • みんなの訓練サイト【仙台市】
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:http://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
柳生市民センター
〒981-1106
仙台市太白区柳生7丁目20番地の7
TEL: 022-306-6750
FAX: 022-306-7081
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.