メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

鶴ケ谷キッズステーション 第五回 植物の科学 飛ぶ種の秘密

2019年2月23日

鶴ケ谷キッズステーション

2019年2月23日

 鶴ケ谷キッズステーションは子どもたちにわくわく感で学ぶ楽しさと、学び終えた時の達成感や交流する楽しさを伝えるべく開催しています。第5回目は、「植物の科学 飛ぶ種の秘密」です。ひょうたん沼とその周辺でもたくさんの植物が実や種を作り、次の世代へ命を引き継ごうとしています。ひょうたん沼の周りを歩くと、今の季節でも桐の木に種の詰まった実がついています。少しずつ割れて、そこに風が当たるたびに、細かな種が空を舞って次の世代にいのちを繋ぐいとなみを見せてくれています。そんな様々な植物それぞれの工夫に目を向けるひと時です。

 講師は、秋のひょうたん沼を舞台にしたオリエンテーリングでお世話になった、子どもの科学研究会の皆さんです。事前にひょうたん沼で、いくつかの種を採集し今日に備えて下さいました。

 松ぼっくりに種が隠れているのを知っていますか?と、質問があり、そのあと実際に松ぼっくりから種をピンセントで抜き出してみました。その種を放り投げて飛ばすことも。松の種がくるくると翼で回りながら飛んでいるのを実際に観ることが出来ました。同じように飛ぶ種で、カエデやツクバネの種も飛ばしてみることが出来ました。

 次に、落下傘のようにふわふわと風にそよぎながら飛んでゆく綿毛をもつタンポポやアザミ、スズカケの種を飛ばして、ルーペでどこに種がどのようについているのかを観察しました。綿毛のつき方や種の大きさも様々で、「綿毛が枝分かれしている」「種がゴミみたい」等の声が聞こえてきました。

 次はひらひらと舞い落ちるタイプの種です。ムクゲやユリそして、ひょうたん沼でも存在感のあるキリの種です。大きさはそれぞれですが、風に乗って遠くまでは運ばれてゆく種です。キリの種をルーペで観た時は、種の周りの部分が穂衣のように光に微妙に屈折してきれいに見えていました。「うぉ~きれい」と思わず声を上げていた参加者もいまいた。日本では採集できませんが、飛行機のような翼を持った「アルソミトラ」の種を飛ばし、その種に真似て工作を体験しました。

 最後は、飛んでゆくというよりも、人や動物にくっついて種を運んでもらう種として、オナモミやアメリカゼンダン草、ヌスビトハギを実際に触りました。服にくっつけてみて、ルーペでなぜくっつくのかを観て解きます。「針がカギバリになっている」「針が細くてささるみたい」との声が聞こえてきました。
振り返りの時に、植物がそれぞれの方法で、種を飛ばして次の世代へ命を繋いでいることを確認できました。種ができる意味を理解できて、満足の様子でした。おみやげに色々な種を貰って喜んでいました。


 子どもたちの感想から(抜粋)・・・
・いっぱいたねがあったから(さわって)たのしかった
・ふしぎなことやおもしろいことがあってたのしかったです
・(たねにも)いろいろなかたちがあることがわかった
・さいごにとぶことが分かった
・ひっつき虫がおもしろかった
・いろいろみたことのないたねが見れてよかった
・プロペラ型、パラシュート型、ひらひら型、ひこうき型、色々な種があることが分かりました
・つばさ型やパラシュート型などたくさんのたねがあることがわかった
・種にはいろいろな種類があり、プロペラ型やパラシュート型、ひらひら型、ひっつき虫があることが分かった
・プロペラ型は飛ばすと回っておちてくる
・先生が最後に話してくれた、命をつないでいくことがわかりました

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市の公式サイトです。
  • 市民センターの施設利用について案内しています。
  • 市民センターなどの市民利用施設について、施設の空き情報の照会や使用の申込ができます。
  • 市民センターの講座・催しなど、仙台市の情報をメール配信するサービスです。
  • YouTube「仙台市市民センターチャンネル」市民センターの事業等に関わる動画を紹介しています。
  • 「仙台・宮城ミュージアムアライアンス」仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。
  • 仙台市図書館のサイトです。
  • 「サテライトキャンパス公開講座」在仙の大学が連携して市民向けの講座を開催しています。
  • 協働によるまちづくりのための支援制度・相談窓口や、活動事例を紹介しています。
  • 「SENDAI 魅力ナビ」観光や文化振興など、仙台の魅力について案内しています。
  • 生涯学習情報
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
鶴ケ谷市民センター
〒983-0824
仙台市宮城野区鶴ケ谷2丁目1番7号
TEL: 022-251-1562
FAX: 022-251-1564
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.