メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

平成28年度昔遊び伝承事業

2017年1月26日

平成28年度もわらすこさんパワー全開!

昔遊び伝承事業4年目の様子です

2017年1月26日

  • 終わった後、遊戯室でおいしいデザートをいただきました。

平成29年1月6日(金) 第2回わらすこまつり
昨年から交流している大沢地区のボランティアさんにも応援にきていただき、昔遊びボランティア「わらすこ」の皆さんが中心になって開催しました。
開会式に引き続き登場したちんどんやさんに、子どもたちはびっくり仰天!
バナナのたたき売り、南京玉すだれ、腹話術などのパフォーマンスを見せていただいたのち、保護者やボランティアさんも一緒になって、鳴り物をを鳴らして「わらすこまつり」の宣伝をしながらホールを練り歩きました。
そしていよいよお正月遊びの始まりです。
福笑い、こま回し、けん玉、お手玉、あやとりのコーナーがあり、それぞれのコーナーでボランティアさんに遊び方を教えていただきました。
小学3年生の男子児童は昨年よりずっとコマ回しが上手になっていて、「日頃の練習の賜物!」を胸を張っていました。
また、初めてあやとりに挑戦した女子児童が何度も練習してやっとできるようになるなど、今まで出来なかった遊びが出来るようになった!と喜ぶ姿がたくさん見られました。
いろいろな世代の人が集まり、普段なかなかできないお正月遊びを楽しむことができ、新年の幕開けにふさわしい素敵なおまつりになりました。

平成28年12月1日(木) 自主研修⑤
第2回わらすこまつりの担当コーナーを決め、おおよその流れを確認。
平成29年8月に行われる電力ビルのグリーンプラザの催しについてイベント会社の方から説明と参加依頼があり、「わらすこ」としての案を示しました。

平成28年11月16日(水) わらすこたいむ⑤
5~6人のグループに分かれて風船ランタンを作りました。
熱したロウに水の入った風船をつけて、少しずつ層を作ります。完全にさめないうちに風船を割って水を出し、底の部分を平らに均して完成です。
市販のティーキャンドルを中に入れて、子どもたちはいったんホールの外にでました。
真っ暗にしたホールには幻想的な灯りがハート形に輝いています。
再びホールに戻った子どもたちから歓声があがりました。
お土産に一人一つずつランタンを持ち帰りました。

平成28年11月10日(木) 自主研修④
次回のわらすこたいむで子どもたち全員に風船ランタンを持ち帰ってもらうため、人数分のランタンを用意しました。
人によって形がまちまちで、芸術的なランタンが多数できあがりました。

平成28年9月14日(水) わらすこたいむ④
広瀬川浄化センターの駐車場をお借りして、廃棄処分された自転車の車輪を使い、たが回しの要領で回す練習をしました。
なかなかコツを掴めず悪戦苦闘していた子どもたちも、諦めないで取り組んでいました。
最後は学年ごとにチームを作り、缶ぽっくり競争をしました。
念願だった「外遊び」ができて、わらすこさんたちも嬉しそうでした。

平成28年9月1日(木) 自主研修③
わらすこたいむ⑤でおこなう風船ランタンの試作をしました。
ロウソクは近隣の葬祭会館から譲り受け、児童館のクレヨンで色をつけました。
また、わらすこたいむ④で使う缶ぽっくりも作りました。

平成28年8月17日(水) わらすこたいむ③
夏休み中のため、冷房の効く和室を会場にし、1年生でも簡単にできるゲームとして、将棋積み、将棋崩し、将棋倒し、回り将棋に挑戦しました。
将棋崩しでは、思い切った技をくりだす子どもや、わざと負けてあげようとする子どもがいて、意外な一面を見ることができました。

平成28年7月16日(土) 折立児童館まつり
オリンピックにちなみ、「積みりんピック」と命名して空き缶積みコーナーを担当しました。
最初は5個積み上げてラムネを一つもらうことができ、2回目からは10個積んでラムネを一つもらっていました。
記録上位3人にはさらに児童館からプレゼントがありました。

平成28年7月7日(木) 自主研修②
児童館まつりでは前年度と同様に「空き缶み」をおこなうことに決定。
ルールの確認をし、わらすこたいむ③の内容を検討しました。
児童館から、夏休みの「アウトドアクッキング」の手伝いを依頼されました。

平成28年6月15日(水) わらすこたいむ②
「突き鉄砲」は、実際に遊び始めると新聞紙の玉よりもトイレットペーパーの玉のほうが詰めやすいことが分かり、すぐに修正しました。
しかし、詰める量が少ない、突くスピードが遅いなど、上手に飛ばせない児童が続出してしまいました。
始まる前の説明が十分でなかったと反省し、子どもたちにもあらためて失敗の理由を説明しました。

平成28年6月2日(木) 自主研修①
わらすこたいむ②で使用する「突き鉄砲」の材料を、センター敷地内の竹やぶから調達しました。
竹削り、長さ調節、テープ巻きなど分業し、一つ一つ必ず飛ばすことができるかどうか確認しました。
対になった「突き鉄砲」がバラバラにならないよう注意して保管しました。

平成28年5月18日(水) わらすこたいむ①
ボランティア「わらすこ」さんの自己紹介に続き、児童クラブの新1年生のために色々な遊びの紹介をしました。
早速コマ回し、けん玉、ぶんぶんごま、お手玉、あやとり、紙トンボ、メンコなどの遊びが始まり、「わらすこ」さんは子どもたちに引っ張りだこ!最後は紙飛行機と紙でっぽうをたくさん作り、広いホールでのびのびと遊びました。

平成28年5月12日(木) 開講式
11人の昔遊びボランティア「わらすこ」さん全員が集まり、28年度の講座が始まりました。
今年度は外遊びにも力を入れることを確認し、子どもたちの笑顔をたくさん見るために今年度も健康に気をつけて取り組もうと、気持ちを新たにしました。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市の公式サイトです。
  • 市民センターの施設利用について案内しています。
  • 市民センターなどの市民利用施設について、施設の空き情報の照会や使用の申込ができます。
  • 市民センターの講座・催しなど、仙台市の情報をメール配信するサービスです。
  • YouTube「仙台市市民センターチャンネル」市民センターの事業等に関わる動画を紹介しています。
  • 「仙台・宮城ミュージアムアライアンス」仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。
  • 仙台市図書館のサイトです。
  • 「サテライトキャンパス公開講座」在仙の大学が連携して市民向けの講座を開催しています。
  • 協働によるまちづくりのための支援制度・相談窓口や、活動事例を紹介しています。
  • 仙台市役所・区役所のさまざまな制度や手続きなどに関するお問い合わせにわかりやすくお答えします。
  • 生涯学習情報
  • PHOTOギャラリー
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/

※ QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

お問い合わせ
折立市民センター
〒982-0261
仙台市青葉区折立3丁目20番1号
TEL: 022-226-1226
FAX: 022-226-2660
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.