メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

H28「 一人ひとりにやさしい防災の輪」講座レポートです

2017年3月1日

H28「一人ひとりにやさしい防災の輪」講座レポートです。

2017年2月28日

第6回 幸町市民センター・幸町児童館共催「ぼうさいすごろくであそぼう!」講座実施・反省会

日時:平成29年2月18日(土)12:30~16:00

場所:幸町市民センター 和室1 

参加人数:14名・スタッフ参加人数:6名

12:30~13:45 スタッフが集まり、会場設営。最終打合せを行いました。
13:45~14:00 受付開始です。小学1年生から3年生まで、男の子が8名、女の子が6名が、名札とビブスを受け取りました。
14:00~14:50 まずはゲームの説明をみんなで聞きました。いよいよゲーム開始。青色と黄色チームに分かれ、クイズに答えながらゴールを目指します。
Q:「災害に備えて、いつもそばに用意しておくと良い履物はなんでしょう?」→A:①くつした②スリッパ→チームのメンバーで考えて答えます。→【正解は②】
正解したチームには、得点1(キャラクターのぼうたくんシール1枚)がもらえます。最初にゴールしたのは、青チーム!1位は得点3。
 後半は、「バケツリレーゲーム」にチャレンジしました。空き缶を水に見立てて、7人で手渡ししていきます。早くこぼさないでたくさん運ぶには、どうしたらいいか、皆で考えながらのレースです。なんと結果は、青チームと黄色チームは同点。両方に得点5が入りました。
14:50~15:00 ゲーム終了です。成績発表。青14点、黄9点で、青チームの優勝です。館長から、賞状をもらい、感想を一人ひとり発表しました。「勝ったので良かったです」「バケツリレーはおもしろかったです」「またやりたいです」「負けたのでくやしいです」等。最後に防災リーダーの方から、「小学生の皆さんが一生懸命に取り組んでくれて本当に良かったです。今日のクイズ内容を家の人にも教えてあげてください」というお話を聞いて閉会しました。
15:00~16:00 後片付けの後、スタッフによる反省会を行いました。
《スタッフの感想》
防災訓練や防災すごろくゲームをやってみて、少しでも多くの人に防災について関心をもってもらえたのではないか。この活動を継続したい。/防災すごろくに参加した小学生は真剣に取り組んでくれたので驚いた。小さいうちから遊びながらでも防災について学べるのはいいことだと思う。/小学生に説明する時、どう話したら分かってもらえるのか、難しいなあと思った。
 

 

 

第5回 幸町市民センター・幸町児童館共催「ぼうさいすごろくであそぼう!」講座企画会

日時:平成29年1月5日(金)15:30~16:30

場所:幸町市民センター 会議室1 

参加人数:4

 

 「一人ひとりにやさしい防災の輪」第2弾は、幸町児童館との共催で「ぼうさいすごろくであそぼう!」講座を行うことになりました。新年早々開催に向けての企画会を行いました。

「防災すごろく」は、チームのメンバーの1人がコマとなり、防災クイズやゲームに挑戦し、チーム対抗でゴールを競う公益財団法人仙台ひと・まち交流財団のオリジナルゲームです。子どもから大人まで一緒に楽しみながら防災知識を身につけ、地域の防災意識の向上につなげることを目的としてます。
 平成27年度に枡江小学校6年生を対象に実施した経験を活かし、今回は児童館に来ている小学生低学年が対象です。次のように決まりました。
①広報:2月号センターだより・児童館だより・チラシ
②タイムスケジュール・スタッフの役割分担
③低学年対応:問題は分かりやすく、回答は2択式。サイコロをふる係とコマになる係は低学年。クイズに答える係は高学年。問題と答えは、防災リーダーの2人が担当する。
④会場レイアウト
⑤参加した子どもたちに賞状を渡す。
⑥お家の人に見てもらう「防災・減災パンフレット」を配る。
⑦次回は、2月18日(土)12:30 和室1に集合して準備と最終打合せをする。

4回 「枡江学区町内会連合会合同防災訓練」実施・反省会

日時:平成28910日(土)9:0012:30

場所:枡江小学校・枡江コミュニティセンター・幸町市民センター 

参加人数:5

 

 いよいよ訓練開始です。幸町市民センターを会場にした補助避難所開設訓練について報告いたします。避難者は町内会と幸町児童館児童クラブ合わせて31名です。仙台市水道局職員5名、仙台市指定動員1名、消防署・消防分団員4名、市民センター職員5名を加えると50名近い規模での訓練となりました。国家公務員宿舎自治会長と東北大学宿舎自治会長が運営委員となり、訓練が行われました。訓練内容については、PDFをご覧ください。

 《アンケ—トより》

「幸町市民センターの駐車場には非常時用貯水槽設備があり、水が汲めることがわかった」「倉庫の中にいろいろなものが備蓄されているのに驚いた」「発電機の使い方・AEDを実際にやってみて良かった」「防災リーダーのクイズで、水の深さが30㎝になると人は歩けなくなるというのを初めて知った。知らなかったら大変なことになる」他 

3回 「枡江学区町内会連合会合同防災訓練」打合せ会参加

日時:平成28825日(木)18:3020:00

場所:幸町市民センター 和室1

参加人数:3

 

訓練前の最終打合せ会は、1回目の打合せ会メンバーの他に地域の民生委員・児童委員、消防署員、消防分団員も参加して23名で行われました。広報や参加人数等の経過報告を全体で行い、枡江小・枡江コミセン・幸町市民センターの会場ごとに集まって、最終確認が行われました。「防災の輪」のメンバーも枡江小学校に3名、枡江コミセンに1名、幸町市民センターに1名と別れて活動することになりました。毎年会長が代わるという町内会の方や町内会の高齢者に詳しい民生委員・児童委員の方とも情報を共有しながら訓練に臨むことができました。後は当日の参加人数が気になるところです。

2回 「枡江学区町内会連合会合同防災訓練」に向けて

日時:平成28811日(木)10:00~11:30

場所:幸町市民センター 会議室

参加人数:3

 

 89日の打合せ会の決定を受けて、「防災の輪」のメンバーが集まって、幸町市民センターを会場にした補助避難所開設訓練の内容とタイムテーブルを話し合いました。

 参加対象は5つの町内会とし、仙台市宮城野消防署鶴谷出張所、仙台市宮城野消防団幸町分団、仙台市水道局、仙台市職員(指定動員)、地域防災リーダーの協力をお願いすることになりました。ポイントは、『地域住民による補助避難所運営』です。メンバーは、住民が主体となるよう役割分担を考えました。当日の流れは次のとおりです。

900訓練地震発生避難点呼・防災無線設定交信・避難者名簿作成補助避難所運営委員長あいさつ給水訓練防災資機材倉庫の物資点検・閲覧発電機実動訓練救命救急講習(AED防災リーダーのお話アルファー米受取・アンケート記入講評終了1130

 

1回 「枡江学区町内会連合会合同防災訓練」打合せ会参加

日時:平成2889日(火)18:3020:00

場所:幸町市民センター 和室1

参加人数:2名 

 

「一人ひとりにやさしい防災の輪」講座は、平成24年度市民企画「3.11から学ぶこと」から立ち上がった5名のメンバーに平成27年度に1名が加わって、6人でスタートしました。元消防団員、婦人防災クラブ員、防災リーダー(2名)、震災を語り継ぐフェイスブックを書いている人、料理が得意な主婦で構成されています(男性1名・女性5名)。枡江学区町内会連合会合同防災訓練と防災学習会の企画実施をとおして、地域の防災力の向上を目指していきます。
 平成28年度最初の活動は、枡江学区の町内会長はじめ小学校長、仙台市の担当者、コミュニティセンター職員の方々12名による会議への参加です。連合会長からは、「20数年前から実施している防災訓練のおかげで、3.11東日本大震災の避難所運営がスムーズでした。平成27年度は、枡江小学校指定避難所、コミセンと市民センターの補助避難所開設を同時に行う訓練をしました。最近では、大雨・土砂災害へも関心が高まっています。高齢化等地域課題も考慮して平成28年度の訓練内容を話し合いましょう。」という挨拶がありました。それを受けて積極的な意見交換が行われ、今年度は、大雨の際の垂直避難や防災リーダーからの話を加えた訓練をすることになりました。

Get Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている Adobe Acrobat Reader DC が必要です。
お持ちでない方は、左のバナーのリンク先からダウンロードしてください。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市の公式サイトです。
  • 市民センターの施設利用について案内しています。
  • 市民センターなどの市民利用施設について、施設の空き情報の照会や使用の申込ができます。
  • 市民センターの講座・催しなど、仙台市の情報をメール配信するサービスです。
  • YouTube「仙台市市民センターチャンネル」市民センターの事業等に関わる動画を紹介しています。
  • 「仙台・宮城ミュージアムアライアンス」仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。
  • 仙台市図書館のサイトです。
  • 「サテライトキャンパス公開講座」在仙の大学が連携して市民向けの講座を開催しています。
  • 協働によるまちづくりのための支援制度・相談窓口や、活動事例を紹介しています。
  • 「SENDAI 魅力ナビ」観光や文化振興など、仙台の魅力について案内しています。
  • 生涯学習情報
  • PHOTOギャラリー
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
幸町市民センター
〒983-0836
仙台市宮城野区幸町3丁目13番13号
TEL: 022-291-8651
FAX: 022-291-8561
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.