メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

H27 子育て支援講座「みんなの部屋やまだ」

2016年3月29日

「みんなの部屋やまだ」 OPEN!

2016年3月29日

第16回【3月16日(水)10:30~】 
     茶話会
〜一年間を振り返って〜
今年度最後の「みんなの部屋やまだ」の開催です。
スライドを見ながら、一年間を振り返ってみました。ヨチヨチ歩きだったKくんは、今では走り回り、一人っ子だったAくんは、お兄ちゃんになり少し大人びて、玉子焼き大好きなOくんは、4月から幼稚園へ。不安がちに参加していたママ達も、ママ友ができ会話も弾んでいます。
スライドを見た後は、お茶を飲みながら一年間の進歩と成長を参加の皆様と喜び合いました。
「せっかく顔なじみ、お友達になれたのにここでお別れは寂しいね。」との提案に「そうだね、また会いたいね。」と参加の皆様。「では、サークルを立ち上げ続けていきませんか?」の呼びかけに賛同いただき、サークル立ち上げに向け歩みだすことになりました。
今年度、16回開催した「みんなの部屋やまだ」には、63人の方にご参加いただきました。ありがとうございました。
次年度も、子育て支援をモットーに、「みんなの部屋やまだ」を開催いたします。一人でも多くの子育て中の方、子育て支援中の方のご参加をお待ちしております。    


 

 

第15回【3月2日(水)10:30~】

    情報交換会
〜どうしてる?2歳児の子育て Part2〜

本日の講座は、1月20日の講座後の「時間がたりなかった。」「もっと話したい!」の要望にお応えし情報交換の時間を多く設けて「太白区育児サークル応援隊たい子さん」と共催で開催しました。
「♪ ひ〜らいた、ひ〜らいた、な〜んの花がひ〜らいた ♪」の歌に合わせ、お子さんと一緒に丸くなって自己紹介から始まりました。
その後、3〜4人のグループに分かれ日頃悩んでいること、困っていること等を話し、6人のファシリテーターの方々からは自らの体験談、アドバイスをいただきました。
「前回より“じっくり”お話できる時間があり、聞いてみたいことを聞くことができとても参考になり良かった。」「ざっくばらんに子育ての話ができ、何かモヤモヤしていたものが軽くなった気がします。また参加したいと思います。」など参加者からは前向きの感想が寄せられました。
話すは、離す、放すに通じ心が軽くなる、と聞いたことがありますが、正しくその通りでした。今後も、このような場を提供していきたいと思います。

第14回【2月17日(水)10:30~】

 防災講座
〜自宅の危険度をチェックしよう〜

太白区家庭健康課が乳幼児のいる家族を対象にした防災リーフレット「おやこでチャレンジ!防災術」を発行しました。今回は、その中から「自宅の危険度をチェックしよう」をもとに家庭健康課の三浦さんにお話をしていただきました。
リーフレットに自宅の間取り図・家具のレイアウトを記入し、参加者同士で危険個所を確認し合いました。その後、転倒防止・破損防止のポイントをお話していただきました。「間取り図を描いてみて、危ない所がわかった。家具の配置を見直したい。」「意識づけが出来た。備蓄や非常持ち出し袋の中身など定期的に見直したい。」受講生の感想です。 
東日本大震災からまもなく5年。諺に『災害は忘れたころにやってくる』とあります。あの時の想いを忘れることなく、危機感を持ち、より一層の備えを心がけていきたいと思います。

第13回【1月20日(水)10:30~】

 講話&グループワーク
〜どうしてる? 2歳児の子育て~

降り積もった雪で足下の悪い中、12組の親子さんが集ってきました。吐く息も白く、寒い朝となりましたが、「お友達に会うのを楽しみに来ました!」と元気なママさんの声。嬉しい事です。
本日の講座は、宮城教育大学 教育学部 准教授 越中康治先生による講話とグループワークです。
グループワークでは、『子育ての困ったことはなあに?どのように関わっているの?』というテーマで、ママさん達の今の思いをお話して頂きました。
講師からは、「愛着・自主性・遊びが大切である。親が子どもと遊びを楽しむこと。」と、暖かいエールを頂きました。
ママさん達からは、「皆さん、同じことに悩み頑張っている。子どもと一緒に楽しんで子育てしていこう。」「たくさんのママたちの体験を聞くことが出来て、心のもやもやが少し減りました。先生のお話もとてもためになりました。」と感想を頂きました。また、「時間が足りなかった。」「もっと話したかった。」という感想もありました。今後の時間配分の参考にしたいと思います。
わが子が乳幼児だった頃、「子どもは国の宝だ。」と言われたことがあります。未来を担う子供たちを育てている方々へ、支援の思いを緩めず、寄り添っていきたいと思います。

第12回【12月16日(水)11:00~】

 3B体操
〜寒さに負けず みんなで体操1・2・3~

12月にしては、暖かな日となった本日、元気よく親子さん達が集まってきました。
「お久しぶり〜。♥♥ちゃん元気でしたか?」「この間、◆◆で見かけたよ。」顔なじみになったママさん同士の会話も弾みます。
本日は3B体操です。講師は、(公社)日本3B体操協会公認指導士 熊坂良枝先生と藤澤宏美先生です。クリスマスカラーで身を包み、ハツラツと指導してくださいました。
はじめは、ママとお子さんが一緒の体操、続いてママの運動不足解消の体操。ベル、ベルターを使用し時々ハードに、そして楽しく体を動かしました。
「子どもとは、本やおもちゃで遊ぶことがほとんどでした。抱っこしながらダンスをして、親子で遊べ楽しめました。」「かなり汗をかき、心と体と共にスッキリしました。」「月1回でも続けて開催してほしい!」と意欲的な声を聴かせて頂きました。
回を重ねるごとに、ママ同士もうち解けてきて和やかな一コマとなりました。

第11回【11月18日(水)11:00~】

 ハンドマッサージ体験会 
 ~気持ちイイ!を共に~

  今にも雨が降り出しそうな 曇り空の中、元気な笑顔で親子さんが集まってきました。
本日は「はぁとの会」の皆様による3回目の体験会です。受講生は、7人のボランティアさんからハンドマッサージとタッピングタッチを施術して頂きました。の〜んびりと施術を受け、身体も心もあたたまり、笑顔あふれるひとときでした。
「はぁとの会」の皆様は、ボランティアグループとして活動を始めてから間もないそうですが、積極的に施術をし、受講生との会話もはずんでいました。
「とても癒され、寝てしまいそうでした。」「託児付で、ママメインの講座は少ないので、本当にうれしいです。」「自分がリラックスする時間が、ほとんど無い毎日なので、とっても贅沢なマッサージタイムでした。」
受講のママ達は、優しく穏やかな笑顔になりました。

ママが嬉しい時、ぼくも嬉しいな~



 第10回【10月7日(水)10:30~】
 講話 「誕生学」
 ~生まれてきてくれてありがとう~

さわやかな秋風がたくさんの親子さんを誘ってきてくれました。17組の参加です。
本日は齋藤香菜子先生を講師にお迎えして、誕生学の講話です。
誕生学 ~自分が生まれた時に自分自身が発揮した生命力を優しく正しくロマンチックに、パネルや人形・映像を用いてわかりやすく解説します。自分が持ついのちの力を知ることで「生まれてきてよかった。」「自分ってスゴイ!」と子供たち自身が心を動かし、自尊感情を育む機会にします。~ 講師の言葉です。
「いのちの始まりは、こーんなに小さかったんだよー」と優しい語りかけで始まりました。小学校四年生向けの誕生学を映像等を用いてお話ししてくださいました。
「子供が生まれた日のことを思い出し、泣きそうになりました。」「”生まれてくるってスゴイ!”と子供自身が思える子育てをしたいです。」受講生の感想です。
いのちの大切さ、生まれてくることの素晴らしさをかみしめ暖かな笑顔で帰路についたと思います。

第9回【9月16日(水)11:00~】
おはなし会
~わらべ歌・かみ芝居・手遊び 楽しいな!~

前回参加の方が、お友達を連れてきてワイワイ楽しいおはなし会になりました。今回の講師も第2回5月20日開催のお話会と同様、おはなしサークル「あめんぼの会」の皆さんです。はじまりのうた「はじまるよ」でスタートし、絵本、わらべ歌、パネルシアターとバラエティあふれるプログラムでした。なかでもパネルシアター「ふしぎなポケット」では、次々と出てくるビスケットに子ども達はくぎ付けとなりました。
「ベテランの方々の、ゆったりとした読み聞かせに和みました。」「子どもが興味を引くような工夫が感じられ子どもも座ってお話を聞いていました。」「手遊び、わらべ歌、よく知らないので、新しく覚える事が出来ました。楽しかったです。」などと嬉しい感想でした。
わらべ歌「おやゆび山のぼって」の中で「紅指し」という歌詞がありました。今日では、薬指で紅を指すこともなくなりましたが、わらべ歌によって情景や風習やその時の心を知ることができます。今後も、美しい日本語で歌い継がれてきたわらべ歌にふれてほしいと思います。

第8回【9月2日(水)11:00~】
おもちゃを作ろう

~世界にたった一つだけの宝物~

小雨降る悪天候にもかかわらず、元気に8組の親子さんに参加頂きました。講師は、地域の齋藤陽子先生と田中八生先生です。先生方に下準備をして頂き、4種類のおもちゃを作りました。紙コップとストローで作った「ケロケロかえる」はストローを引くごとにケロケロ泣き、子ども達の興味を引きました。「手作りおもちゃ、ぬくもりたっぷりで嬉しいです。子どもと一緒にコミュニケーションをとりながら作ることができ、良かったです。」と、寄せられた感想にほっこりと暖かくなりました。手作りおもちゃは宝物になったでしょうか。

左から けん玉 マラカス むくむくおばけ ケロケロかえるです


第7回【8月5日(水)11:00~】
3B体操
!ボール・ベル・ベルターを使って
身体を動かそう!

猛暑の中での講座でしたが、夏休みということで小学生・幼稚園児の参加があり、にぎやかな時間となりました。3B体操は、4月22日に続いて2回目の開催です。藤澤宏美先生、吉田久美子先生指導の下、リズムに合わせて身体を動かしました。
参加者の年齢に合わせプログラムして頂き、皆様に満足いただけたようです。「子供たちが何度もやりたがり、時間が足りなかった。」「子供と一緒に楽しめるものから、ママのストレッチまで盛りだくさん!楽しかったです。」と、感想が寄せられました。
3B体操は、12月16日(水)に第3回目を予定しております。年齢を問わず、だれでも参加できる運動です。お子様連れに限らず、子育てに興味関心のある方のご参加もお待ちしています。

 

第6回【7月29日(水)11:00~】
ハンドマッサージ体験会
ママたちへ 癒しの時間を!

ハンドマッサージ体験会は6月3日に続いて、2回目になります。今回もハンドマッサージ・タッピングタッチボランティア「はぁとの会」の皆さんによって、癒しの時間を提供していただきました。受講生の「受けるだけではなくやってみたい。」との声に、はぁとの会のメンバーさんから手ほどきを受け施術の体験も行ないました。相手のことを心から想い優しくタッチすることが基本だそうです。施術を受ける人も、する人も双方が癒された時でした。

第5回【7月15日(水)11:00~】
ウエルカムパーティー!
アフターフォロー
防災講座 
〜大切な家族を守ろう!


今回は、「太白区役所家庭健康課」との共催です。
講師に太白消防署の北舘署員をお迎えし、「非常持ち出し袋に何を入れますか?」をテーマに2グループに分かれて話し合いました。
4年前の東日本大震災後に、お母さんになった方々が多く参加していたので、新たな気持ちで真剣に取り組んでいました。家庭健康課の保健師から非常持ち出し袋と、子供のリュックサックの中身を見せていただき、とても参考になったようでした。中でも子供に持たせる「パーソナルカード」には、共感された様子だったので、コピーをし参加者にお渡ししました。
「4年が過ぎ、記憶が薄れてきていましたが、備えを見直す良い機会となりました。」「近所の方と声を掛け合い情報交換することで、精神面で安心できる。」と、備えや地域の人々との繋がりの大切さの意識を高めたようです。
「備えあれば憂いなし。」諺にもあるように、日頃から物の備え、心の備え、近隣との顔の見える関係づくり等の行動がとれるよう、講座が一助となることを願っています。

 

第4回【6月17日(水)11:00~】
ウエルカムパーティー!
お茶お菓子
情報交換

第4回目は、「太白区育児サークル応援隊たい子さん」との共催です。
お茶と地元のお菓子と、ホストに保育所地域子育て支援室の先生、主任児童委員、元仙台市立保育所所長、元小学校教諭、子育てサークルの方々、家庭健康課保健師の皆様をお招きし、盛大なウエルカムパーティとなりました。
2グループに分かれて、自己紹介から始まりました。参加者は、日頃悩んでいたこと、相談したかったこと、知りたかったこと等を語り、地域の支援者や先輩ママ達からアドバイスや情報を提供していただきました。美味しいスイーツも楽しみ明るい笑顔が印象的でした。
「子供を見ていただき、サポート体制がしっかりしていたので満足です。」「もう少し時間が長いとよかったです。」等感想をいただきました。
今回の講座では、相談し、集える場・人・仲間の情報を提供できたと思います。
次回は時間の配分にも考慮したいと思います。
「みんなの部屋やまだ」はままだまだ続きます。申込み不要ですので、どうぞお気軽にご参加ください。

第3回【6月3日(水)11:00~】
ハンドマッサージ体験会

私のための、
私による、
ほっこりタイム!
身も心もあったか!

今回は、ハンドマッサージ体験会です。
ハンドマッサージ・タッピングタッチボランティア「はぁとの会」の皆様に、身体がほぐれ、心もほぐれるという癒しの時間を提供していただきました。「はぁとの会」は平成26年度太白区中央市民センターの講座から立ち上がったボランティアグループです。児童館でのママサロンや、市民センターまつりで体験会を行っているそうです。
参加者は1対1で、マッサージ、タッピングタッチを体験しました。参加のママ達からは「ふだん誰かに何かをやってもらうことなんてないので、とっても気持ち良くリフレッシュできました。」「とても気持ちが良かった上に、託児をしてもらえるので、一時ゆったりと過ごせてよかったです。」子育て中のママ達が少しの時間でも癒されたことは、主催者側にとっても喜びです。
「みんなの部屋やまだ」では、講座終了後、参加者にお部屋を解放し語らいの場を提供しています。どうぞご利用下さい。

第2回【5月20日(水)11:00~】
どんなお話が飛び出すかな?
おはなしの世界へGO!
第2回目は、おはなし会の開催です。
おはなしサークル「あめんぼの会」の皆様による、手遊び・絵本の読み聞かせ・紙芝居と盛りだくさんのおはなし会になりました。一番人気は「すっぺらぽん」でした。玉手箱から参加者一人一人がハンカチを引いて花を作り、そこへひらひらと蝶々がとんできました。ひらひら飛ぶ蝶々を見てみんな笑顔になりました。この蝶々は参加のみなさんへプレゼントされました。「手作りの蝶々、とってもかわいかった。」「参加している方や、開催してくださっている方とふれあいことができて、親子共々楽しかった。」とうれしい感想をいただきました。
「みんなの部屋やまだ」は講座終了後、持ち込みの飲食ができます。お弁当を食べながら、参加者同士交流することも良いですね!

第1回【4月22日(水)11:00~】
みんなで体操 1・2・3!
3B体操に挑戦!
第1回目は、親子で一緒に楽しめる内容の3B体操に挑戦しました。
はじめは、恥ずかしそうにしていたお子様たちも、だんだん慣れてきた様子で自らジャンプをしたり、トンネルをくぐったりと積極的な姿もみられました。ママたちも「良い汗をかきました。」「とても楽しく、娘と一緒に思いっきり体を動かせて良かった。」と笑顔になりました。帰り際には、「また逢いましょう。」と次回の約束を交わしていました。
「みんなの部屋やまだ」は、託児ボランティアさんが同室にいてお子様をみて下さいます。全15回を予定しております。お気軽にご参加ください。

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市の公式サイトです。
  • 市民センターの施設利用について案内しています。
  • 市民センターなどの市民利用施設について、施設の空き情報の照会や使用の申込ができます。
  • 市民センターの講座・催しなど、仙台市の情報をメール配信するサービスです。
  • YouTube「仙台市市民センターチャンネル」市民センターの事業等に関わる動画を紹介しています。
  • 「仙台・宮城ミュージアムアライアンス」仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。
  • 仙台市図書館のサイトです。
  • 「サテライトキャンパス公開講座」在仙の大学が連携して市民向けの講座を開催しています。
  • 協働によるまちづくりのための支援制度・相談窓口や、活動事例を紹介しています。
  • 「SENDAI 魅力ナビ」観光や文化振興など、仙台の魅力について案内しています。
  • 生涯学習情報
  • PHOTOギャラリー
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
山田市民センター
〒982-0813
仙台市太白区山田北前町13番1号
TEL: 022-244-0213
FAX: 022-244-1843
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.