メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

令和元年度 中山銀鈴倶楽部

  • REPORT
  • 講座レポート掲載

2020年2月2日

令和元年度中山銀鈴倶楽部開講しました

令和元年度中山銀鈴倶楽部の講座レポートを更新しました

2020年2月2日

 第6回 実技「誰でもできるリズム体操!楽しくできる脳トレ体操!」

11月15日(金)は、仙台市介護予防月間のイベントとして、みちのくフィットネスクラブ協会との共催事業を行いました。
今回は市内のフィットネスクラブのインストラクターをつとめる佐藤圭子さんにご指導していただきました。
受講生は佐藤さんの明るく丁寧な説明を聞きながら、頭と体を一生懸命動かすことに挑戦しました。
頭で考えながら手足を動かすことは意外と難しく、特に左右の手を違う動きにする時は一苦労でした。
椅子に座った状態で、右手は太ももをトントンたたき、左手では前後にスリスリさする。次は手を換えて…頭では分かっていても思うように動かせません。
皆さんから「普段の生活でも取り入れたい」「仲間にも教えたい」というご意見をたくさん頂戴しました。
自然と笑顔が出てくる運動は、心身の健康にとてもいいですね。

 第5回 館外学習「お薬師さんの大護摩祈祷と手づくり市」

雨上がりの令和元年10月8日(火)、現地集合現地解散の館外学習に出かけました。
地下鉄南北線から東西線への乗り継ぎなど少しハードルが高い外出でしたが、初めての場所にも関わらず無事に集合できました。
毎月8日のお薬師さんの縁日に行われる手づくり市は、仙台市内外からたくさんの作り手が集います。
野菜や海産物、お菓子や惣菜、手工芸品など、多い時は200店舗以上のブースが並び、たいへん賑わいます。
顔の見える小さなお店で、おしゃべりを楽しみながら買い物をすることは、大規模な店舗が増えた現代では珍しいことになってしまったのかもしれません。
今回の館外学習をきっかけに、その後もお友達を誘って何度も足を運んでいますよ、という声も聞きました。
心をこめて作ったものが誰かの手に届くことは、作り手にも買う側にも良い効果がありそうです。

 第4回 講話「最新の認知症の詳しい話」

令和元年8月9日(金)は、東北福祉大学教授で東北福祉会認知症介護研究・研修センター長の加藤伸司先生をお迎えしました。
認知症は、以前は「昔々あるところに…」だったものが、「今はいたるところに…」となっているそうです。
元気なうちに認知症について学び、当事者になった場合に自分はどうしてほしいのか、家族としてどのように接すれば良いかを考えることはとても大事ですね。
予防には、魚中心の食生活、ビタミンの摂取、適度な飲酒、運動、趣味などが効果的だそうですが、もし認知症になったとしても決して悲観的にならず、早めに相談し、サービスを上手に利用しながら地域ぐるみで支えていくことが大切とのこと。
知られたくないと隠すより、日頃から周りの人に伝えておくほうが、いざという時に助けてもらえる道が開けます。
普段から、家庭でも地域でも、認知症についてたくさん語り合うことが必要だと、あらためて感じました。

第3回 講話と実技「すぐできる!ハッピーお片づけ&コミュニケーション講座」

令和元年7月12日(金)は、整理収納アドバイザーの阿部静子さんに、お片づけのポイントとコミュニケーションを円滑にする会話術を教えていただきました。
傘、タッパー、保冷剤など、どこの家でもいつの間にか増えてしまう物については、「これ以上持たない」という数を決めることが大事だそうです。
最低限必要なものでスッキリと暮らしたいものですね。
実際に阿部さんがお片づけに携わったご家庭の、片づけ前の散らかった写真を見た受講生は、「こんな家があるなんて信じられない」「ご飯はどこで食べるの?」と、とても驚いていました。
講師の阿部さんの明るい声にリードされ、笑顔で「ステキね~」「なるほどね~」「素晴らしい~」という言葉を声に出し、相手がもっと話したくなる相槌のレッスンを受けた皆さんの口角は、朝の時点よりずっと上がっていました。




第2回 講話と実技「命を守る水」

令和元年6月14日(金)は、株式会社明治の管理栄養士・細川里奈さんをお迎えし、今の時期特に気をつけたい水分補給についてお話ししていただきました。
年齢を重ねるほど体の水分量は減るというのはよく聞きますが、実は一つ一つの細胞の水分量が減っているのだそうです。もともとの水分量が少ないうえ、喉が渇きにくく、食事の量も減るため、摂取する水分の絶対量が足りません。
部屋の中に居ても熱中症を発症するケースは、この水分不足が大きな引き金になっています。私たちは自分の命を守るため、喉が渇く前に、適切に水分を摂取しなければなりませんね。
今回は8つの班に分かれ、ミネラル分を手軽に補給できるスポーツドリンク作りを体験しました。
受講生の皆さんは、「理科の実験みたいで楽しい」などと言いながら、想像以上に砂糖が入ることや市販のものとの味の違いに驚いている様子でした。
講師の細川さんから、水分不足を自分で判断するポイントを教えていただきました。
 ・鏡を見たとき、目がくぼんでいたり、舌に縦じわができていないか
 ・手の甲をつまんでみた時、2秒以内に皮膚が戻るか
 ・脇の下が乾燥していないか
気付いた時にいつでもチェックして、自分で自分を守っていただきたいと思います。
水、お茶、スポーツドリンク、牛乳など、喉が渇かなくても1時間に一度コップ1杯程度を飲んで、体内の水分量を維持し健康な毎日をお過ごしくださいね。


第1回 開講式・「春への誘いコンサート~心の癒しトーンチャイム」

令和元年5月10日(金)に令和元年度中山銀鈴倶楽部を開講しました。
今年度は男性24名、女性41名、計65名でのスタートです。
第1回目は音楽講師の平川敬子先生とトーンチャイム・リリーベルの皆さんに楽しいコンサートを開催していただきました。
トーンチャイムは一つ一つが違う音を持ち、楽譜に沿って順々に音を鳴らす楽器です。この日は受講生の皆さんも1人ずつ持たせていただき、実際に音を鳴らしてみました。
高い音は小さく軽いのですが、低い音はかなりの大きさです。大きい楽器を渡された受講生は両手でしっかり持って一所懸命振っていました。
一つの音だけでも難しいと感じたのですが、演奏するリリーベルの皆さんは一人でいくつもの音を担当します。リズム感と反射神経が問われる演奏は、スポーツに近いように感じました。
全身で音楽を表現するトーンチャイム。リリーベルでは現在メンバー募集中とのことです。この機会に「一音」から始めてみてはいかがでしょう。
今年度も様々な学びを通じて皆さんの心身の健康づくりのお手伝いをさせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
  • 仙台市協働ナビ「できるよ!仙台」
  • SENDAI 魅力ナビ(仙台市)
  • 仙台市図書館
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
中山市民センター
〒981-0952
仙台市青葉区中山3丁目13番1号
TEL: 022-279-9216
FAX: 022-719-2150
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.