メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

令和元年度 吉成チャイルドスクール

  • REPORT
  • 講座レポート掲載

2019年7月31日

、

吉成チャイルドスクール①を開催いたしました

2019年7月31日

 7月26日「吉成チャイルドスクール①」を開催いたしました。
会場は仙台青陵中等教育学校 理科実験室。
講師は仙台青陵中等教育学校 科学部の皆さんです。

小学生25名が『でんきのしくみをしろう!』と『摩擦のふしぎ~ホバークラフトを作ろう!』の2つのテーマを学びました。

 科学部の皆さんは、わかりやすい資料を作ったり、工作の材料をそろえたり、また、時間内で講座が進むように説明の練習をするなど、この日のために多くの時間を費やして準備してくださいました。
   当日も、部員の皆さんがそれぞれ昇降口での案内や受付などを担当してくれました。

 「でんきのしくみをしろう!」では、すべてのものが原子からできていることや自由電子が動くことで電気が生まれることを学びました。
科学部のみなさんに手助けしてもらう部分もありましたが、ひとりずつ圧電素子とビー玉を使った発電機を作りました。
上下にふることで発電し、先端に付いているLEDが光ります。

  後半は、摩擦(まさつ)について学びました。
摩擦とは、物がこすれることではたらく、動かないようにする力です。
ホバークラフトの仕組みも教わり、段ボール、ビニール袋、おもりなどでダンボールホバークラフトを作りました。
作ったホバークラフトを持って中央廊下に移動し、グループ毎に対照実験を行いました。
小さいおもりをうしろにつけて、平らなところをすべらせた時がいちばんすすむ、ということがわかりました。

 最後に、参加してくれた児童と見学の保護者の方から、わかりやすく教えてくれた科学部のみなさんに、感謝の意味を込めて大きな拍手が贈られました。

仙台青陵中等教育学校 科学部の皆さん、顧問の星山先生、また、開催にあたりまして多大なご協力を頂きました学校の皆さんに心より感謝申しあげます。

【受講生のアンケートより】
・最初はむずかしそうだなと思ったけれど、くわしく教えてもらったので分かった
・ふっただけで電気がついておもしろかった
・まさつのふしぎをしれてよかったです

お問い合わせ


ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
  • 仙台市協働ナビ「できるよ!仙台」
  • SENDAI 魅力ナビ(仙台市)
  • 仙台市図書館
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
吉成市民センター
〒989-3201
仙台市青葉区国見ケ丘2丁目2番地の1
TEL: 022-279-2033
FAX: 022-279-9431
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.