メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

平成29年度 高砂市民センター 考えませんか「指定避難所運営」

2018年3月4日

「指定避難所」女性の視点で考えます。

考えませんか「指定避難所」講座レポート掲載

2018年3月4日

  • 防災のひろば

1回「せんだい防災ひろば(イベント参加)」ブース来場者500名

共  催:中野ふるさと学校 協力:仙台市立高砂中学校)
開催日時:平成29827(日曜日) 1000分~1500        

会 場:仙台市勾当台公園

内 容:仙台市宮城野区沿岸微意における防災・減災について 

   ・取組発表 中野ふるさと学校の活動について

   ・展 示 沿岸部高砂中学校 防災学習について

   ・日和山ジオラマ展示を通しての被災状況について解説

<来場者の声より>

・仙台に住んでいますが、沿岸部ではないのでなかなか身近ではない意識でいました。

・アウトレットや水族館等行く機会もあるので、避難など知る機会があってよかったです。

・多くの市民の方に、仙台市宮城野区沿岸部被災地の今や取組について知っていただくことができました。

 〇宮城野区沿岸部には大型の施設が様々あり、訪れた際の「いざという時の対応について」考えて頂ける機会となりました。

  

  • 第2回 高砂市民センター避難所運営訓練

第2回 中学生と避難所運営訓練
(連携:仙台市立高砂中学校・共催高砂市民センター避難所運営委員会)

参加者:98

日 時:平成29115(日曜日)1000分~1200  

会 場:高砂市民センター体育館

内 容:指定避難所にある災害用簡易トイレを中学生と一緒に組み立てました。

地域の方々と「避難所について避難者が知っていてほしい事」についても学び、いざというときの為に、中学生とともに地域の皆さんが、避難所について考える機会となりました。

 防災訓練と備えの必要性を地域の方が認識し、より地域防災訓練の重要性を認識して頂けることができました。 

  • 第3回 新米ママの避難術

3回 新米ママの避難術 参加者22

(共催:高砂児童館)

日時  平成30年2月2日(金曜日)

    午前10:30から11:30

講師  総務省消防庁防災アドバイザー

    吉田亮一さん

内容 東日本大震災では、救援物資が足りない、泣き声に気を使う、寒い、暑い、避難所での乳幼児連れ生活の厳しさは大変でした。震災の経験を踏まえた赤ちゃん連れの避難の仕方、避難所での生活を乗り切る為に知ってほしいこと等を学びました。 
    ◎震災の経験を踏まえた赤ちゃん連れの避難の仕方、

    ◎避難所での生活を乗り切る為に知ってほしいこと

 場所:高砂児童館 遊戯室

  震災後に親になった方々は、災害を経験しているものの、乳幼児を連れての避難について改めて考える機会がもて、災害時のしっかりした備えを学ぶ良い機会となりました。児童館との共催で、地域の乳幼児を待つ親子に声掛けしていただくなど、より対象者に沿った講座がおこなうことができました。乳幼児を連れての避難という設定でしたので、同室講義形式をとりました。保護者の皆さんは、とても熱心に抗議を受けていらっしゃいました。いざという時は、自ら声を上げ、環境を作る大切さを実感しておられました。 

 4回女性の視点で避難所運営を考える 参加者22名
(協力 高砂地区婦人防火クラブ・宮城野消防署高砂分署)

平成30年2月16日()   1030分~1130

会場:高砂市民センター会議室

講師 SONE仙台防災研究所 古橋信彦氏

・3.11避難所運営その実情と運営について

・実際に運営に携わる者の行動

・ワークショップ新防災ゲーム

 「活動班(K)イメージ(I)トレーニング(T)

 

宮城野消防署高砂分署・高砂地区婦人防火クラブとの協力により地域全体形の参加があり、積極的な意見交換ができました。KITゲームを行った「避難所開設準備活動」の開設準備のイメージについては、全員がイメージでき、感想などから、この体験を生かし、備えや避難所運営に対す意識化高まる良い機会となりました。

(受講生から)

・初めての参加で、とても必要性を感じました。

・「傍観者でいられない」と皆様も意識を持つことができると思います。

・自分がどのように活動【行動】をしなければいけないのかわかりました。

・遠慮せず女性の意見を伝えることが大事。

・より具体的に考えさせる内容であり、大変有意義でした。

・防災を改めて考える機会となりました。自分でできる事を考え、そなえます。

・防災意識を高めることができた。町内の女性の皆さんにも、今日のような講座を受けられたらいいなあと、思いました。

お問い合わせ

高砂市民センターまでお問い合わせください。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市の公式サイトです。
  • 市民センターの施設利用について案内しています。
  • 市民センターなどの市民利用施設について、施設の空き情報の照会や使用の申込ができます。
  • 市民センターの講座・催しなど、仙台市の情報をメール配信するサービスです。
  • YouTube「仙台市市民センターチャンネル」市民センターの事業等に関わる動画を紹介しています。
  • 「仙台・宮城ミュージアムアライアンス」仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。
  • 仙台市図書館のサイトです。
  • 「サテライトキャンパス公開講座」在仙の大学が連携して市民向けの講座を開催しています。
  • 協働によるまちづくりのための支援制度・相談窓口や、活動事例を紹介しています。
  • 「SENDAI 魅力ナビ」観光や文化振興など、仙台の魅力について案内しています。
  • 生涯学習情報
  • PHOTOギャラリー
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
高砂市民センター
〒983-0014
仙台市宮城野区高砂1丁目24番地の9
TEL: 022-258-1010
FAX: 022-259-7577
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.