メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

鶴ケ谷キッズステーション 第四回 ラクロスを体験しよう

2018年12月8日

鶴ケ谷キッズステーション ラクロスを体験しよう

2018年12月8日

 鶴ケ谷キッズステーションは子どもたちにわくわく感で学ぶ楽しさと、学び終えた時の達成感や交流する楽しさを伝えるべく開催しています。第3回目は、「ラクロスをたいけんしよう」です。ヨーロッパでは歴史ある競技ですが、日本ではまだまだなじみのないスポーツです。仙台でもたまに、街中でラクロスのラケットを担いでいるお兄さんお姉さんを見かける程度です。

仙台にある4つの大学の学生たちが、ラクロスをもっと多くの人に知ってもらおうと「ラクロス普及部」を結成して、活動していると聞きました。

最初に道具の説明です。特徴ある形のラケット、ボールを受けるのも、拾うのも、そして投げるのも、この一本のラケットで行います。ラケットになれるべく講師と子供達でキャッチボールがはじまりました。

慣れたところで、試合形式で対戦です。今日は、ボールが相手のキーパーに届いたら一点となります。練習してきた「受ける」「拾う」「投げる」が試されます。ただボールにくっ付いていくだけでなく、チームとしてオフェンスやディフェンスも考えながら得点を目指します。ラケットの降り方をとらえた子ども達が活躍していました。

参加した子ども達の感想です。

・(ちゃんとなげるには)まっすぐに(ラケットを)振ることと分かりました

・ラクロスはむずかしいと分かった

・すっごくたのしかった。またやりたい。

今日体験してみていろいろなことがまなべました。ルールがわかりやすかったです

きょうりょくしたほうがよいと分かりました

どうゆうふうにやるのかとかよくわかりました

・さいしょはわからなかったけどやってみたらたのしかった

 参加者全員が初めての体験にもかかわらず、楽しく、更に得点もしっかりと取れるくらいに習得した子ども達もいて活気あふれる一時でした。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市の公式サイトです。
  • 市民センターの施設利用について案内しています。
  • 市民センターなどの市民利用施設について、施設の空き情報の照会や使用の申込ができます。
  • 市民センターの講座・催しなど、仙台市の情報をメール配信するサービスです。
  • YouTube「仙台市市民センターチャンネル」市民センターの事業等に関わる動画を紹介しています。
  • 「仙台・宮城ミュージアムアライアンス」仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。
  • 仙台市図書館のサイトです。
  • 「サテライトキャンパス公開講座」在仙の大学が連携して市民向けの講座を開催しています。
  • 協働によるまちづくりのための支援制度・相談窓口や、活動事例を紹介しています。
  • 「SENDAI 魅力ナビ」観光や文化振興など、仙台の魅力について案内しています。
  • 生涯学習情報
  • PHOTOギャラリー
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
鶴ケ谷市民センター
〒983-0824
仙台市宮城野区鶴ケ谷2丁目1番7号
TEL: 022-251-1562
FAX: 022-251-1564
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.