メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座のご案内

令和元年度 旭ケ丘探検隊

  • LECTURE
  • 開催のお知らせ

2019年8月2日

「日立システムズホール仙台で働く人に会いに行こう!」が終了しました

旭ケ丘探検隊 終了分

2019年10月14日

「日立システムズホール仙台で働く人に会いに行こう!」9月28日(水曜日)10:00~11:30
旭ケ丘市民センターのお隣、日立システムズホール仙台に行ってきました。交流ホールの中央にある「迫り(せり)」に乗って、高くなるのを実感。キラキラした照明の中で、アイドルがステージに立った気分です。マイクを通して声が変わるのも、一人ひとり体験しました。調整室では、照明のピンスポットを当てるのを体験しました。動いている人を追いかけて照明を当てるのは技術が必要で、プロのアドバイスを受け取り組みました。事務室や警備の方がいる部屋も見せていただき、ホールを支えている人がたくさんいることがわかりました。

「カラーフェルトでポーチをつくろう」7月31日(水曜日)10:00~12:00
夏休みに入ってギラギラ太陽の中、申込みを受けていた小学生11人全員が元気に講座にやって来ました。旭ケ丘市民センターで活動しているサークル「森のおもちゃ図書館」のみなさんに教わり、ポーチを作ります。
まず、布のおもちゃの使い方を習いました。鬼に布ボールをぶつけて倒したり、アイウエオ表を完成させたり、布ルービックキューブの絵柄を合わせたりと、たくさんのおもちゃで遊びました。
ポーチ作りでは、サークルの方にジャンケンで勝った人からフェルトの色選びをして、リボンを通し形にします。簡単そうに見えて意外に難しく、ほどき直しながらの作業になりました。最後は、カラフルな色の模様を貼り付け完成しました。
7人のサークルの方と一緒に遊び、話し合う中で小学生たちはもちろん、付き添いのお母さんたちも笑顔になったひとときでした。

「LEDホタルを持って、本物のホタルを見に行こう」6月29日(土曜日)19:00~20:15

午後から雨が降り、夕方には強くなって外に出るのは無理かなと思う中、小学生20人 未就学児6人 大人20人が集まりました。「ホタルとメダカの里」についてのお話やホタルの生育についての紙芝居を見て、本物に負けないようなLEDホタルを作りました。色紙やセロハンでペットボトルの中に自分だけの「ホタルの里」を作り、ホタルに見立てたLEDライトを入れます。早くできた小学生は、廊下など少し暗いところを探して点灯すると、10粒のLEDがきらめいて本物のホタルのように光っていました。

「ホタルの里でえさやり体験」6月15日(土曜日)10:30~12:00

朝から雨の降る中、長靴とレインコートに身を固めた小学生たちが集まって講座が始まりました。「仙台旭ヶ丘ホタルとメダカの会」「旭ヶ丘のホタルを育む仲間会」の方々からホタルの生態についてと、台原森林公園にある「ホタルとメダカの里」についてお話を聞き、ちょっと雨足が弱まったのを見計らい現地に向かいました。
ホタルの幼虫のえさになる、カワニナという貝が食べるキャベツを小川に置く作業を体験しました。また、講師の先生が昨日置いておいたキャベツにカワニナが集まっている様子も観察することができ、地域の自然と触れ合えた時間になりました。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
  • 仙台市協働ナビ「できるよ!仙台」
  • SENDAI 魅力ナビ(仙台市)
  • 仙台市図書館
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
旭ケ丘市民センター
〒981-0904
仙台市青葉区旭ケ丘3丁目25番15号
TEL: 022-271-4729
FAX: 022-271-7984
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.