メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

ー折立素敵物語ー平成28年の地図をもとに作業がスタートしました

2018年3月4日

ついに平成28年の地図をもとに地形模型が完成しました!

2018年3月4日

平成29年7月20日~平成30年3月16日 (全21回) 参加人数 294人
地図をもとに立体地形模型を作り地域の活性化に繋げようと立ち上がりました。
地域力創造支援事業ー折立素敵物語ー
昨年、昭和45年の地図で製作された立体地形模型と、今年度、平成28年の地図で製作された立体地形模型を並べ見比べると折立地域の変貌と時代の流れがよく見え、地域の発展とこれからの折立の未来を垣間見ることができます。成果発表会では、大勢の方が熱いまなざしで語り合っていました。これを機会に立体地形模型で繋がった地域の皆さんが、また新たな地域力を発揮し、新しい魅力を見出すきっかけに繋がり大きな広がりを見せてくれるのではないでしょうか。

8月8日14:00~16:00 製作スタート【作業説明】
昭和45年とは違って、平成28年の地図は等高線を引く作業が加わりました。実行委員のほとんどは、製作も兼ねています。
製作者募集においては、かねてから聞いていたので参加したい、自分の住んでいる所に興味がある、などで関わりたいと積極的に申し込まれた方もあり好調にスタートすることができました。まずは地図を見て等高線の引き方からです。しかし地図の見方からわからないので、まずは手振れせず線を引く練習からでした。

8月10日 14:00~16:00 
 【等高線引作業】
等高線と等高線の間にもう1本の等高線を書き足す作業です。これがまた、目が寄ってしまいそうな、手がつってしまいそうな作業です。ただひたすら、ずれていかないように線を引きます。無言の作業が続きました。

8月12日~9月15日 14:00~16:00 【等高線引き・切取り作業】 
ひたすら地図の上に等高線引きをする人と、切取りをする人とが分かれて黙々と根気のいる作業を続けます。そろそろ糊づけが始まり、パーツを間違えないよう気を配ります。夏休みは若い世代の中学生にも応援をいただきました。

10月11日・11月7日 14:00~16:00 【切取り・糊付け作業】
切取り作業では、いったん切りすぎると地図1枚をだめにしてしまう恐れがあるので皆真剣です。肩が凝り目がしょぼしょぼになるので途中で声をかけ水分補給をしてもらうなど気配りをします。糊付け作業は切り取られたパーツを事前に並べ確認をしてから糊をつけますが、どれも同じように見えてしまうのでパーツの後ろに番号をふり、指導者に貼る前に確認をしてもらいました。

11月17日・11月29日 14:00~16:00
【糊付け・作業終了】
ついに糊付け作業も終了し、あとは最後の仕上げを先生にしていただきお箱入りとなります。夏から秋・冬とかけて作業を続けられた皆さん大変お疲れ様でした。
その後、さらに仕上げていただき、私たちの前にもう一度戻ってきたときには、高速道路やバイパスが通って、はっきりわかるようになってきました。みんなで完成を喜び合いました。 しばらくの間眺めて、我が家探しで見つけた時は、さらに笑顔が増しました。

平成30年1月31日10:00~12:00 
実行委員・製作委員合同会議
【DVD編集について】
新年早々に集合し、年度初めの計画どおり DVD編集についての話し合いを進めました。「テーマ」を決め、地域ごとの情報収集と資料収集の役割決めの予定でしたが、テーマや構成をどのようにするかなどが具体的に決まらず、次回へ持ち越しになりました。ただ地域の資料や懐かしい写真などがあれば持ち寄ることとなりました。

2月9日~2月15日10:00~12:00 14:00~16:00
 【写真・資料収集】
地域ごとに集まった資料の仕分けをし、場所確認や内容確認をするが、やみくもに写真収集していたため統制がとれず、古い写真の裏に場所や年代・借用者の名前などを明記してもらうために再度集まってもらうなど、作業に手間取りました。おかげで、近所に声がけしてお借りして来たり、子どものアルバムを持参したりで、およそ500枚くらいの写真や資料を収集することができました。

2月20日~27日10:00~12:00 14:00~16:00
 【編集作業】
集まった写真や資料の中から、順番に取り入れる写真の取り込み作業や年代の確認作業などで追われました。なんだかんだと貴重なご意見をいただきながら進めましたが、大勢いてもまとまらないとのことで、この先は少数での作業となりました。また、画面の流れにそってバックの効果音楽(案)がいろいろ出ましたが、最終的に「折立小学校」「折立中学校」の校歌がいいのではと提案があり、早速両学校にお願いし快諾をいただきました。

3月1日 13:00~15:00
【DVD試写会】
なんとか「成果発表会」に間に合うか・・・実行委員の目で場所名や、年代の間違いがないかを画面で見てもらい感想を述べてもらいました。地域によっては資料が少ないところもあり、少ない指摘はあるもののそれは新しくできた団地なので、それ以前の資料を探し出すにはもう少し地域情報と情報収集の時間が足りなかったのではということになりました。しかし今後そのような情報や資料があればまた、このDVDに繋げていくことは可能なので、引き続き情報収集を続けていこうとの感想が出されました。

3月4日 13:30~15:00 
【成果発表会】
長い時間をかけて製作した立体地形模型と、地域を紹介するDVD「折立地域の今昔~未来~」が遂に完成。地域のみなさんは興味関心を示してくれるだろうか、何人でもいいから見学に来てほしい、と祈る気持ちで迎えた日。チラシ配布や口コミの効果があったのか大勢のみなさんにおいでいただきました。小学校、中学校の校長先生も出席していただき、また町内会長他地域の82名の皆さんに見ていただき製作者の喜びはひとしおでした。急ぎ足の製作・編集にもかかわらず何とか発表を迎えることができ、しかもその思いの感想まで発表することができたことは、今後の地域力に多いに影響を残してくれるのではと思います。。ただ予想以上の参加者に事務局側の不手際で資料が足りない、イスが足りないなどバタバタしてしまい反省しました。また、進行がうまく流れず、参加者が懐かし話に花が咲きはじめどこで声を遮るかが難しくなり前に進むことができず流れ解散になってしまいました。
中々ないこのチャンス。多くの感想や前向きなお話、情報を得るチャンスをのがしてしまい大変残念に思いました。しかし、わかったことは、この地域にこんなに熱い思いを抱いている方々がたくさんいらっしゃっるということで、次年度の地域力に多いに貢献でき、広報につながったのではないかと思います。

3月16日 14:00~16:00 【実行委員・製作委員反省会】
平成29年度 地域力創造支援事業ー折立素敵物語ーの成果発表会を終え、安堵したみなさんの笑顔の中から感想や反省を出し合いながら、お互いの労をねぎらいました。中でも発表会当日の大勢の参加者にはみな驚き、追加でお湯を沸かしたり、事務所まで資料の印刷に走ったりなど、あわてぶりの思い出話で笑いながらもみな達成感にあふれており、これまでの製作に関わったことで自慢ができた、ととても満足感にあふれていました。この事業が求めている地域活性に大いに役立ったのではないかと結ばれた。反省や意見の中から次への課題や展開が見え、次年度に繋がる方向付けができたのではないかと思いました。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市の公式サイトです。
  • 市民センターの施設利用について案内しています。
  • 市民センターなどの市民利用施設について、施設の空き情報の照会や使用の申込ができます。
  • 市民センターの講座・催しなど、仙台市の情報をメール配信するサービスです。
  • YouTube「仙台市市民センターチャンネル」市民センターの事業等に関わる動画を紹介しています。
  • 「仙台・宮城ミュージアムアライアンス」仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。
  • 仙台市図書館のサイトです。
  • 「サテライトキャンパス公開講座」在仙の大学が連携して市民向けの講座を開催しています。
  • 協働によるまちづくりのための支援制度・相談窓口や、活動事例を紹介しています。
  • 仙台市役所・区役所のさまざまな制度や手続きなどに関するお問い合わせにわかりやすくお答えします。
  • 生涯学習情報
  • PHOTOギャラリー
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/

※ QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

お問い合わせ
折立市民センター
〒982-0261
仙台市青葉区折立3丁目20番1号
TEL: 022-226-1226
FAX: 022-226-2660
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.