メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座のご案内

「ウォークイン水の森公園(パーク)④—ガイドとめぐる 秋の公園観察会—」を開催しました!

  • LECTURE
  • 開催のお知らせ

2019年11月17日

第四回「ガイドのめぐる秋の公園観察会」を開催いたしました。

2019年11月17日

第4回「ガイドとめぐる秋の公園観察会」 11月17日 日曜日 :30~14:00 
参加者13人
講師:水の森公園に親しむ会

今回は水の森市民センターをスタート・ゴール地点とし、キャンプ場でお昼休憩をとりながら公園を一周するコースを散策しました。先日の台風の影響で、当初予定していたコースから変更になりました。当日は少し風が強かったものの、お天気もよく、紅葉もベストタイミングでした。この季節みられる植物や野鳥の解説を聞きながらの散策で、みなさんとても楽しまれておりました。参加者からのアンケートでは、「今回初参加、水の森公園を初めて歩いたが、とてもよかった。来年の春もぜひ参加したい」、「ガイドさんの解説を聞きながら散策をするという機会が普段ないので、今回参加してとてもよかった。集合・解散場所が市民センターになったのも良かった」、「公園内を一人で歩くとなると、道に迷わないか不安だが、大勢で歩くと安心感がある。みんなでお弁当を食べるのもいい」などの感想が聞かれました。秋の水の森公園の魅力を存分に味わえる散策会となりました。

第3回「夏の星空観察会」 8月24日土曜日 18:00~20:00 参加者37人
講師:永井秀男氏,水の森公園に親しむ会

今回は地域にお住まいの星博士“永井秀男氏”、“水の森公園に親しむ会”の方々を講師としてお招きし、「夏の星空観察会」を行いました。雨こそ降りませんでしたが雲が多く、望遠鏡での木星と土星の観察は断念。そこで、前半は星のお話と星座ビンゴゲーム、後半は水の森公園の魅力解説、梅干しドリンクとクロモジ茶の試飲会をしました。星のお話では、写真などを見ながら永井さんが詳しく分かりやすい説明をしてくださり、永井さんの奥さんによる紙芝居(七夕に関するもの)の朗読もありました。星座ビンゴではビンゴが出た方に先着でオーロラの写真がプレゼントされるということで、みなさん熱くなって参加していました。後半は、水の森公園に親しむ会の代表である目黒さんから公園の魅力の解説をしていただき、その後、和菓子の楊枝にも使用されるクロモジという木から抽出した「クロモジ茶」と、スポーツドリンクの代わりにもなる「うめぼしドリンク」の試飲を行いました。クロモジ茶は水の森公園に親しむ会の末永さんがご自分で育てているクロモジの木から抽出して下さり、うめぼしドリンクは目黒さんが作ってくださいました。
講座終了後、永井さんが望遠鏡で地域の景色を見せてくださることになり、みなさん帰り際に望遠鏡を覗いてからお帰りになりました。
星は見られませんでしたが、実際に望遠鏡を覗くことができて子どもたちも大喜びでした。
参加者からのアンケートでは、「教え方がうまくてもっと勉強したいです。星座に興味を持ってほしいなと思い、子どもと参加させていただきました。星座のことや水の森の自然のことを詳しく教えていただき、とても楽しい講座でした。クロモジのお茶もかおりが良くて美味しかったです」、「すごくおもしろくて、木星の模様がどのようにしてできたかなど色々なことをたくさん知れてよかったです」といった感想がありました。次回の第4回は秋の公園散策を予定しています。

第2回「初夏の観察会」 6月22日土曜日 10:00~12:00 参加者12人
講師:水の森公園に親しむ会

今回は水の森公園キャンプ場をスタート・ゴール地点とし、その周辺を散策しました。市民センター周辺とは違った景色がみられ、この季節ならではの植物や野鳥の鳴き声が確認でき、普段公園内を歩き慣れている方々も、熱心に解説を聞いていました。参加者からのアンケートでは、「雨上がりの初夏の観察会、とても気持ち良かったです。説明してもらった植物のメモは16種ほどになりました。家に帰って復習します。」、「キャンプ場からは歩いたことが少なかったので、違った草花をみることができました。」、「いい汗かきました。この季節ならではの植物をたくさんみることができて良かったです。」、などの感想が聞かれました。自然豊かな水の森公園の魅力を存分に堪能できる時間となりました。

第1回「春の観察会」 4月11日土曜日 10:00~12:00 参加者14人
講師:水の森公園に親しむ会

前日から降りつづいた春の雪が水の森公園を白く染めるなかでの開催となりました。
講師は、水の森公園の動植物の観察や環境維持活動をされている、「水の森公園に親しむ会」の方々でした。

当日10時時点では雪も降りやみ、少し溶け始めておりましたが、当初予定していたコースは危険と判断し、安全なコースへルートを変更しました。
水の森温水プール駐車場脇に咲きはじめた“桜”と雪のコントラストや、この時期見頃の“カタクリ”が雪の中から顔をのぞかせる姿もみることができました。
また、樹木に生えるキノコを観察できる場所では、「食べられるキノコやタラノメなどの山菜が少ないのは人間が採取しすぎてしまうため」というお話があり、豊かな自然を維持するために、山の味覚を楽しむ際にも節度を守ることが大切だということを改めて感じました。(水の森公園は国有林のため、園内の植物の採取は原則禁止となっています)
また、「水の森公園に親しむ会」の方々が12年前に植えた“桜”の木々が立ち並ぶ場所では、人為的に桜のタネを発芽させる方法を教えていただきました。「桜のタネは鳥に食べられたものしか発芽しないため、お湯の中でふやかしたあと(鳥の胃の中に入ったと思わせる)」に植えるといいそうです。
その他様々な植物や野鳥の名前などを解説していただき、写真撮影をしながら、ゆっくりしたペースでの散策となりました。

講座終了後のアンケートでは、「思わぬ春の雪におどろきましたが、雪の下のかたくりや桜、そのほか普段見られない山野草に会えてよかった」、「今まで何気なく水の森公園を歩いていましたが、ガイドさんの案内で花や樹木の名前を聞きながら楽しい散策ができました」などの意見がありました。
あいにくの天候ではありましたが、厳しい環境の中でもたくましく生きる動植物たちの姿を垣間見ることができる貴重な機会となった第1回でした。

Get Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている Adobe Acrobat Reader DC が必要です。
お持ちでない方は、左のバナーのリンク先からダウンロードしてください。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市の公式サイトです。
  • 市民センターの施設利用について案内しています。
  • 市民センターなどの市民利用施設について、施設の空き情報の照会や使用の申込ができます。
  • 市民センターの講座・催しなど、仙台市の情報をメール配信するサービスです。
  • YouTube「仙台市市民センターチャンネル」市民センターの事業等に関わる動画を紹介しています。
  • 「仙台・宮城ミュージアムアライアンス」仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。
  • 仙台市図書館のサイトです。
  • 「サテライトキャンパス公開講座」在仙の大学が連携して市民向けの講座を開催しています。
  • 協働によるまちづくりのための支援制度・相談窓口や、活動事例を紹介しています。
  • 仙台市役所・区役所のさまざまな制度や手続きなどに関するお問い合わせにわかりやすくお答えします。
  • 生涯学習情報
  • PHOTOギャラリー
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/

※ QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

お問い合わせ
水の森市民センター
〒981-0962
仙台市青葉区水の森4丁目1番1号
TEL: 022-277-2711
FAX: 022-277-8863
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.