メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

『若林ウィメンズオープンカフェ』

  • REPORT
  • 講座レポート掲載

2019年10月4日

若林ウィメンズオープンカフェを開催します。

『若林ウィメンズオープンカフェ』講座レポートです。

2019年10月4日

★第1回★
『ハーバリウムボールペン作り』68
 2年目を迎えたウィメンズオープンカフェ。今年度も自分らしく生き生きと活動している女性を講師に、様々な体験を通して新たな自分を発見し、これからのことを考えるきっかけとなることを目指し開催しています。

 1回目は10名の受講生とハーバリウムボールペンを作りました。講師はジュエルカラー仙台の石川ひろみ先生です。受講生それぞれが自己紹介をしてから、ボールペン作りがスタートしました。

ボールペンの色や中に入れるドライフラワーを選び、配置を決めたらオイルを詰めるという工程ですが、細かい作業に受講生は一苦労。1時間程で世界に一つだけのオリジナルボールペンが完成しました。

このボールペンを使ってこの先の回も華やかに学んでいきたいものです。

★第2回★
『こんにゃく湿布体験』928

 若林市民センターが大規模改修工事中の為、会場を長町にある「おりざの家」に移し、ウィメンズオープンカフェ2回目を開催しました。講師は「おりざの家」理事長の佐藤宏美さんです。自然療法のひとつであるこんにゃく湿布を体験しました。

 沸騰後10分ゆでた生芋こんにゃくをタオルで包み、仰向けで肝臓とお腹(丹田)を温め15分、うつぶせになり腎臓を15分温めました。また脾臓はタオルで冷やしました。

終わるころには手足も温かくなり、うとうとする受講生もいました。

 こんにゃく湿布が終わった後はカフェタイム。今回はこんにゃく湿布の効果をより高める効果のある「ヨモギ茶」を頂きながら、佐藤先生よりこども食堂「おりざの食卓」の運営や現状についてお話いただきました。

こんにゃく湿布とお茶でリラックスし、自然の力に感謝する一時となりました。

お問い合わせ

若林市民センター 電話282-4541

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市市民利用施設予約システム
  • 仙台メール配信サービスのご案内
  • 仙台・宮城ミュージアムアライアンス
  • 学都仙台コンソーシアム
  • 市民センター利用案内
  • 仙台市協働ナビ「できるよ!仙台」
  • SENDAI 魅力ナビ(仙台市)
  • 仙台市図書館
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/
お問い合わせ
若林市民センター
〒984-0826
仙台市若林区若林4丁目3番1号  若林小学校内
TEL: 022-282-4541
FAX: 022-282-2637
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.