メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

令和元年度 三本松老壮大学

  • REPORT
  • 講座レポート掲載

2020年3月25日

令和元年度 三本松老壮大学 講座レポート

2020年2月6日

三本松老壮大学⑨2月5日(水)
「高齢者にもできる有酸素運動~スローエアロビック~」
講師:フィットネスインストラクター 引地 博美 氏
寒さが身に染み、心身ともに縮こまってしまうようなこの時期、暖房が効いた体育館で「少し息が上がるくらいの軽い運動=スローエアロビック」に挑戦しました。イスに座り、まず右手は太ももをグーでとんとんたたき、左手はパーですりすりさする動きを行い、「スパイスアップ!」の掛け声で右左逆の動きをする頭の体操からスタート!途中で混乱してもそれは脳の活性化が期待できるとのこと、皆さん真剣です。

少し身体がほぐれてきたら、いよいよスローエアロビックの始まりです。全身を使って「グーパー」と腕を動かし、慣れてきたら音楽に合わせてステップを踏みながら大きく動きます。肩のこりをほぐし、左右にツイストしたりして筋肉と脳のコミュニケーションを図りました。広々とした体育館で円陣を組むように集合したり、様々な動きを行った後、「サザエさん」の曲に合わせて軽快に踊りました。

最後はイスに座ってクールダウン。両手でタオルを持ちゆっくりと頭の上に上げるおなじみのポーズです。ゆっくりとしたヨガのポーズで息を整え、講座は終了しました。
引地先生のはつらつとした動きや声に、皆さん元気をもらいすがすがしい気分で帰路につかれました。これで少し寒さが和らいたかも・・・。

三本松老壮大学⑧1月8日(水)
「新春の舞と健康日本舞踊体操」
講師:花柳流日本舞踊師範 花柳 寿美衡 氏
新年1回目の講座は、新春の舞 義太夫「猩々(しょうじょう)」からスタートしました。
繁栄を願う祝いの舞でとても華やかです。

新春の舞ご披露後、日本舞踊と歴史、伝統芸能から学ぶことなど詳しくお話いただきました。
花柳先生のソフトで分かりやすい語り口に受講生の皆さんはどんどん引き込まれ、熱心に聞き入っていました。

講話の後は、全員で日本舞踊体操を体験しました。
複式呼吸で腹筋強化、ヤットン拍子で認知症予防など、日本舞踊の所作を取り入れながら、音楽に合わせて動きます。
受講生の皆さんは耳慣れた曲に合わせ、先生の動きを一生懸命まねして楽しそうに踊っていました。
新年の幕開けにふさわしい華やかで充実した講座となりました。

三本松老壮大学⑦12月11日(水)
「ギターコンサート~懐かしい曲を楽しみましょう!」
演奏:ギターアンサンブル ライラ の皆さん
師走に入り、何かと気ぜわしい日々を送る受講生もいらっしゃるこの時期、クラシックギターの演奏で心安らぐひとときを過ごしました。

「オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ」の軽快なリズムで始まり、「夢一夜」「恋は水色」「童謡メドレー」「この広い野原いっぱい」などの耳慣れた懐かしい曲の演奏に、受講生の皆さんは熱心に聴き入っていました。1曲ごとに演奏者の方から解説をしていただき、曲目の背景にまで思いを馳せることができたようです。
最後にアンコール曲「瀬戸の花嫁」で全員合唱を行い、すっきりとした気持ちで令和元年の老壮大学締めくくりとなりました。

 三本松老壮大学⑥11月13日(水)
【仙台市介護予防月間共催イベント】
「認知症予防~コミュニケーション麻雀~」
講師:仙台市社会福祉協議会 職員
三本松老壮大学後期の1回目は、体育館にて認知症予防に効果のあるコミュニケーション麻雀を行いました。
仙台市青葉区社会福祉協議会の講師の皆さん(5人)ご指導の下、8人ずつ5つのクループに分かれ2人一組で相談しながらゲームを楽しみました。


 受講生の皆さんはたわし大の大きな麻雀牌に驚きながらも、ペアを組んだ方とコミュニケーションを取りながら、ルールに従ってゲームに夢中になっていました。
難しいと感じていた方もだんだん慣れて、終了時間が早すぎるという感想も出ました。
体育館の広々としたスペースで和気あいあいと時間を過ごし、気分転換と脳の活性化にも繫がったのではないでしょうか。

三本松老壮大学⑤10月9日(水)
館外学習
「仙台藩祖 伊達政宗公霊屋『瑞鳳殿』見学」
今年の館外学習は、運営委員さんのご提案で「瑞鳳殿」見学となりました。
「瑞鳳殿」観覧券売り場に集合し受付をした後、売店内2階で発掘時のVTRを鑑賞しました。
政宗公の頭蓋骨などリアルな映像が映され、皆さん興味津々のご様子でした。

VTR鑑賞後、24人の受講生は2つのグループに分かれて見学を開始。
「瑞鳳殿ガイドの会」黒田さんと佐藤さんの詳しいお話を伺いながら、「瑞鳳殿」・「感仙殿(二代目藩主 伊達忠宗公の霊屋)」・「善応殿(三代目藩主 伊達綱宗公の霊屋)」を巡りました。

 快晴の空の下、瑞鳳殿前で全員で記念撮影をおこないました。
皆さん、晴れ晴れとしたとても良い表情で写っています。
写真を撮ってくださった黒田さんの「皆さん一緒に"ずんだもち~~~”が功を奏したようです。

三本松老壮大学④9月11日(水)
講話と実技
「抽象画への第一歩~〇□△の簡単貼り絵?!」
講師:東北生活文化大学 美術学部 美術表現学科
                教授 三上 秀夫 氏
8月のお休みを経て、2ケ月ぶりの老壮大学です。
今回は芸術の秋を迎えるにあたり、抽象画の基本を学び、簡単な工作(貼り絵)に挑戦しました。

はじめに映像で抽象画とはどのようなものかを詳しくご説明いただいた後、貼り絵の実技を行いました。
先生が準備した様々な大きさの〇□△の色画用紙と一本の長くて太い線を、白い画用紙上に自由に配置し、のりで貼っていきます。真剣に考えながら、あるいは楽し気に・・・十人十色の方法で作品を完成させました。出来上がった作品は10月12日の市民センターまつりで展示します。個々の作品の黒い線を繋げるように掲示するという画期的な展示になる予定です!

 三本松老壮大学③7月10日(水)
講話と実技
「さあ、歌いましょう!~青春プレイバック~」
講師:星 久美子 氏
第3回三本松老壮大学は公開講座として開催し、一般の方8人にご参加いただき、総勢46人での青春プレイバックです。星先生ご指導の下、ストレッチで身体をほぐし、懐かしい歌の数々に挑戦しました。

 今回の講座では昭和40年代の曲目が多く、皆さん当時を思い出し懐かしみながら歌っていました。
星先生から、それぞれの曲の裏話もたっぷりお聞かせいただき、驚きあり笑いありのあっという間の1時間半。
大きな声で歌を歌い、心が晴れ晴れとし、ストレス解消の一助ともなったようです。

三本松老壮大学②6月12日(水)
講話と実践
「楽しい川柳~川柳の魅力と楽しみ方~」
講師:川柳宮城野社 仁多見 千絵 氏
第2回三本松老壮大学には40人ほどが参加し、川柳の始まりから種類、書き方・作り方などについて学習しました。仁多見先生のわかりやすく興味深いお話に、受講生の皆さんはメモを取りながら真剣に聞き入っていました。


一通りご説明いただいた後、お題「雨」または「笑う」について、五七五の規則を意識しながら、全員で川柳に挑戦!
腕に覚えのある方は短時間で2種出来上がり、先生のアドバイスを受けることができました。
三本松市民センターでは9月に開催予定の「図書まつり」で川柳を募集しています。
老壮大学受講生の皆さんの投句が増えることでしょう。

三本松老壮大学①5月8日(水)
開講式記念講話
「発酵って何だろう?~発酵の不思議と魅力~」
講師:宮城大学 食産業学部 フードビジネス学科
教授 金内  誠 氏

平成31年度三本松老壮大学開講式は、好天に恵まれ、約50人の受講生が参加しました。
男女比が2:3という男性の参加率の高い老壮大学です。

身近な「発酵食品」米麹・甘酒・味噌の歴史や栄養面からの詳しいお話に、受講生の皆さんはメモをとりながら熱心に聞き入っていました。
お話の合間には、金内先生からご提供いただいた甘酒の試飲や、金内先生の研究室で開発している「豆乳チーズ」の試食もありました。
金内先生のユーモア溢れる巧妙な語り口も相まって、楽しく充実した老壮大学のスタートとなりました。。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市の公式サイトです。
  • 市民センターの施設利用について案内しています。
  • 市民センターなどの市民利用施設について、施設の空き情報の照会や使用の申込ができます。
  • 市民センターの講座・催しなど、仙台市の情報をメール配信するサービスです。
  • YouTube「仙台市市民センターチャンネル」市民センターの事業等に関わる動画を紹介しています。
  • 「仙台・宮城ミュージアムアライアンス」仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。
  • 仙台市図書館のサイトです。
  • 「サテライトキャンパス公開講座」在仙の大学が連携して市民向けの講座を開催しています。
  • 協働によるまちづくりのための支援制度・相談窓口や、活動事例を紹介しています。
  • 「SENDAI 魅力ナビ」観光や文化振興など、仙台の魅力について案内しています。
  • 生涯学習情報
  • PHOTOギャラリー
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
三本松市民センター
〒981-0912
仙台市青葉区堤町3-23-1
TEL: 022-274-3955
FAX: 022-234-5355
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.