メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

心豊かに~はがき絵講座

  • REPORT
  • 講座レポート掲載

2019年8月9日

講座第4回めが終わりました

2019年8月9日

 7月23日(火)第4回 「季節の果物、野菜を描いてみよう」
複数のものを描くときは、奇数だと収まりがいい、一番光るところは塗らないなど今回も様々なコツを教えていただきました。「目の前のモチーフと会話しながら」との先生の言葉に、皆真剣に取り組んでいました。

 7月9日(火)第3回 「花の形を描く筆づかい」と色の濃淡を工夫しよう
今回は、皆で好きな花を持ちよりスケッチしました。あじさいは丸を利用する、ドクダミは鉛筆で花を描くなどそれぞれの花を描くコツも教わりました。市民センターにちょうど咲いていたラベンダーをスケッチする受講生もいました。

 6月25日(火)第2回 「葉・りんごのプリントに着色してみよう」
今回は、先生が準備した葉、りんごに着色していきました。先生からは「おや、まあ、あら」と小さな発見をしていくことを教えていただきました。真似ようと思っても真似られるものではない、それぞれの個性でとのお話に、受講生の皆さんも伸び伸びと描いていました。

 6月11日(火)第1回オリエンテーション&「空・雲・山を描いてみよう」
 1回目は古代まで遡り、人類が絵を描いてきた不思議さを学びました。ラスコーの洞窟には牛、鹿、ウサギが飛び跳ね、人間が追いかけている様子が描かれているそうです。当時はもちろん絵具や筆がなかったのですが、岩石を砕いて色を出し、小枝で色を付けたそうです。プロと素人の違いにもふれました。プロは見ただけで誰が描いたかわかるものでなければなりませんが、素人は何をやってもいいので楽しんで描くこと、人と違っていい、自分の好きな絵が良い絵と大いに励まされました。最初に空を描いてみました。その上をティッシュでこすると、色が抜けて雲が浮かび上がります。その後山を描き足し、1枚と同じものがない個性豊かな絵ができあがりました。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
  • 仙台市協働ナビ「できるよ!仙台」
  • SENDAI 魅力ナビ(仙台市)
  • 仙台市図書館
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
中山市民センター
〒981-0952
仙台市青葉区中山3丁目13番1号
TEL: 022-279-9216
FAX: 022-719-2150
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.