メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

鶴ケ谷キッズステーション 第三回 カルメ焼きを科学しよう

2018年12月22日

おたまの中で起こる化学変化を観察します

鶴ヶ谷キッスステーション カルメ焼きを科学しよう

2018年12月22日

鶴ケ谷キッズステーションは子どもたちにわくわく感で学ぶ楽しさと、学び終えた時の達成感や交流する楽しさを伝えるべく開催しています。第4回目は、「カルメ焼きを科学しよう」です。まつりの縁日でもほとんど見かけなくなったカルメ焼き、出来上がるには化学変化の力を利用しているとのこと。本日は、科学体験教室として、カルメ焼きが出来る時の不思議を学んで、科学のおもしろさを体験します。講師はこどもの科学研究会の皆さんです。22名の小学生が応募・参加下さいました。

カルメ焼きを作るには、重曹の化学変化の時に作られる、二酸化炭素の力を利用することをわかりやすく教えていただきました。お風呂で使う入浴剤から二酸化炭素が発生してふくらむ様子から、化学変化でまぜたものが変化して別なモノが出来ることを知りました。そして、毎日の生活の中でも化学変化を利用して生活が便利になっていることも教えていただきました。

実際に、カルメ焼きを作りながら、おたまの中で起こっている化学変化の様子を観察します。ザラメ砂糖が溶けていく様子を観察、温度によっておたまの中が、変わっていく様子を観察します。おたまと温度計を交互に観察します。もこもこと膨れた時の参加者の笑顔が印象的ですね。

 今度は、参加者たちが自分の手で作りながら、五感をフルに使って、カルメ焼きの化学変化で膨れる様子を観察します。つくる人、それをサポートする役目等みんなで分担して観察します。作っている時の表情は膨らますんだと真剣です。膨らむと笑顔に。
 回作って、みんなで振り返りをした後、色付きザラメ砂糖でも挑戦、ふくらませるカギは?「125度で火からおろすこと!」と「重曹玉をしっかりと混ぜること!」と答えてくれました。

参加者の感想から…

・カルメやきがはじめてだからたのしかったです

・はじめてだけどきれいにできてよかったです

・温度によってあわの出かたがちがう。良くふくらむにはぐつぐつしている間に手早くませることが大事

・やいたらこんなにふくらむなんてしらなかった。ありがとうございました。

・(ちゃんとできるには)よくまぜる、はやくまぜる

・やきすぎたところは(できたあとおたまからはずすとき)むずかしかったけど、たのしかったです。ありがとうございました

・色つきはむずかしかった。また来年もやってほしい

 

講師の皆さんからは、「将来、この子どもたちの中から、日本のものづくりを担うに人が出てくれたらと願っています」とお聞きしました。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市の公式サイトです。
  • 市民センターの施設利用について案内しています。
  • 市民センターなどの市民利用施設について、施設の空き情報の照会や使用の申込ができます。
  • 市民センターの講座・催しなど、仙台市の情報をメール配信するサービスです。
  • YouTube「仙台市市民センターチャンネル」市民センターの事業等に関わる動画を紹介しています。
  • 「仙台・宮城ミュージアムアライアンス」仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。
  • 仙台市図書館のサイトです。
  • 「サテライトキャンパス公開講座」在仙の大学が連携して市民向けの講座を開催しています。
  • 協働によるまちづくりのための支援制度・相談窓口や、活動事例を紹介しています。
  • 「SENDAI 魅力ナビ」観光や文化振興など、仙台の魅力について案内しています。
  • 生涯学習情報
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
鶴ケ谷市民センター
〒983-0824
仙台市宮城野区鶴ケ谷2丁目1番7号
TEL: 022-251-1562
FAX: 022-251-1564
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.