メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

平成29年度  柳生おとなの学校 

2017年12月8日

市民企画会議「柳生おとなの学校」で企画した講座の2回目は「柳生和紙に親しむ~柳生和紙の暦づくり~」です

市民企画会議「柳生おとなの学校」企画講座 

2017年10月28日

 第1回  10月28日(土)
1日限りのうたごえ喫茶 開店 
参加人数72名。仙台ロシア合唱団の三橋さんをうたごえリーダーにお迎えして、懐かしい歌の数々をみんなで楽しく歌いました。殺風景な多目的ホールが、今日ばかりは柳生和紙の灯りで飾り付けられ、心和む「うたごえ喫茶」になりました。知らない同士が同じテーブルで歌っているうちに歌にまつわる思い出などを話し、すっかり打ち解けて次の柳生和紙の暦づくりも楽しみですね、などと盛り上っていました。市民企画会議のメンバーがスタッフとして会場の準備から受付、司会、リクエストの回収、等々大活躍でした。

第2回 1月20日(土)
柳生和紙に親しむ~柳生和紙の暦づくり~
参加人数18名。柳生和紙プロジェクトのメンバーを講師に迎え、最初に地域の伝統の柳生和紙の歴史や和紙作りの工程を紙芝居形式で説明。その後4~5人のグループに分かれ柳生和紙を使った暦を製作し、LEDライトを中に入れてミニライトとして使えるようにしました。各グループには市民企画員がスタッフとして入り、制作のお手伝いをしていました。最後に完成したミニライトの灯の下で、お正月に相応しい「一月一日」を歌いながら簡単なストレッチ体操で身体をほぐしました。前回に引き続き会場には柳生和紙の大きなスタンドライトを飾りつけたので雰囲気が一層盛り上がってようです。本物の柳生和紙に触れ、その歴史やこうぞの育て方から紙漉きの工程まで説明して頂いた事で、参加した方たちは、地域の貴重な財産である柳生和紙への関心を高めるとともに、それを守り育てる活動をしている柳生和紙プロジェクトの方たちへの尊敬の思いを新たにしたようでした。

第3回 3月4日(日)
ひなまつり 童謡唱歌をうたおう
参加人数75名。柳生市民センターで活動しているハーモニカ、リコーダー、童謡サークルの他、地域で活動しているオカリナのグループなどの伴奏で懐かしい童謡や唱歌を歌いました。又、柳生小学校の読み聞かせボランティアの方が絵本の読み聞かせをして下さいました。事前に市民センターの窓口や地域の介護施設などに「ひなまつりの思い出」カードをおき、記入していただいたものを歌の合間に紹介しました。当日、会場の方にも記入していただき紹介した他、会場のパネルに貼り出し、皆さんに読んでいただきました。皆さん、ひなまつりにはたくさん思い出があったのがわかりました。送って来た家族の方からは、市民センターで様々な人と出会えるこのような機会をもっと増やしてほしいとの声がありました。今回も会場を地域の伝統柳生和紙のスタンドライトで飾り付け、ひなまつりの雰囲気を盛り上げ大好評でした。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
  • 伊達な歴史の新体験(せんだい旅日和)
  • 仙台市観光ボランティアガイドネットワーク(Sendai Tour Guide Network)
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:http://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
柳生市民センター
〒981-1106
仙台市太白区柳生7丁目20番地の7
TEL: 022-306-6750
FAX: 022-306-7081
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.