メニューメニューを閉じる
各区の市民センターメニューを閉じる
  • 仙台市市民センタートップページ
  • 生涯学習支援センターページ
  • 各区の市民センター
  • 青葉区の市民センタートップページ
  • 宮城野区の市民センタートップページ
  • 若林区の市民センタートップページ
  • 太白区の市民センタートップページ
  • 泉区の市民センタートップページ
  • 各区の市民センター

ここまでがヘッダーコンテンツです。

ここからが本文です。

タイトル:講座レポート

令和5年度 岩切老壮大学

  • REPORT
  • 講座レポート掲載

2024年1月20日

令和5年度岩切老壮大学

令和5年度岩切老壮大学第8回「クリスマスコンサート」を開催しました。

2023年12月20日

  • ピアノ演奏とソプラノの美しい調べを堪能するひとときでした。
  • ピアノソロの披露もありました。
  • 先生と一緒に「きよしこの夜」を合唱しました。

 【第8回】「クリスマスコンサート」・・・12月20日(水)
12月の岩切老壮大学は、クリスマスコンサートを開催しました。宮城学院女子大学音楽リエゾンセンター認定演奏員の今野愛様(ソプラノ)、仙石桂様(伴奏ピアノ)をお招きし、歌とピアノの美しい調べを堪能したひとときでした。
途中休憩を含む2部構成で、前半は唱歌からクラシック、オペラまで、冬の曲や耳馴染みのある曲を中心に、後半はクリスマスソングを披露していただきました。歌詞の朗読やピアノソロ演奏も交えながらのコンサートで、参加者の皆さんの中には、知っている歌を一緒に口ずさみながら楽しんでいる様子がありました。最後は、出演者と参加者全員で「きよしこの夜」を合唱。一足お先にクリスマスの雰囲気に浸る素敵な時間となりました。
参加者の皆さんからは「とても良かった。」「綺麗な歌声でした。」などの感想をいただき、皆様笑顔で帰られる様子が印象的でした。

  • 講師の東北放送アナウンサー 守屋周氏。
  • 大相撲に関する講話に皆さん熱心に聞き入っていました。

 【第7回】「守屋周の大相撲を10倍楽しむ方法」…11月15日(水)
11月の岩切老壮大学は、スポーツ中継やラジオでおなじみの東北放送アナウンサー、守屋周氏を講師にお迎えし「守屋周の大相撲を10倍楽しく見る方法」を開催しました。
本場所開催中の大相撲について、その歴史や歴代横綱のエピソードなど大相撲を見るのが10倍以上楽しくなるお話しをしていただきました。
最初に、現在守屋さんがご担当されているスポーツ中継に関して、実際に目の前で試合が繰り広げられているかのようなプロ野球の実況を披露いただき、プロのアナウンス技術を目の当たりにしました。
その後は、守屋さんと大相撲の出会いや、大相撲の歴史や歴代横綱のエピソードをご紹介いただき、最後は十一月場所についてのお話しも。幕内力士の注目ポイントだけでなく、宮城や東北に所縁のある力士や注目株の若手力士についてお話しいただき、今までとはまた一味違う大相撲の楽しみ方を学んでいました。
参加者の皆さんの中には、普段から大相撲を楽しみにしている方や守屋さんの大ファンという方も。講話終了後の質疑応答の時間では、気になる力士について守屋さんと意見交換している方もいらっしゃいました。

  • 講座の様子です。
  • 心理学実験の解説の様子です。

 【第6回】講話「心理学実験から見る人間の不思議」…10月18日(水)
10月の岩切老壮大学は「心理学実験から見る人間の不思議」を開催しました。仙台白百合女子大学人間学部心理福祉学科准教授 結城裕也氏を講師に迎え、目には見えない心の動きに関わる学問「心理学」について学びました。
始めに、身近な掲示物を例として表現によって心理的抵抗感が異なることや、実際の事件をきっかけに発見された「傍観者効果」を紹介いただいたあと、4つの心理学実験を体験しました。
多くの人が持っている思い込み「ステレオタイプ」に関する実験では、国籍や名前に対して持っている固定観念に気づかされる場面があり、映像を使った実験や4枚カード問題では脳トレのような実験が多く、皆さんもリラックスしながら実験に参加していました。
講話や実験を通して、意識していなかった心の動きを知ることができました。

  • 足上げ運動の説明の様子。
  • 歌謡曲に合わせながら呼吸法を実践しました。

 【第5回】健康講話「運動器の痛みについて~日常生活でできる予防!~」…920()
9月の岩切老壮大学は、健康に関する講話「運動器の痛みについて」を開催しました。仙台接骨医療専門学校教頭の佐藤真希氏を講師にお迎えし、運動器(骨や筋肉、関節など人体を動かす際に必要になる器官のことだそうです。)の痛みの原因や、痛み予防のための運動についての講話をいただきました。
講話の前半は運動器の中でも骨と関節について、後半は筋肉の話と痛みが出た場合のケアについて、それぞれの講話の合間には、歌謡曲に合わせたトレーニングに挑戦しました。動作自体はシンプルでも、意識しながら行う足上げや呼吸法は、しっかりしたトレーニングになることを体験しました。最後に先生から、動くときは、まず頭の中で「今から動くぞ」と思ってから動く、など一つ一つの動作を丁寧に行うことが痛みを防ぐポイントと教えていただきました。
先生のお話しはとても丁寧でわかりやすく、講話終了後には先生への質問タイムとなりました。参加者の質問から、年齢とともに筋肉量が少なくなっても、運動を続けることでひとつひとつの筋肉が大きくなりいつまでも元気に過ごすことができる、というお話もあり、参加者の皆さんはご自身の生活を振り返っていらっしゃいました。

  • 講座の様子① 秋田県で発生した大雨災害の解説など
  • 講座の様子② お天気クイズに挑戦!

 【第4回】気象に関する講話「異常気象から命を守る」…8月23日(水)
8月の老壮大学を8月23日に開催しました。令和5年度岩切老壮大学第4回は、仙台市内で活動されている、気象予報士グループ「おてんきぼうさいラボ」より気象予報士・防災士の諸岡浩子先生をお招きし「異常気象から命を守る」というテーマでお話しいただきました。
この夏の異常な猛暑についてと、近年増加する大雨の原因や対策を解説していただき、途中には「お天気クイズ」の時間もありました。
今年の夏の平均気温は平年よりも4℃ほど高いことや服装によって体感温度が異なること、最近よく耳にする「線状降水帯」の仕組みや、豪雨災害が起こった場合の避難についてなどを学びました。講座の途中で行った「お天気クイズ」では、成田ーロサンゼルス間の飛行時間が行きと帰りで異なる秘密などを楽しみながら学んでいる様子が印象的でした。
最後には、仙台市のハザードマップで岩切地区を確認し、自分自身の避難計画を改めて確認する機会となりました。

  • 東北歴史博物館来場記念集合写真
  • 講座の様子

 【第3回】館外学習「東北歴史博物館」・・・7月19日(水)
7月19日に、令和5年度岩切老壮大学第3回を開催しました。第3回は久しぶりの館外学習です。多賀城市の「東北歴史博物館」にて、研修室で講話をいただいたあと、常設展を見学しました。
当日は、突然の大雨など不安定な天候でしたが、26名の皆さんの参加がありました。
東北歴史博物館学芸員の鈴木啓司先生による講話「多賀城の歴史について」では、国府多賀城の歴史や多賀城で行われていた仕事について、また再建間近の南門についても詳しくお話していただき、身近な多賀城について改めて学びました。
講話のあとは、常設展を各々自由に見学しました。初めて東北歴史博物館に来たという方はもちろん、何度か訪れたことのあるという方も、講話を受けて新たな目線で見学していらっしゃる様子でした。

  • 仙台市博物館学芸員の菅原氏を講師にお迎えしました。

 【第2回】歴史講話「伊達政宗と仙台」…6月21日(水)
6月21日に、令和5年度岩切老壮大学第2回を開催しました。第2回は、仙台市博物館学芸員の菅原美咲氏を講師にお迎えし「伊達政宗と仙台」というタイトルで講話をいただきました。
政宗の生い立ちをたどりながら、仙台城と城下町の建設や慶長遣欧使節の派遣など、政宗の「くにづくり」について学びました。また、政宗と豊臣秀吉、徳川家康の筆跡を見比べることができる文書や、政宗の遺言により両目が描かれた肖像画といった関連する史料もご紹介いただき、政宗や伊達家の歴史と活躍ぶりを改めて学習する機会となりました。最後には、今市宿の成り立ちなど、政宗と岩切のかかわりについてもお話しいただきました。
仙台を象徴する武将「伊達政宗」の生涯とその活躍に、受講生の皆さんは真剣に聞き入っている様子でした。

  • 開講式の様子です。
  • みやぎシルバーネットの千葉雅俊編集長です。

 【第1回】開講式・・・5月17日(水)
5月17日に、令和5年度岩切老壮大学の開講式を開催しました。開講を待ち望んでいた老壮大学生の皆さまの気持ちに応えるかのようにお天気にも恵まれ、新入生6名を加えた62名でのスタートとなりました。
開講式では、入学生紹介と市民センター館長の式辞の後、久しぶりに「岩切老壮大学の歌」を全員で合唱しました。
また、みやぎシルバーネット編集長の千葉雅俊氏より「サイコーな老後へ!累計10万人の読者から見えたこと」と題した開講記念講話をいただきました。シルバーネット読者の先輩シニアからの日々を楽しく過ごすためのアドバイスを、関連する「シルバー川柳」のご紹介も交えてお話しいただきました。力作揃いの川柳と、それにまつわる様々なエピソードに、老壮大学生の皆さまからは、思わず笑いや感動のため息がもれるような場面もありました。
一年間、老壮大学生の皆さまに岩切老壮大学で「サイコーな学び」を提供出来るよう努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

お問い合わせ

 岩切市民センター 022‐255‐7728

ここまでが本文です。

ここからがサイドコンテンツです。

講座情報を探す
関連サイト
  • 仙台市の公式サイトです。
  • 市民センターの施設利用について案内しています。
  • 市民センターなどの市民利用施設について、施設の空き情報の照会や使用の申込ができます。
  • 市民センターの講座・催しなど、仙台市の情報をメール配信するサービスです。
  • YouTube「仙台市市民センターチャンネル」市民センターの事業等に関わる動画を紹介しています。
  • 「仙台・宮城ミュージアムアライアンス」仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。
  • 仙台市図書館のサイトです。
  • 「サテライトキャンパス公開講座」在仙の大学が連携して市民向けの講座を開催しています。
  • 協働によるまちづくりのための支援制度・相談窓口や、活動事例を紹介しています。
  • 仙台観光情報サイト「せんだい旅日和」
  • 生涯学習情報
  • PHOTOギャラリー
モバイルでのご利用

当ウェブサイトは、スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。

QRコード読み取り対応の機種をお持ちの方は、下記のQRコードをご利用ください。

QRコード:https://www.sendai-shimincenter.jp/

※ QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

お問い合わせ
岩切市民センター
〒983-0821
仙台市宮城野区岩切字三所南88番地の2
TEL: 022-255-7728
FAX: 022-255-2075
お問い合わせフォーム

ここまでがサイドコンテンツです。

Copyright© City of Sendai All Rights Reserved.