メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

君もプチレスキュー クロスロードゲーム

2018年9月28日

生徒と地域住民が一緒にクロスロードゲーム

2018年9月28日

2018年9月28日(金)に開催されました防災講座「君もプチレスキュー」をご報告いたします。

「君もプチレスキュー」は、鶴ケ谷市民センターと西山中学校で共催にて、第一学年生徒を対象に行われます。中学生がいつか来るだろう震災の際に、地域の一員として避難所運営の際に役立てるよう、講義や体験を通して学ぶ講座です。

 去る613日に、生徒を地区ごとに集めて地区生徒会があり、地域のみなさんと顔合わせ、意見交換会がありました。これをさらに推進させて、地域のみなさんと『クロスロードゲーム』に参加し、生徒たちの地域に対する思いと「自己有用感」を絡ませて、『地域に役立ちたい』との思いを育みます。

講師は、SONAE防災研究所の庄子健一氏 古澤良一氏のお二人です。

東日本大震災の際は、幼稚園世代の生徒たちに、映像で震災の様子を振り返ります。さらに熊本の震災に生かされたのかなど、様々な視点から見せていただきました。

 

クロスロードゲームが始まりました。講師から出された課題に対して「YES」か「NO」で答えたあと、どう考えての判断なのかをグループ内で共有し合います。

答えた理由をお互いに聴いて、否定ではなく尊重し合う。避難所での少数意見を大切にすること、立場や置かれた状況によって意見がちがうことを想定しての話合いがベースになっています。

中学生達は、次の震災の際に自らどう考えどう行動すべきかの参考になっていたようです。参加した地域のみなさんからは、避難場運営のヒントを持って帰っていただけた様子でした。


参加した中学生の感想を記します(抜粋)。

・自分は顔見知りだけど、周囲の人たちと協力していきたいです。

・もしもの時など、必ずしも大人の人が周囲にいるとは限らない。今回の学びを生かして、自分達だけで判断して対応することを生かしたい。

・地域の人たちと協力して訓練したり、実際に来た時に支えあったりして、どんな時でも協力していきたいと思いました。

・地域の役に立ちたいと思ったので、ボランティアとかに積極的に取り組みたいと思いました。

・今日、講座を受けて、私も人の役に立ちたいと思ったし、説教的に防災訓練に参加したい。

・自分たちの身を自分たちで守れるよう、地域の人たちと関係を築き、自分の出来ることをして、協力できるよう考える貴重な機会になりました。


ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市の公式サイトです。
  • 市民センターの施設利用について案内しています。
  • 市民センターなどの市民利用施設について、施設の空き情報の照会や使用の申込ができます。
  • 市民センターの講座・催しなど、仙台市の情報をメール配信するサービスです。
  • YouTube「仙台市市民センターチャンネル」市民センターの事業等に関わる動画を紹介しています。
  • 「仙台・宮城ミュージアムアライアンス」仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。
  • 仙台市図書館のサイトです。
  • 「サテライトキャンパス公開講座」在仙の大学が連携して市民向けの講座を開催しています。
  • 協働によるまちづくりのための支援制度・相談窓口や、活動事例を紹介しています。
  • 「SENDAI 魅力ナビ」観光や文化振興など、仙台の魅力について案内しています。
  • 生涯学習情報
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
鶴ケ谷市民センター
〒983-0824
仙台市宮城野区鶴ケ谷2丁目1番7号
TEL: 022-251-1562
FAX: 022-251-1564
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.