メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

平成30年度「わらすこたいむ」

2019年3月8日

平成30年度の『わらすこたいむ』終了しました。

2019年3月8日

  • 糸巻きを使って「缶カラ廻し」作り

わらすこたいむ【会議・研修⑧】日時:3月7日(木)10時から12時 場所:和室1
平成30年度最後の「わらすこたいむ」の会議・反省会を行いました。
今年度はわらすこたいむを6回、会議・研修を8回、毎年恒例“わらすこまつり”や「折立小学校昔遊び出前授業」のほか、児童館行事「児童館まつり」「アウトドアクッキング」「幼児クラブ」でのお手伝いなど今年度もいろいろと活躍したわらすこさんたちでした。

  • 凧あげの準備中

 わらすこさんたちからは「同じ遊びでも地域や年代によって内容が違うので、これからもみんなと話合って子どもたちに昔遊びを伝えたい。」「今年度は男の子が行う昔遊びが多かったので、次年度は“まりつき”や“ゴムとび”など、主に女の子が行っていた遊びを行いたい。」など早速次年度に向けた意欲的な意見が出されました。今年度も子どもたちを昔遊びなどで楽しませてくれたわらすこさんたちですが、次年度もどんな遊びで子どもたちを楽しませようかと、今からいろいろと考えているようです。

わらすこたいむ⑥
【身体を使ったあそび】
日時:2月13日(水)
15時00分から16時00分
場所:ホール(小学生43人)

 
今回は、わらすこさんが身体を使った遊びを子どもたちに教えてくれました。『王様ジャンケン』で遊びが始まり、その次は全員でホールを行進し、ホイッスルの後にわらすこさんが言った生き物の足の数だけ輪になってグループになり、そのグループで『なべなべ底抜け』を行いました。イカなどの足が多い生き物の時には、最後のひとりがなかなか集まらず、遠くにいる友だちを大声で呼び込む声がホールに響いていました。

 休憩の後は『伝言ゲーム』です。今回の『伝言ゲーム』は6グループに分かれ、わらすこさんが児童の背中に文章を書き、順番に最後の人まで背中に書いて伝えます。背中に文字を書かれてくすぐったがる児童やなかなかわからずヒントをもらう児童など、背中に書かれた文字を理解しようと必死でした。次にホール全体を使っての『後ろ向きリレー』や『ジャンケンリレー』で盛り上がり、『たぬきの歌』(童謡“春が来た”の歌詞のたを抜いて歌う)をみんなで歌って終了です。児童たちは、寒い冬に身体があたたかくなる遊びで楽しませてくれたわらすこさんたちと、最後はハイタッチをしてお別れしました。

わらすこたいむ【会議・研修⑦】日時:2月7日(木)10時から11時30分 場所:和室1
 次回の「わらすこたいむ⑥身体を使った遊び」の練習をしようと思ったのですが、担当者が休んだため練習ができず打ち合わせのみになりました。会議では、「以前に行った凧あげでは風が吹かず走ってあげたので、走らずに風を受けて凧をあげたい。」との意見から春休みに入った3月に再度、風の様子を見て行うことになりました。また、その後の話し合いでは、戦時中に空き缶を使って作った道具で遊んだ話や手遊びの時にうたった歌の話などで盛り上がりました。

 【折立小学校出前授業】
 1月18日(金)午前中、わらすこさん9人が折立小学校に出向いて昔あそびの授業を行ってきました。
対象は1年生2クラス63人、「けん玉」「缶こま」「あやとり」「お手玉」「だるまおとし」「紙飛行機」「ぶんぶんゴマ」といろいろな内容を体験してもらいました。

 わらすこさんが各クラスに分かれ、児童が数分単位で体験コーナーを回りました。
一年生の小さな手でも出来るようにと、わらすこさんたちがひとりひとりに根気よく丁寧に教えてくれたおかげで、みんな楽しく昔あそびを体験できたようです。
 この出前授業は毎年恒例となってきており、わらすこさんたちも地域の子どもたちと昔あそびを通して交流ができることを楽しみにしています。

【第4回わらすこまつり】
日時:1月8日(火)
  13時30分から16時 
場所:ホール
 今年で4回目を迎える「わらすこまつり」は、宮城、仙台で活躍している大道芸人「Sunny柴田」さんのパフォーマンスで始まりました。
子どもたちを巻き込んでの皿回しやシガーボックス、天井すれすれに投げたディアボロの妙技など次から次へと楽しいおしゃべりを交えてのパフォーマンスに、会場は子どもたちの笑い声でいっぱいになりました。

 オープニングパフォーマンスの後は、昔遊びボランティアグループ『わらすこ』さんたちによる正月遊びのコーナーです。こま、すごろく、けん玉、羽根つき、お手玉、的あて盛りだくさんの内容で子どもたちを楽しませてくれました。中には初めて触る羽子板と羽で友だち同士、上手に打ち合っている子どもの姿もありました。

 最後は全員参加の"割りばし鉄砲大会"です。的に当たった子には『わらすこ』さん手作りの「割りばし鉄砲」かまたは、竹でできた「ぶんぶんゴマ」が贈られました。その後は、「あま~いお汁粉」のデザートタイムです。遊び疲れた体には最高のご褒美です。
 今年の「わらすこまつり」も新春の楽しい思い出となりました。

わらすこたいむ【会議・研修⑥】日時:12月6日(木)10時から11時30分 場所:和室1
 「わらすこまつり」の内容と役割決めを行いました。参加者全員参加の割りばし鉄砲の試し打ちでは、「的が立派すぎてなかなか倒れないので微調整が必要だ。」「輪ゴムはひとり3本、太めの輪ゴムがよい。」などの確認を行いました。的を倒した子にはわらすこさん手作りの商品が贈られます。子どもたちに楽しんでもらうため、わらすこさんたちは一生懸命作業を進めています。

わらすこたいむ⑤
【ビニール凧あげ】
日時:11月7日(水)
14時00分から15時00分
場所:折立公園広場(小学生55人)

 
子どもたちとわらすこさんたちが、市民センターから一緒に歩いて折立公園に凧をあげに行きました。
使用する凧は、前回のわらすこたいむ会議・研修の際にわらすこさんが壊れていないかひとつひとつチェックし、壊れている箇所を丁寧に直してくれたビニールの凧です。

 わらすこさんいわく「本来の凧あげは、走らず上手に風をとらえ、ひもを徐々に長く延ばしていって高く上げるもの。」ということでしたが、当日はあいにくの曇り空で風もあまり吹きません。風が吹かないので凧を持ってじっと立っているわけにもいかず、みんな凧をあげるため、一生懸命広場内を走りました。
その甲斐あって、たくさんの凧が折立の空を舞いました。

わらすこたいむ【会議・研修⑤】日時:11月1日(木)10時から11時30分 場所:和室1
 
男性ボランティアは、次回(11月7日)の「わらすこたいむ~ビニール凧あげ~」で使用する凧の修理を行い、女性ボランティアは11月30日の「幼児クラブ」に参加する小さな子どもの手でも遊べる、お手玉に輪ゴムを付けた"お手玉ヨーヨー"作りを行いました。

わらすこたいむ④
【コマ、ビー玉、おはじき、メンコ】
日時:9月12日(水)
15時30分から16時30分
場所:ホール(小学生47人)
 
昔懐かしい遊びを室内で体験しました。『コマ回し』は今までの「わらすこたいむ」でも何度か行っているので、上手に回せる子どもも多くホールのあちらこちらでコマが勢いよく回転していました。なかには回っているコマをひもで引き上げ、手の平で回そうと挑戦している子どもたちもいました。『メンコ』は、風を起こしてメンコを返すのが難しかったようですが、慣れてくるとコツを掴み、返しやすい小さいメンコを狙い"パンッ!"と大きい音を立てながら上手に返していました。 

 『ビー玉』のコーナーでは、ほとんどの子どもたちがビー玉で遊ぶという経験がなかったので、遊びのルールからわらすこさんに教えてもらいました。ビー玉を"はじく"のが難しく、「狙った玉になかなか当たらない!」といいながら身体を上手に移動してねらいを定めていました。『おはじき』のコーナーでは、わらすこさんからおはじきを上手に"はじく"方法を教えてもらい、「ここは指が通りそう。」「あ~、さわった!」などと言いながら真剣に対戦していました。
 今回も子どもたちは、わらすこさんと一緒にそれぞれの遊びを目一杯楽しみました。

わらすこたいむ【会議・研修④】日時:9月6日(木)10時から11時30分 場所:和室1
 次回の『わらすこたいむ』で行う、コマ廻しやメンコ、おはじきなどの練習をしました。
コマ廻しは、毎年行っているので少し練習すれば簡単にできましたが、しばらくやったことがなかったメンコは意外に難しかったようで、何回試してみてもなかなかひっくり返らず手こずっていました。おはじきは、女性のわらすこさんが練習してみましたが、出身の地域によって若干ルールが違っていたようで、何度も話合いをしながらルールを統一しました。
 これで次回の『わらすこたいむ』でも、子どもたちにいろいろな遊びを楽しんでもらえることでしょう。

わらすこたいむ③
【水遊び】
日時:8月16日(木)
10時30分から11時30分
場所:市民センター駐車場
(小学生22人)
 竹の水鉄砲や紙パックを使った水車、市民センター敷地内で採取した笹を使った笹舟で遊びました。初めて作る笹舟もわらすこさんに教えてもらい、みんなで流すことができました。遊び終わった後には、大事そうに笹舟を持ち帰っていく児童の姿もありました。

 紙パックの水車や竹の水鉄砲もわらすこさんの手作りです。
当日、水鉄砲の数が参加する子どもたちに対して足りないと感じたわらすこさんたち。即座に竹を切って竹鉄砲作りです。
開始時間20分前に作り始め、あっという間に5本の竹鉄砲を作ってくれました。

  • 新聞紙を使って紙鉄砲作成中です。

わらすこたいむ②
【紙鉄砲と大玉ころがしリレー】
日時:7月11日(水)
15時30分から16時30分
場所:ホール(小学生50人)
 新聞紙1ページを使った紙鉄砲をわらすこさんに教えてもらいながら作りました。わらすこさんの手伝いもあって、あっという間に作りあげましたが、大きな音を出すのが難しかったようで、紙鉄砲を上手に開かせるのに苦労していました。紙鉄砲の後は、様々な大きさの中からグループ毎に選んだバランスボールを使い全員参加のリレーを行いました。ボールを操りながらホール内を全速力で走り、1位のチームにはみんなから拍手が送られました。

わらすこたいむ 
【会議・研修③】
 日時:7月5日(木)
10時から12時00分
場所:和室1
 次回のわらすこたいむで行う紙鉄砲をみんなで作ってみました。「新聞紙で作った紙鉄砲は2回ぐらい使うと破れてしまう。」「少し厚めのチラシは音が出る。」などいろいろ試してみてわかることがありました。その後には、第3回のわらすこたいむで行う水遊びの準備もしました。紙パックとストローを使った水車を作り、回るかどうか水道の水で試してみました。また笹を使って作った笹舟も早速センター敷地内の側溝で流してみました。どちらも大成功!子どもたちの笑顔が見られるようにと、わらすこさんたちはこれからも色々な遊びを考えています。

わらすこたいむ 【会議・研修②】
 日時:6月14日(木)10時から11時30分  場所:和室1
 
今回の会議は、“わらすこたいむ”の後半部分の内容を決めや第2回わらすこたいむ「紙鉄砲」「大玉ころがしリレー」の内容確認、児童館から手伝いを依頼されている「児童館まつり」での役割確認などを行いました。

わらすこたいむ①
【折り紙で凧作り】
日時:5月16日(水)
15時30分から16時30分
場所:ホール(小学生51人)
 今年度最初のわらすこたいむは、折り紙とストローを使った凧をわらすこさんに教えてもらいながらみんなで作りました。
 参加した1年生や2年生は、折り紙に糸を通したりストローを貼りつけたりする作業が難しかったようですが、わらすこさんに手伝ってもらいながら全員無事完成させました。作り終わった後はリレーです。わらすこさんの周りをまわって次の人にバトンタッチ、30度を超した蒸し暑い仙台の気温を忘れるくらい、ホールいっぱい凧揚げしながら走りました。

わらすこたいむ 
【会議・研修①】
 日時:5月10日(木)
10時から11時30分
場所:和室1
 今年度最初の"わらすこ"会議は、年間活動予定についての話し合いを行い、「第1回わらすこたいむ」は誰でも簡単にできる『折り紙で凧作り』をすることに決まりました。
 話し合いの後、早速折り紙で凧作りに取り掛かりました。昨年度の"わらすこたいむ"でも行っていたので、簡単に作れると思っていましたが、いざ作ってみると所々忘れている部分もあり、みんなで確認し合いながら子どもたちに教えられるよう試作品作りを行いました。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市の公式サイトです。
  • 市民センターの施設利用について案内しています。
  • 市民センターなどの市民利用施設について、施設の空き情報の照会や使用の申込ができます。
  • 市民センターの講座・催しなど、仙台市の情報をメール配信するサービスです。
  • YouTube「仙台市市民センターチャンネル」市民センターの事業等に関わる動画を紹介しています。
  • 「仙台・宮城ミュージアムアライアンス」仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。
  • 仙台市図書館のサイトです。
  • 「サテライトキャンパス公開講座」在仙の大学が連携して市民向けの講座を開催しています。
  • 協働によるまちづくりのための支援制度・相談窓口や、活動事例を紹介しています。
  • 仙台市役所・区役所のさまざまな制度や手続きなどに関するお問い合わせにわかりやすくお答えします。
  • 生涯学習情報
  • PHOTOギャラリー
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/

※ QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

お問い合わせ
折立市民センター
〒982-0261
仙台市青葉区折立3丁目20番1号
TEL: 022-226-1226
FAX: 022-226-2660
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.