メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

平成28年度 大沢農学校

2016年11月27日

受講生全員写真

平成28年度 大沢農学校 レポート

2016年11月26日

第15回        11月26日
閉講式・まとめ・振り返り

4月から始まった講座も、最終回を迎えました。
閉講式では、皆勤賞の受講生を表彰☆彡皆勤賞ではなくとも、皆さんとても高い出席率で参加いただきました。
最終回でしたが、終わっていなかった天地返しも行いました。晴天に恵まれ、冬空の下、汗をかきながら土の掘り返しを行いました。
後半は、収穫した野菜を使ったお料理を食べながら、全員で今年の講座を振り返りました。
学ぶことが多く、また来年も受講したい!という声も多数聞かれました。
講座回数15回、自主活動8回。炎天下での作業も多く、体力のいる講座ですが、熱心な講師と受講生のおかげでとても充実した内容となりました。ありがとうございました。

第14回          11月12日
講話:畑は疲れる!(地力は減少する)
実技:天地返し

今回は、来年に向けて畑の天地返しをする予定でしたが、前日に降った雨の影響で土が重い!
この状態での実施は無理とのことで、天地返しは来週の自主活動と、最終回で行うことになりました。
畑では、秋に植えた野菜が大きく成長。天地返しに向けて、収穫できるものは今回収穫することにしました。
サニーレタス・二十日大根・青菜・雪白体菜・長ネギ・チンゲンサイ・春菊・北京紅丸大根・水菜と、多種多様!
大収穫となりました♪
阿部講師の下、有機農法を始めて5年。確実に畑の土がよくなりました。土作りの大切さを、今回も講話と実技で教えていただきました。
 

第13回          10月29日
収穫祭

今年の収穫祭のメニューは、
豚汁・ずんだもち&しょうがもち・かぼちゃサラダ・さつまいもと栗のきんとん・おひたし・二十日大根のサラダ と盛りだくさん!
全員で手分けして調理しました。
1週間前の自主活動で収穫した里芋が、大!大収穫!でしたので、豚汁にはおいしい里芋がたっぷり♪
調理には大沢児童館の児童も参加し、ずんだもちの枝豆をつぶしたりしました。初めての経験にみんな興味深々。最後まで頑張ってお手伝いしてくれました。
でき上がった料理はどれもおいしく、全員で畑のめぐみを味わいました。

第12回            10月1日
講話:秋野菜の防寒対策
実技:トンネルはり・土寄せ・マルチング

久しぶりの晴天の中、第12回が実施されました。
実技では、秋野菜の手入れと枝豆の収穫を行いました。
前回までに植え付けをした秋野菜のうち、大根や水菜が生育不良・・・。講師からの指導で、再度種を植え直しました。順調に成長している野菜には、追肥と土寄せを実施。土寄せの大切さを教えていただきました。
児童館のサツマイモ畑の隙間に植えていた枝豆は収穫の時期。みんなで豆をもぎ取りました。収穫した豆は大きなバケツに山盛り!次回の収穫祭で使用するため、塩もみをして冷凍保存しました。
次回は予定を変更して「収穫祭」。大沢児童館の子どもと一緒に、調理実習をします。目玉は・・・ずんだもち!どんな収穫祭になるでしょうか。

第11回          9月17日
講話:石灰質肥料・石灰で病害予防
実技:石灰の使用法

今回の講話では、講師から追加資料で「作付け計画の重要性」について説明がありました。いつまでも野菜を畑に残して、次の種まきの適期を逃してはいけない、とのこと。農学校の畑でも、今年は夏野菜の付きがとてもよかったため、ナスやシシトウを倒すのを躊躇していました。
講義を受けての畑での実技。やっぱり倒すのは惜しいという声もありましたが、受講生同士話合い、倒して次の野菜を植えることにしました。
畝が4つ空いたので、残りの講座の期間内に収穫できそうな野菜を植え付けました。
また、同じく講話で説明のあった石灰について、キャベツの虫よけやサトイモの肥料として施しました。


第10回            9月3日
講話:野菜・食材の成分と効用
実技:各野菜管理・種まき

今年は天候が不安定な日が多く、なかなか秋野菜を植える準備ができずにいました。
今回はその分を取り戻すべく、一気に作業を進めました。
夏野菜を倒し、グリーンカーテンを外し、畝を作って種植え!暑さの中で非常に過酷な実技となりましたが、受講生全員で頑張った甲斐あり、見事ノルマ達成となりました。ご苦労様でした。
今年は発泡スチロールの箱をプランターに仕立て、プランター栽培もすることに。畑を持っていない受講生も、自宅で作る参考になります。


第9回           8月20日
講話:たい肥の作り方・ぼかし肥の利用法
実技:各野菜管理

本日は朝から雨が降ったりやんだり、忙しい天気。
雨の合間に畑へ出たはずが途中で大降りとなり、慌てて撤収となりました。
それでも収穫は盛りだくさん!
受講生全員が楽しみにしていたスイカも収穫しました♪(ネットのおかげでハクビシンの被害には遭いませんでした)
中玉を7個収穫。早速切って食べてみると、甘くてみずみずしい!
とってもおいしいスイカでした。
今回やるはずだったキュウリを倒してハクサイを植える作業は、来週の自主活動へ持ち越しです。

第8回           8月6日
講話:ハクサイなど秋野菜の品種選び・マルチの選び方
実技:各野菜管理・サツマイモつる返し

梅雨も明け、うだるような暑さですが欠席者ゼロ!うれしい限りです。
暑さに負けず、収穫や除草など、各野菜を管理。大沢児童館の「こども農園」で育てているサツマイモのつるがかなり成長していたため、つるがえしのお手伝いも行ないました。
講師の指導でつるを一本ずつ残して整理。ジャングルのようになっていた畑がすっきりとなりました。
成長が心配されていたスイカも、気温の上昇と共にどんどん実が付きました。最近、市民センター近辺でハクビシンの被害が聞かれており、農学校の畑でもキュウリが数本食べられました。
せっかくのスイカが被害にあったら困る!ということで、念入りにネットをかけました。

  • 児童館の子どもと一緒に収穫
  • 収穫した野菜です

第7回             7月23日
講話:秋野菜・ぼかし肥
実技:ニンジン間引き・追肥

今回の実技は、収穫盛りだくさん!
じゃがいも・トウモロコシ・キュウリ・トマト・ナス・シシトウ・ズッキーニ・シソ・オクラにゴーヤも。
これまで暑い中、頑張ってきた甲斐がありました(涙)
じゃがいも掘りには、大沢児童館の子ども達も参加。「ここにもあった!」と一生懸命拾ってくれました。
トウモロコシを倒した畝には、キャベツと芽キャベツ、そしてコンパニオンプランツとしてレタスを植え付け。
梅雨もまだ明けていませんが、大沢の畑は徐々に秋へと向かっています。

  • 雨の中の収穫
  • しそ巻き作りをしました

第6回               7月9日
講話:除草対策・中耕・有機農法の定義
実技:各野菜の管理作業・調理実習

朝から雨が降り続き、今シーズン初めて雨の講座となりました。
収穫を待ちわびている野菜があるため、受講生が雨の中カッパを着て収穫を行ないました。
それ以上の作業はできないため、急遽、収穫したシソの葉を使って「しそ巻き作り」をすることに!
職員の主導で味噌を作り、受講生全員で巻き巻き。買って食べることはあっても作ったことはない、という声が多く、皆興味深々で作業しました。
揚げたてのしそ巻きはとてもおいしく、急ごしらえではありましたが、楽しい講座となりました。

  • ナスの仕立て方を教わっています
  • 収穫した野菜です

第5回              6月25日
講話:梅雨時の畑の管理・病害虫対策・栽培のローテーション(輪作)
実技:畑の除草・追肥・間引き

前日まで降っていた雨もやみ、無事畑での実技も実施できました。
前回の講座から3週間。間に自主活動を挟んで畑の管理をしてきました。
残念ながら自主活動に参加できていなかった受講生は、野菜の成長度合いにびっくり!
トマトもキュウリもトウモロコシも、とにかく成長しています。
講師から枝の仕立て方を丁寧に教わりながら、ナスやズッキーニを収穫。カブは大収穫となりました。
講師曰く、年々畑の土も良くなっているとのこと。これからの成長と収穫が楽しみです。

  • グリーンカーテン用のネットを設置中
  • 追肥しています

第4回              6月4日
講話:肥料の種類と使い方
実技:芽かき・追肥など各野菜の栽培管理

前回からの2週間、気温が安定せず強風もありましたが、畑の野菜はほぼ順調に成長しています。
今回は二手に分かれ、和室前にネットを張るチームと、畑で芽かきや追肥をするチームで作業しました。
グリーンカーテン用のネットが無事設置されたので、あとはゴーヤとインゲンのつるが伸びるのを待つばかりです。
畑では、芽かきや追肥、ニンジンの種まきをしました。
室内での講義では、受講生からどんどん質問が出ます。皆さんとても一生懸命です。

  • トウモロコシの土寄せ
  • スイカ苗の植え付け

第3回              5月21日
講話 野菜の原産地と品種・連作障害
実技 カボチャなど植え付け・追肥・芽かき


前回植え付けをした種や苗は順調に成長中⤴トウモロコシの成長には受講生も驚きでした。
ただ一つ残念なことに、インゲンの発芽した子葉が鳥に全部食べられてしまいました。。。鳥よけをしておけばよかったと反省。再度植え直しをします。
それぞれに鶏糞を追肥し、土寄せをしました。
カボチャを植えるフェンス付近がものすごい雑草だったため、受講生全員で除草!無事きれいな畑に変身しました。
最後にスイカの苗を植え付け。新聞紙でマルチングするという講師のエコな技に、受講生も感心していました。
初夏にして、大沢市民センターの天水桶は早くも枯渇!雨が待ち遠しいです。

  • タイトル:

第2回               5月7日
講話:有機無農薬栽培・有機農法の定義
実技:トマト・ナス・キュウリなど苗の植え付け

第2回は苗の植え付けを行いました。
他の野菜との相性が悪いジャガイモの隣にはネギを。その隣にトウモロコシ、キュウリ、ナス、トマト、里芋、シシトウ。
里芋の畝間にはカブを植え、狭い畑を有効活用します。
講師の提案により、コンパニオンプランツで病害虫予防。ナスやトマトの株間に、ネギの苗を植えました。これで病害虫が減るか!?結果が楽しみです。
終了時間が迫る中、和室前にグリーンカーテンも!農学校2年目のリーダー達が鮮やかな
手つきで雑草を刈り取り、あっという間にゴーヤとインゲンの植え付けを完了してくれました。頼りになります。

  • 畑に堆肥と石灰を混ぜ込みます

第1回                4月23日
今年度も「大沢農学校」が開講しました。
地域講師 阿部晨先生のご指導の下、1年間活動していきます。
第1回は土作り・畝作り。15回の講座の中、最も大変な回となります。
今年度は、前年度から引き続き参加していただいている受講生もいるので、各グループのリーダーとしてチームを引っ張ってくれています♪初めて畑作業をする受講生にとっては、心強い存在です。
1年間、全員で協力しながら頑張りましょう!

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市の公式サイトです。
  • 市民センターの施設利用について案内しています。
  • 市民センターなどの市民利用施設について、施設の空き情報の照会や使用の申込ができます。
  • 市民センターの講座・催しなど、仙台市の情報をメール配信するサービスです。
  • YouTube「仙台市市民センターチャンネル」市民センターの事業等に関わる動画を紹介しています。
  • 「仙台・宮城ミュージアムアライアンス」仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。
  • 仙台市図書館のサイトです。
  • 「サテライトキャンパス公開講座」在仙の大学が連携して市民向けの講座を開催しています。
  • 協働によるまちづくりのための支援制度・相談窓口や、活動事例を紹介しています。
  • 「SENDAI 魅力ナビ」観光や文化振興など、仙台の魅力について案内しています。
  • 生涯学習情報
  • PHOTOギャラリー
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/

※ QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

お問い合わせ
大沢市民センター
〒989-3212
仙台市青葉区芋沢字要害65
TEL: 022-394-6891
FAX: 022-394-6439
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.