メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

平成30年度 あつまれ!旭ヶ丘キッズ

2018年12月24日

終了した講座の紹介です

2018年10月3日

教えてもらおう 書き初めのコツ!
 
小学校が休みに入った12月22日(土曜日)、3年生から6年生まで10人の子どもたちが、お習字道具を持って旭ケ丘市民センターに集まりました。それぞれ学年ごとのお手本をじっくり見て、書き初めの清書用紙に向います。3年生は、毛筆に挑戦する初めての学年で、最初に先生から縦と横の線を書く基本を学びました。5,6年生は精神集中して言葉も少なに課題を形にしていきます。職員も声を出すのが憚られるほどの凜とした空気の中、全員が納得できる作品を書き、お互いの作品を見て講座は終了しました。

作って!貼って海の生き物
 
9月22日と30日 のべ23人の小学生とその家族が、一緒に力を合わせ大ホールの壁に水族館を作りました。材料は、アルミホイルやスズランテープ、包装資材のプチプチなど。柔らかくて形が定まらない材料を相手に、悪戦苦闘して海の生き物を作りました。
 小学生の講座にしては長い2時間を、言葉も少なく集中して作業を進め、模造紙12枚にもなる大作が完成しました。10月20日・21日の「旭ヶ丘市民センターまつり」で初披露します。ぜひ、ご覧になってください。

LEDを使った七夕飾りに挑戦! 
 7月25日、9人の小学生がLEDを使った七色に光るミニ七夕作りに挑戦しました。
 東北福祉大学の先生と大学生のお兄さんお姉さんに作り方を教わり、使い慣れていないグルーガン(ホットボンド)に苦戦しながらも、土台、配線、笹、飾りと仕上げました。全員で出来上がった作品を並べ、部屋を暗くしてスイッチを入れるとそれぞれ違った色で光り、蒸し暑かった会議室も少し涼しく感じられました。
 LEDは省エネでとても長持ちするのは有名ですが、今回の工作に使ったLEDも1ヶ月は連続点燈できるとの説明を聞き、乾電池を取り換えながら今年の夏は光らせようと意気込んで持ち帰りました。
 

光るうちわ作りとホタルを見る会 
 6月30日土曜日夜7時から子どもたちにとっては、ドキドキワクワクの夜の講座がありました。まず「仙台旭ヶ丘ホタルとメダカの会」の先生から、台原森林公園のホタルについてお話を聞きました。「旭ヶ丘のホタルを育む仲間会」のボランティアの方たちからは、ホタルの生態についての紙芝居を見せてもらいました。



ホタルについて学んだ後は、うちわ作りです。蓄光シートという暗いところで光るシールを使って、うちわに水辺のホタルの絵を完成させていきます。本物のホタルを見たことがない子どもたちも、紙芝居やお話で聞いたお尻のところが光るという説明を頼りにうちわを作りました。
最後は、上手にできたうちわを持って台原森林公園に行きました。真っ暗で足元がかろうじて見えるだけの道を歩いて行くと、光るホタルが飛び交っている幻想的なシーンを見ることが出来ました。手に持つうちわもきれいに光っていて、ホタル同士の合図のように、子どもたちはお互いに見せ合いっこをしていました。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
  • 仙台市協働ナビ「できるよ!仙台」
  • SENDAI 魅力ナビ(仙台市)
  • 仙台市図書館
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
旭ケ丘市民センター
〒981-0904
仙台市青葉区旭ケ丘3丁目25番15号
TEL: 022-271-4729
FAX: 022-271-7984
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.