メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

平成29年度「親子たいけん隊➀」かんたん電子回路工作『イライラ棒ゲームを作ってみよう!』

2017年7月15日

親子で楽しく『イライラ棒ゲーム』を作りました!

2017年7月15日

 夏休み前の7月15日(土)9時30分から折立市民センター3階 会議室にて親子10組(24人)を対象とした「親子たいけん隊」全5回のうちの第1回目「イライラ棒ゲーム作り」を開催しました。
講師は愛子にある“仙台高等専門学校広瀬キャンパス”高田先生、岡先生、笈口先生の3人です。
材料もすべて用意していただき、あとは作るだけです。

 初めに仙台高等専門学校について、なかなか聞く機会のないお話に、参加した保護者たちは進路の参考になればと真剣に耳を傾けていました。
 その後、イライラ棒の仕組みをプロジェクターを使って説明していただき、ちょとした理科の授業を親子で体験しました。

 いよいよ『イライラ棒ゲーム作り』開始です。
最初は、コースとなる針金を自分で考えながらペンチを使って曲げていきます。
わからないところは先生に聞きながら、難しいねじ回しの部分などは保護者と一緒に一生懸命作っていました。

 みなさん黙々と作業中です。

 最後は、出来上がった『イライラ棒ゲーム』に挑戦です!
イライラ棒の輪をスタートからゴールまで針金に触れずに移動させます。途中でイライラ棒が針金に触れると「ピィ~」とブザーが鳴りLEDが光ります。

 出来上がった途端、あちらこちらでブザーが鳴り始め、歓声が上がりました。
みなさん、なかなか難しいコースを作ったようで音を鳴らさないよう悪戦苦闘していました。
終了後のアンケートからも「親子で楽しく体験できました。また、参加したいです!」「たのしかった。」「針金でコースを作るのがむずかしかったけれど楽しかったです。」「頭がよくなったように思いました。」などみなさん満足できた様子が伺えました。
出来上がったゲームは、みなさん大事に持ち帰っていきました。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市の公式サイトです。
  • 市民センターの施設利用について案内しています。
  • 市民センターなどの市民利用施設について、施設の空き情報の照会や使用の申込ができます。
  • 市民センターの講座・催しなど、仙台市の情報をメール配信するサービスです。
  • YouTube「仙台市市民センターチャンネル」市民センターの事業等に関わる動画を紹介しています。
  • 「仙台・宮城ミュージアムアライアンス」仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。
  • 仙台市図書館のサイトです。
  • 「サテライトキャンパス公開講座」在仙の大学が連携して市民向けの講座を開催しています。
  • 協働によるまちづくりのための支援制度・相談窓口や、活動事例を紹介しています。
  • 仙台市役所・区役所のさまざまな制度や手続きなどに関するお問い合わせにわかりやすくお答えします。
  • 生涯学習情報
  • PHOTOギャラリー
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/

※ QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

お問い合わせ
折立市民センター
〒982-0261
仙台市青葉区折立3丁目20番1号
TEL: 022-226-1226
FAX: 022-226-2660
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.